恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170907153824.html
誤解されやすい人の特徴や性格13選

誤解されやすい人の特徴や性格13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
誤解されやすい人の特徴や性格13選

誤解されやすい人の特徴や性格を13選まとめました。

  • 感情表現が激しい
  • ツンデレな性格である
  • 猪突猛進な性格である
  • 冷静すぎる
  • フレンドリーすぎる
  • 優しすぎる
  • 物静かな性格
  • ミステリアスな性格
  • 美しすぎる
  • 口下手である
  • 曖昧な態度をとる
  • 細やかな性格である
  • 容姿や体に特徴がある
  • まとめ

1. 感情表現が激しい

感情表現が激しい

感情表現が激しい人は、誤解されることが多いです。 「わがままだ」、「子供のようだ」、「うるさい」といった第一印象を抱かれるでしょう。

本当は情に厚い思いやりのある性格なのに、自分勝手で気ままな人だと思われる場合もあります。 感情を抑え、冷静な態度ととれない人は損をすることが多いです。 自分をコントロールしたり、ブレーキをかけるメンタルトレーニングをしましょう。

2. ツンデレな性格である

ツンデレな性格である

ツンデレな性格の人も誤解を生みやすいです。 嬉しいのにそっけない態度をとってしまったり、哀しいのに強がってしまったりと、素直じゃないせいで、本当の人柄よりも、そうしたマイナス面が押し出されてしまうことが多いのです。 それゆえに人間関係を上手く構築できない場合もあるでしょう。 時には、素直に気持ちを表現したり、感謝する心を見せることが大切です。

3. 猪突猛進な性格である

猪突猛進な性格である

猪突猛進な人も、誤解されることが多いです。 一生懸命で、最後まで自分の意思を貫きとおす責任感があり、体力や気力に満ちたバイタリティがあるのに、そうした良さをアピールすることができません。

なりふりかまわず、行動してしまうことで、迷惑をかけることも多く、「向う見ずな人だ」「周りを振り回す自分勝手な人だ」 という評価を受けてしまうのです。 たしかに冷静さを欠いた判断をすることもあるので、一度止まって、考えることを身につけなければなりません。

4. 冷静すぎる

冷静すぎる

冷静沈着な人も、誤解を生みやすい場合が多いです。 感情表現をせず、自分の言いたい事や思ったこと抑えてしまいがちなので、本当の気持ちをなかなか伝えられません。

時に、冷徹な判断を下すこともあるので、「冷血漢」「思いやりのない人」「人の心がない人」 というように、まるで冷たい人形のように見る人もいます。 実は、組織やチームのために、人一倍考えているのに、その努力や想いが通じることがないのが、辛い面です。

5. フレンドリーすぎる

フレンドリーすぎる

フレンドリーすぎる人も、誤解を生みやすいです。 ニコニコとして遠慮がなく屈託もないので、「馴れなれしい人」「脇が甘い人」「実は裏では何か悪いことを考えているのではないか」

というように警戒され、疑われることもあるのです。 本人はいたって、素直で純真なのに、相手によっては最悪な相性に成る場合もあります。 また、そうしたピュアな心につけこんで、利用するような人もいるので、気をつけなければなりません。

6. 優しすぎる

優しすぎる

優しすぎる人も、誤解されることがあります。 お人よしな面が前面にですぎて、「実は偽善者なのではないか」「詐欺師なのではないか」 と、せっかくの親切が、疑われてしまう場合もあるのです。

また、優しさに付け込み、集るような輩もいるので、警戒心を忘れてはいけません。 誰にでも優しいというのは、稀有で素晴らしい才能ですが、時折、親しい人に嫉妬されてしまったり、あらぬ疑いをかけれられることもあるので気をつけましょう。 特に異性に対する親切が仇となり、妬まれることがあるので、ほどほどにすべきです。

7. 物静かな性格

物静かな性格

物静かで、感情表現に乏しい人も、誤解を生むことがあります。 無表情な場合が多く、「不機嫌なのではないか」「怒っているようで怖い」 というように第一印象が最悪なことが多いのです。

実は、緊張しやすく、自分を表現できない引っ込み思案な人も多いです。 それゆえに、友人ができにくく、孤立しやすいのが難点でしょう。 時には、笑顔見せることや、自分の気持ちを伝えることも大切です。

8. ミステリアスな性格

ミステリアスな性格

ミステリアスな印象が強い人も、誤解を生みやすいです。 多くを語らず、煙に巻くことが多いため、「○○は実は~~~ではないか」「休日は○○をしている」 といった、周囲に勝手な憶測や妄想をされるために、自分が望まない人物像を作られてしまうことも多いのです。

ミステリアスな雰囲気が魅力になる時もありますが、勝手な期待をされる場合も多く、困ってしまう時もあるでしょう。

9. 美しすぎる

美しすぎる

美しすぎる人も誤解されやすいです。 容姿が際立って優れている人と言うのは、他の能力も優れているだろうと、他人が期待してしまう場合が多いのです。

それゆえに、そうした美人が失敗したり、できないことがあったりすると、「期待はずれだ」「キレイだけで中身のない人」 というように勝手に批判されてしまうこともあるのです。 そして、嫉妬が混じることがしばしばあり、「異性を手玉にとっている」「モテることを鼻にかけている」 というように尻の軽い人だと、勝手な評価を受けることも多いのです。 うつくしすぎることもまた、悩みになるのです。

10. 口下手である

口下手である

口下手な人は、誤解を生みやすいです。 自分の思っていることを上手く伝えられなかったり、押し黙ってしまうことで、「無愛想だ」「怒っている」「堅すぎる」 というように、マイナスの評価を受けてしまうことも多いです。

本当は真面目で誠実なのに、言葉上手く出なかったり、語彙が足りないせいで、そうした良さが伝わらない場合もあります。 しかし、本人自身の性格によって、時間をかけて誤解が解けていく場合も多いのです。

11. 曖昧な態度をとる

曖昧な態度をとる

曖昧な態度をとる人は、誤解を生みやすいです。 優柔不断で、判断することが苦手なので、どちらの答えにもせず、うやむやにしてしまうこともあります。 優しさゆえの、ごまかしもあるのですが、そうした態度から、「はっきしない卑怯な人」「決断力のない頼りない人」というように、悪い評価を受けてしまうことも多いのです。

白黒はっきりつけることだけが良い世の中ではありません。 やんわりとした穏やかさも必要です。 しかし、選ばざるをえない時は、選ぶ意思の強さも必要なのです。

12. 細やかな性格である

細やかな性格である

細やかで、様々なことに気づく人も、誤解されてしまう場合があります。 気配りができるのですが、時に指摘が多かったり、気が回りすぎてしまったりします。

そのため「重箱の隅をつつくような人」「神経質で細かすぎる人」 というように、相手から嫌がられてしまう場合もあります。 時には、動かない、動きすぎない、鈍感力が必要なこともあるのです。

13. 容姿や体に特徴がある

容姿や体に特徴がある

容姿や体に特徴がある人、誤解を生みやすいです。 切れ長で細い目のせいで、涼しげで怖い印象を持たれたり、声がハスキーなせいで、老けて見られたり、と、見た目の印象で、勝手に性格や人物像を決められることはたくさんあります。

見た目によるステレオタイプというのは根深いもので、どの人も抱いてしまいがちな過ちです。 こうしたステレオタイプやキャラ付けから脱却し、本当に人柄や能力を評価することが大切なのです。

まとめ

誤解を生みやすい人や、状況というのはたくさんあります。 誤解を生まないように行動することも重要ですが、簡単に思いこんだり、決めつけてしまう心根を直すことも大切なのです。

誤解されやすい人の特徴や性格を13選まとめました。


感情表現が激しい

感情表現が激しい人は、誤解されることが多いです。 「わがままだ」、「子供のようだ」、「うるさい」といった第一印象を抱かれるでしょう。

本当は情に厚い思いやりのある性格なのに、自分勝手で気ままな人だと思われる場合もあります。 感情を抑え、冷静な態度ととれない人は損をすることが多いです。 自分をコントロールしたり、ブレーキをかけるメンタルトレーニングをしましょう。

ツンデレな性格である

ツンデレな性格の人も誤解を生みやすいです。 嬉しいのにそっけない態度をとってしまったり、哀しいのに強がってしまったりと、素直じゃないせいで、本当の人柄よりも、そうしたマイナス面が押し出されてしまうことが多いのです。 それゆえに人間関係を上手く構築できない場合もあるでしょう。 時には、素直に気持ちを表現したり、感謝する心を見せることが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!