恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170905154246.html
腹黒い女の特徴

腹黒い女の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
腹黒い女の特徴

一見、見た目がいい、人あたりがいいというだけで実は騙されてしまうことは多いものです。

想像以上に腹黒い女性は存在していて注意しないといけません。

それでは腹黒い女の特徴をまとめましたので参考にしてみてください。



  • お金にルーズ
  • いつでも作り笑顔が出る
  • 言いにくいこと、聞きにくいことは人のせいにする
  • お世辞が上手い
  • 男性に愛想がいい
  • 若い、美人な女性に敵意を持つ
  • お金に執着する
  • 被害者ぶる
  • 人を騙す
  • 恋人や配偶者と上手くいっていないのを隠す
  • 仕事や私生活が順調な人の評判を落とす
  • 悪知恵が働く
  • 反省しない、謝らない
  • 男性の前では自分を卑下する
  • 相手によって態度を変える
  • 人のものを横取りする
  • 輪に無理やり入ってくる、仲間ぶる
  • 男性や上司の前ではしおらしくなる
  • 人の幸せを喜べない、不幸を願う
  • 自分はいい人アピールが多い
  • 嘘をつく
  • 話を盛る
  • トラブルメーカーである
  • 二重人格
  • 素の顔が冷たい表情、声がドスがきいている
  • まとめ

1. お金にルーズ

お金にルーズ

腹黒い女ほどいつも「お金がない」と言っているものです。

それを言うことによってお金のある人から奢ってもらったり、何か物を貰ったりできたらラッキーという下心もあります。

人の善意にたかることに長けています。

また本当にお金の使い方が荒いというのも特徴です。

自分の欲望に正直なのが腹黒い女です。

欲しいと思ったら即購入、足りなかったらローンで、後のことは何でも誤魔化せる、誰かに頼ればいいなんて甘いことを考えているのです。

2. いつでも作り笑顔が出る

いつでも作り笑顔が出る

腹黒い女はいつでも作り笑顔ができます。

初対面の人には特に満面の笑みでいい人を装うことが得意です。

やはり人間第一印象は大きいものがあります。

冷静に考えれば初対面で笑顔でフレンドリーすぎる態度は人慣れしすぎていますし、どんな人同士かわからないのにあまりにも無防備ともいえます。

本当に心が純粋な人もいますが、大体は腹黒い何か裏がある場合の方が多いです。

あまりにも不自然なほどに笑顔で近づいてくる人は注意が必要なのです。

3. 言いにくいこと、聞きにくいことは人のせいにする

言いにくいこと、聞きにくいことは人のせいにする

腹黒い女は自分の立場を守ることが上手です。

そのため言いにくい意見を人に言う時は自分ではない、誰かがこう言っていましたと伝えるような形をとります。

また聞きにくいことも他の人の名前を出して知りたがっていましたよといった言い方をします。

いずれにしても自分ではないというのがポイントです。

4. お世辞が上手い

お世辞が上手い

腹黒い女ほどお世辞が上手です。

口を開けば相手を持ち上げるようなことを言います。

それによっていい気分になる人にはますますお世辞を言って内心馬鹿にしています。

思い通りにコントロールできると感じます。

またお世辞を受け付けない、嫌がるとわかった相手に対してはそれ以上利用できないと見切りをつけてそれ以降は関わらないなどわかりやすい態度です。

ただ男性というのは女性からお世辞を言われたら大抵の場合は嬉しいものですし、嫌な気持ちになることは少ないものです。

ですから男性はこの手の女性の本性を見抜くのは難しいともいえます。

見抜くポイントとしては誰にでも言っているのか、自分だけなのかという部分でしょうか。

5. 男性に愛想がいい

男性に愛想がいい

腹黒い女は性格が悪いのですが、男性には愛想がいいものです。

見ていてわかりやすいほど男性と女性には態度が違いますのである意味面白いともいえます。

6. 若い、美人な女性に敵意を持つ

若い、美人な女性に敵意を持つ

腹黒い女は、自分より若い女性、また美人な女性が大嫌いです。

自分が一番でないと気が済まないという性格であったり、自分にコンプレックスがあってそれを刺激されるから嫌という場合もあります。

いずれにしても同性から見てこのようなタイプほど醜いものはありませんし、敬遠されるものです。

7. お金に執着する

お金に執着する

腹黒い女はお金が大好きで、普段からお金の話が多いです。

人の持ち物をチェックしたり、値段を知りたがったりします。

お金に執着して使うことは好きですが、貯めること節約することは苦手です。

男性のお金を目当てにつきあうタイプもいますし、結婚に至っては愛情よりも経済力を重視する傾向もあります。

8. 被害者ぶる

被害者ぶる

腹黒い女に限って、他の女性をいじめたり悪口を言ったりするものです。

が、ことが発覚しますと途端に自分が被害者のように振舞うのです。

特に男性の前ではいかに自分がか弱いか、相手からひどい目にあって耐えているかといった話を嘘も平気で作ります。

自分が加害者になるのは絶対に嫌なのです。

9. 人を騙す

人を騙す

腹黒い女は笑顔で嘘をつくことができます。

表面的には仲のいいふりをしていますが裏では陥れようとしたり、悪口を言っていたり、笑いものにしていたりとはよくあることです。

10. 恋人や配偶者と上手くいっていないのを隠す

恋人や配偶者と上手くいっていないのを隠す

腹黒い女は自分を良く見せたいという欲が強いのです。

ですから職場などでは自分は愛されている女子アピールをします。

恋人、もしくは配偶者と実は上手くいっていない、冷え切っている関係であってもそれは見せません。

自分が価値のない女だと思われたくないからです。

いつでも男性に愛されている、素敵な私というイメージを大事にします。

11. 仕事や私生活が順調な人の評判を落とす

仕事や私生活が順調な人の評判を落とす

腹黒い女が嫌いなのは自分よりも容姿や仕事、私生活などが恵まれていて充実している人です。

特に近い立場である、同じような立場だと思っていた人が実はそうではなかったと知った時、怒りを表すのが特徴です。

そのような人の評判を落とすようなことを陰でするのが腹黒い女です。

しかもさりげなくそれとはわからずにできるのが怖いところ。

騙されてしまう人も多いのです。

12. 悪知恵が働く

悪知恵が働く

腹黒い女は大きな目で見ればいずれその悪事がばれることも多いので浅はかで知恵が足りないといえます。

ですが狭い範囲、短期間で見ればそれなりに人を騙すこともでき、自分の評価を上げることもできるのでそこそこ賢いといえるでしょう。

特に悪知恵が働くという点においては頭の回転が速く要領もいいのです。

ただし悪いことですからいずれは誰かに気がつかれる時がきて、ばれることに繋がります。

13. 反省しない、謝らない

反省しない、謝らない

腹黒い女は自分のしたことに後悔することはほとんどなく、反省ということはしません。

また悪いと責められても上手く言い訳をして謝るということもないでしょう。

謝ったら自分の非を認めることになるのでそれはできないということもあります。

14. 男性の前では自分を卑下する

男性の前では自分を卑下する

腹黒い女は、男性の前では必要以上に自分を卑下するところがあります。

仕事ができないけど一生懸命やっているというアピールをして健気な風に見せたり、自分なんて全然だめですと自信のないところを見せます。

男性からしたら自分の立場を脅かさない相手とわかっているので安心できますし、どこか守ってあげなくてはという気分にもなります。

そういった男性の庇護欲を上手く操るのが腹黒い女のテクニックです。

15. 相手によって態度を変える

相手によって態度を変える

腹黒い人の特徴は相手によってあからさまに態度を変えることでしょう。

自分にとって利益をもたらす相手には媚びていきます。

一方で利益がないと判断した相手には態度が悪くなったり、馬鹿にしたりします。

ですから腹黒い女というのは全ての人に好かれているわけではありません。

むしろ「怖い」と恐れられたり、嫌われたりしていることもあるのです。

ただ立場が上の人には好かれているので安泰なのです。

16. 人のものを横取りする

人のものを横取りする

腹黒い女は人のものを羨ましがり、それを横取りすることがあります。

それは人の恋人であったり、夫であったりすることもありますし、仕事やその人の立場の時もあります。

またいい人と思われている人、好かれている人を落として自分がそう思われるようにするということも含まれます。

17. 輪に無理やり入ってくる、仲間ぶる

輪に無理やり入ってくる、仲間ぶる

楽しそうな集団、組織の中心メンバーなど、そういったできあがっている輪に無理やりにでも入って関係者になろうとするところがあります。

お近づきになって仲間ぶり、何かしらの利益、おこぼれにあずかろうという魂胆です。

18. 男性や上司の前ではしおらしくなる

男性や上司の前ではしおらしくなる

腹黒い女、同僚や後輩の前では姉御肌で威張っているタイプでも男性や上司の前になるときゅうにしおらしくなるのです。

人によって演技ができる、またその演技が上手いというのも特徴です。

19. 人の幸せを喜べない、不幸を願う

人の幸せを喜べない、不幸を願う

腹黒い女は人の幸せを素直に喜べません。

人は人、自分は自分という切りかえができません。

そして人の不幸話が好きで、今上手くいっている人のことも不幸になるのではないかなど不吉な話をしたり、何かと残念な性格です。

20. 自分はいい人アピールが多い

自分はいい人アピールが多い

腹黒い女と思われているのに、自分はいい人と信じ込んでいるのが面白いところです。

人と会話する時はいかに自分はいい人なのか性格が善良なのかという話が非常に多いです。

もちろんその際他の人を下げて自分を上げるというエピソードはつきものです。

21. 嘘をつく

嘘をつく

腹黒い女は平気で嘘をつきます。

恋人であっても自分に都合のいい話を作ったり、隠し事をしたりと正直ではありません。

22. 話を盛る

話を盛る

噂には尾びれ背びれがつくものですが、腹黒い女は話を盛る癖があります。

自分が思ったことをさも事実のことのように織り交ぜて話すので話がどんどん大きくなっていくのです。

23. トラブルメーカーである

トラブルメーカーである

腹黒い女のいるところは必ずと言っていいほど揉め事が起こります。

仲の悪い人同士を煽るようなことが得意ですし、平和な状態より波風を立てたいという性格です。

自分が発信源だと知られないようにトラブルを起こすのが腹黒い女のやり方です。

24. 二重人格

二重人格

腹黒い女は裏表があります。

いい人そうにふるまっていて陰では悪だくみです。

これは性質ですのでなかなか治るものではありません。

特に女性経験の少ない男性は騙されてしまい結婚した後に本性に気がついて後悔ということになります。

勢いだけで結婚を決断しないことが必要でしょう。

25. 素の顔が冷たい表情、声がドスがきいている

素の顔が冷たい表情、声がドスがきいている

腹黒い女は作り笑顔が得意ですが、素の状態の時の表情は冷たいものです、怖く見えます。

そして声は普段は可愛らしい声でも本当の声はドスがきいていて話し方もどこか投げやりというか乱暴な印象を与えます。

短期間のつきあいではなかなか見抜くのは難しいのですが、一年以上も経ちますと徐々に本性が見えてくるものです。

まとめ

以上、腹黒い女の特徴を25個お伝えしました。

いずれにせよ、すぐにわかることではありません。

また男性の方が気がつくのに時間がかかります。

さすがに同性の目の方が厳しく冷静なので気がつくのが速いのです。

交際、結婚というのは慎重に進めたいところです。

見た目の良さだけで判断せず時間をかけて価値観、仕事ぶり、人へ対する思いやりなど総合的に見ていくとわかります。

また職場などで関わりを持たねばならない人は、極力深く関わらず表面的に上手くいくことだけに集中しましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!