恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170907135828.html
愛想がない人に共通する13の特徴

愛想がない人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
愛想がない人に共通する13の特徴

感情表現が少ない、冷たくそっけない、照れ屋、媚びない、など愛想がない人に共通する特徴をまとめました。

  • 感情表現が乏しい
  • 笑顔が少ない
  • 冷静沈着である
  • 実年齢より老けて見える
  • ノリが悪くそっけない
  • シャイな性格
  • 思慮深く落ち着いている
  • 媚びない性格
  • 騒がしい場所が苦手
  • 真面目な性格
  • 頑固な性格
  • ネガティブな性格
  • 口下手で誤解を生みやすい
  • まとめ

1. 感情表現が乏しい

感情表現が乏しい

愛想がない人は、感情が平坦で、感情表現に乏しい人が多いです。 激しいリアクションをせず、騒いだり大声をあげるようなことはしません。

いつも落ち着いていて、大人な印象も強いですが、少々怖い雰囲気があるのがネックです。 しかしながら内に秘めた情熱や責任感は強く、口を動かすよりも行動を優先する真面目な人も多いのです。

2. 笑顔が少ない

笑顔が少ない

愛想がない人は笑顔が少ない傾向が強いです。 人よりも反応が薄く、鈍い場合もあるでしょう。 かといって、面白いことや楽しいことに反応しないわけではないですが、感情表現のエネルギーが少ないことが多いのです。

ムスっとしているように見えやすく、不機嫌そうに見えたり、怖そうに見えて、損することが多いです。 しかしながら感情を表出するというのはそれだけで、体力や精神力を要するものです。 ある意味でエコで低燃費な性格とも言えるでしょう。

3. 冷静沈着である

冷静沈着である

愛想がない人は、冷静沈着な人が多いです。 つねに、客観的に物事を観察し、思考して、判断します。 知能も高く、知識が豊富な人も多いでしょう。

問題対応力にも長けていますが、時に情に欠いた決断をしてしまうのがネックです。 しかし、愛想が悪くても組織にとっては必要な人材と言えるでしょう。

4. 実年齢より老けて見える

実年齢より老けて見える

愛想がない人は実年齢より老けて見えることが多いです。 まず、表情筋を動かさないために、顔が凝り固まりやすくなったり、たるんだりして、老けこみやすいという理由があります。

そして、感情表現が激しい人よりも、感情表現が乏しい人の方が、落ち着いて見えることの方が多いのです。 無邪気な雰囲気がなく、常に冷静なオーラも相まって、若年寄り扱いされることもあるでしょう。

5. ノリが悪くそっけない

ノリが悪くそっけない

愛想がない人は、ノリが悪くそっけないことが多いです。 表情の乏しさゆえに、本人はノリ気でも、「楽しくないのではないか」「無理をしているのではないか」 というように他人から誤解されることも多いです。

また、理性的な人が多いので、興に乗りすぎて羽目をはずすようなことがないために、ノリが悪いと思われることもあります。 はっちゃけることが少ないので、トラブルや事故に巻き込まれにくいという長所もあります。

6. シャイな性格

シャイな性格

愛想がない人は、シャイな性格の場合も多いです。 自分の感情を表現することが恥ずかしくて、つい黙ってしまったり、無愛想な態度をとってしまいます。 ツンデレな性格の人も多く、あまのじゃくな対応をしてしまう場合もあるでしょう。

相手によっては、そうした性格がかわいい、面白いと感じる人もいますが、誤解を生みやすいのがネックと言えるでしょう。 ひねくれずに、素直に気持ちを伝えたり、感謝をすることも大切です。

7. 思慮深く落ち着いている

思慮深く落ち着いている

愛想がない人は、思慮深く落ち着いている人が多いです。 衝動的に行動するよりも、考え、計画してから行動に移します。 どちらかというと腰が重いタイプですが、確実性や計画性のある行動で、成功することも多いです。

コツコツと努力することが苦でない人も多いのが特徴でしょう。 しかし、自分の考えを人に伝えることが少ないので、いきなり行動を始めた、知らないうちに何かしていたというように 驚かれてしまうのが欠点と言えるかもしれません。

8. 媚びない性格

媚びない性格

愛想がない人は、よくもわるくも媚びない性格です。 下手に出過ぎたり、遠慮しすぎることがなく、自分の意見や考えをしっかりともって行動します。 しかし先輩を立てることをしなかったり、立てていても分かりづらく、愛想がないので、誤解されたり、反感を買われたりすることも多いのがネックです。

逆にはっきりしている性格だから好きと感じる先輩もいるでしょう。 敵は作りやすいですが、心から信頼してくれる人も多いのです。

9. 騒がしい場所が苦手

騒がしい場所が苦手

愛想がない人は、騒がしいところが苦手、静かな所を好む傾向があります。 たくさんの人がわーきゃー騒いでいる場所や状況を嫌い、避けることが多いです。 イベントやお祭の輪に入るのも苦手な人が多いでしょう。

また、遠くから離れて観る分には、祭が好きという人も多いです。 そして静かな場所で落ち着いて過ごすことで、リラックスし安心するのです。

10. 真面目な性格

真面目な性格

愛想がない人は、真面目な人も多いです。 その真面目さゆえに、ギャグが通じないという場合が多く、笑いのつぼが狭い場合も多いのです。 そしてヘラヘラしていたり、おちゃらけていたりするのは不真面目だと感じ、いつも静かで冷静な人も多いです。

ある意味昭和的で堅苦しい印象が強いとも言えるでしょう。 しかし、本当は情に厚く、優しい人も多いのですが、その優しさを上手く表現できないことが多いのです。

11. 頑固な性格

頑固な性格

愛想がない人は、頑固な性格の場合が多いです。 自分の言ったことは最後まで貫きとおそうとする、責任感と意地の強さがあります。 それゆえに周囲を巻き込みやすく、衝突しやすいのが短所です。

しかしながら、情熱ややる気は強く、バイタリティに溢れています。 外にはだそうとしませんが、実はエネルギッシュな行動派の人も多いのです。 しかし、他人の助言を受け入れないために失敗することもあるので、アドバイスを聞き、フレキシブルに活動することも大切です。

12. ネガティブな性格

ネガティブな性格

愛想がない人はネガティブな性格とも言えます。 自分の笑顔に自信がなかったり、感情表現をしたらわがままだと思われないかと、心配になり、遠慮してしまっている場合も多いのです。

また、嬉しいことがあっても手放しには喜べず、将来の不安や問題について考えてしまう癖が強いです。 しかしながら、心配性ゆえに、真面目に仕事をしたり、貯蓄をしたり、保険に加入したりと 現実的な準備や対応ができるという長所もあります。

13. 口下手で誤解を生みやすい

口下手で誤解を生みやすい

愛想がない人は、口下手な場合が多いです。 自分の気持ちを言葉で表現することができないために、誤解を生んでしまうのがネックです。

しかし、根は真面目で落ち着いている人も多いので、時間はかかりますが信頼回復ができることも多いです。 また、口で言うよりも文章で伝えた方が伝えやすいという人もいます。

まとめ

愛想がない人は、損をすることも多いですが、本当は思慮深く、冷静な人が多いです。 その能力を十分に発揮できるようなチームや組織に所属するとよいでしょう。

感情表現が少ない、冷たくそっけない、照れ屋、媚びない、など愛想がない人に共通する特徴をまとめました。


感情表現が乏しい

愛想がない人は、感情が平坦で、感情表現に乏しい人が多いです。 激しいリアクションをせず、騒いだり大声をあげるようなことはしません。

いつも落ち着いていて、大人な印象も強いですが、少々怖い雰囲気があるのがネックです。 しかしながら内に秘めた情熱や責任感は強く、口を動かすよりも行動を優先する真面目な人も多いのです。

笑顔が少ない

愛想がない人は笑顔が少ない傾向が強いです。 人よりも反応が薄く、鈍い場合もあるでしょう。 かといって、面白いことや楽しいことに反応しないわけではないですが、感情表現のエネルギーが少ないことが多いのです。

ムスっとしているように見えやすく、不機嫌そうに見えたり、怖そうに見えて、損することが多いです。 しかしながら感情を表出するというのはそれだけで、体力や精神力を要するものです。 ある意味でエコで低燃費な性格とも言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!