恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170907141455.html
説教する人の心理や特徴13選

説教する人の心理や特徴13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
説教する人の心理や特徴13選

説教する人の心理や特徴を13選まとめました。



  • あなたに成長してほしい
  • イライラしやすい
  • 努力家な人
  • ストレスをため込みやすい
  • 自分のストレスをぶつけている恐れが
  • 短気な性格
  • 直してもらいたいと考えている
  • 頑固な人
  • 些細なことで怒りやすい
  • 自分に厳しい
  • 曲がったことが嫌い
  • 一度決めたら途中でやめない
  • 自分がつらい思いをしてきた
  • まとめ

1. あなたに成長してほしい

あなたに成長してほしい

説教する人はあなたに成長してほしいと考えている人が多いです。 そのため、あなたのことを思って説教してくれているのだと考えるようにしましょう。 その人だって好きで説教をしているわけではありません。

中には例外も当然ありますが、基本はあなたのことを思って説教しているのだと考えましょう。 そうすれば、「なんだよこいつ」「説教とかだるいな」という考えも自然と、「自分のために怒ってくれているのだな」という考えに変わっていくはずです。 なので、まずはあなたの考え方を変えるようにしてあげましょう。

2. イライラしやすい

イライラしやすい

仕事中にイライラしている人が多いと思われますが、そういった人ほど部下が失敗したときに説教することが多いです。 そして、大体こういった人はありもしないことで怒る傾向が見られます。

なので、イライラしやすい人はストレス発散法を探すようにしましょう。 ありもしないことで自分の部下に説教をして傷つけるようなことだけは避けるようにしましょう。

3. 努力家な人

努力家な人

説教する人は努力家な人が多い傾向が見られます。 努力家な人は自分の頑張りをほかの人にも理解してもらうため、自分の考えを貫き通したい傾向があるため、部下に説教することが多いです。

相手のことを考えて説教するようにしましょう。 誰もがあなたの考えを理解し切れるというわけではありません。

4. ストレスをため込みやすい

ストレスをため込みやすい

ストレスをため込みやすい人は自然と部下に説教をすることが多い傾向があります。 ストレスをため込みすぎて部下にぶつけてしまっている恐れがあります。

自分で自分の部下を傷つけるようなことだけは避けましょう。 部下はストレス発散用の道具ではありません。 なので、あなたのストレスを部下にぶつける真似だけは絶対に避けるようにしましょう。

5. 自分のストレスをぶつけている恐れが

自分のストレスをぶつけている恐れが

上記で言ったように、自分のストレスをぶつけるためだけに説教をしている人も中にはいます。 ストレスをぶつけてしまうと部下はやる気がなくなり、会社を辞めてしまう場合があります。

なので、そういった事態を避けるためにも自分のストレスは好きなことをするなどして発散するようにしましょう。 決して誰かにぶつけるようなことだけは避けましょう。

6. 短気な性格

短気な性格

短気な人はすぐ説教をしてしまう傾向があります。 短気は損気とも言います。 短気な性格は直すようにしましょう。

短気な性格は相手を傷つける恐れが非常に高いです。 ありもしないことで怒るのは筋違いです。 十分気を付けるようにしましょう。

7. 直してもらいたいと考えている

直してもらいたいと考えている

説教をするということはあなたに直してもらいたいところがあるということになります。 なので、もし自分が悪いと思っているのであれば自分の悪いところはきちんと直すようにしましょう。

説教してくれるのはあなたに見込みがあるということです。 その期待を裏切るような真似だけは絶対に避けましょう。 期待にはきちんと答えるようにしましょう。 そうすれば説教すること自体減っていき、その人とも仲良くなれるでしょう。

8. 頑固な人

頑固な人

頑固な考えを持つ人はよく説教をする傾向が見られますが、頑固すぎるのもよくはありません。 時にはこちらが折れなくてはいけないことだってあります。

社会に出ればそういうことはたくさんあります。 なので、頑固な人は時には自分が折れなくてはいけないということをきちんと理解しておくようにしましょう。

9. 些細なことで怒りやすい

些細なことで怒りやすい

本当に些細なことで怒りやすい人は説教する人が多いです。 要は短気な性格ということです。 上記でも言ったように短気な性格の持ち主は相手と険悪な関係になりやすいため、十分気を付けるようにしましょう。

10. 自分に厳しい

自分に厳しい

自分に厳しい人は他人にも厳しくなりやすいことがあるため、説教する回数も増えてしまうことが多いです。 自分に厳しいのは良いことですが、他人に厳しすぎるというのは時に相手に多大な迷惑をかけてしまうことがあります。 相手の気持ちもきちんと考えるようにしましょう。

11. 曲がったことが嫌い

曲がったことが嫌い

説教する人は、曲がったことが嫌いな人が多い傾向があります。 要は正義感が強いということです。

正義感が強い人は基本あなたの悪いところを直してもらいたいと考えているので、こういった人たちの期待には応えてあげるようにしましょう。 そうすれば自然と説教してくれる人の気持ちを理解することができるでしょう。 相手のことを考えてあげることも大切なことです。

12. 一度決めたら途中でやめない

一度決めたら途中でやめない

一度決めたら途中で投げ出さない人は相手の悪いところを直してもらいたいと考えることが高いので、自然と説教することが多いです。

なので、こういった人とうまく付き合っていきたいと考えているのであれば、まずは相手に言われたところを直していくと良いでしょう。 そうすれば自然と仲良くなれるでしょう。

13. 自分がつらい思いをしてきた

自分がつらい思いをしてきた

自分がつらい思いをしてきた人はその人にそんな気持ちになってほしくないと考えているので、説教するのでしょう。

自分の部下には厳しくすることで、これからつらいことがあっても乗り越えてもらいたいと考えていることが多いです。 なので、こういった人たちの気持ちを無駄にしないようにしましょう。

まとめ

説教する人はまず、二つに分けられます。 一つは部下のことを真剣に考えている。 もう一つは部下を自分のストレス発散の道具としてしか見ていない場合です。 たいていの人は前者の人たちですが、中には後者の人たちもいます。

前者の人たちは部下の事を真剣に育てたいと考えているため、こういった人たちの期待に応えられるように自分も変わっていけるようにしていきましょう。 後者に人たちの特徴としてはありもしないことで説教をしてくるので、こういったことがあったら、ほかの上司に相談したりするようにしましょう。 何事も相談することが大切です。 一人で抱え込まないようにしましょう。

説教されるのが嫌いなのであればまずは、自分のダメなところをきちんと直すようにしましょう。 そうすれば後者の人たちに説教されることは少なくなりますし、何よりもし説教されたらその人がどっちのタイプなのか判断することができます。 なので、きちんと自分の悪いところは直すようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!