恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170905085436.html
あら探しをする人の特徴や心理、性格13選

あら探しをする人の特徴や心理、性格13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
あら探しをする人の特徴や心理、性格13選

他人の弱点や欠点をつついたり、失敗を根掘り葉掘り追及したりする人というのは、周りに嫌われやすいです。 そんなあら探しをする人の特徴をまとめました。



  • 観察力に優れている
  • 毒舌である
  • 他人の意見や行動に噛みつきがち
  • 冷静に見えて短気である
  • 自分に自信がない
  • 嗜虐的な性格である
  • ストレスを抱えている
  • 繊細で神経質である
  • 負けず嫌いである
  • 完璧主義である
  • 頑固である
  • わがままで自分勝手な行動をしがち
  • 友達が少ない
  • まとめ

1. 観察力に優れている

観察力に優れている

あら探しをする人と言うのは、それだけ細かいことに気付くということです。 観察力にすぐれ、さまざまなことに目を配れる人でもあります。

それが、思いやりや気配りに繋がればいいのですが、批判的で、攻撃的に指摘するので、他者から怖がられたり嫌われたりすることが多いです。 言葉や態度を選べないせいで、誤解を生むことが多いのです。

2. 毒舌である

毒舌である

あら探しをする人は、毒舌の人が多いです。 悪気なく、相手の欠点や弱点を指摘する人も多いでしょう。 ひねくれた性格の人も多く、褒めるにしてもどこか毒っ気があり、余計なひと言を足す場合があります。

持ちあげてから下げることしかできないことも多く、相手の気分ややる気を盛下げがちなのが難点です。 いわゆるツンデレ的な性格と言ってもよいでしょう。 毒舌でいいから発破をかけて欲しいというタイプの人とは、相性が良いとも言えます。

3. 他人の意見や行動に噛みつきがち

他人の意見や行動に噛みつきがち

あら探しをする人は攻撃的で、批判的な性格です。 他人の意見や行動にいちいち難癖をつけて噛みつくタイプの人が多いです。 矛盾点があれば、すぐさま指摘し、論破したと我がもの顔で自慢する人もいるでしょう。

また、許せないと思えば、事情や状況を組まずに、相手のブログやSNSを炎上させるような人もいます。 このような人は自分の歪んだ正義を押し付けがちで、自己顕示欲が強いので、多くの人間から敬遠され、嫌われるタイプです。 他人を攻撃すれば、それが自分にも返ってくる、それくらいの覚悟がなければ他者を無条件に批判することはできません。

4. 冷静に見えて短気である

冷静に見えて短気である

あら探しをする人は、論理的な思考や常識を振りかざして、相手を攻撃することが得意です。 冷静沈着で頭脳明晰な自分を見せつけたいという気持ちが強いですが、実際は短気で、欲深い性格なのです。 それゆえに、自己中心的な指摘や批判によって、多くの人を傷つける場合があります。 冷静さを欠いた発言のせいで炎上してしまうこともあるので、口は慎んで行動すべきです。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

あら探しをする人ほど、自分の自信がないです。 相手の足もとを見る理由は、自分に弱点を守りたいがためであり、相手を蹴落としてまで自己保身に走りたいからなのです。

自分の弱さや欠点を受け入れられず、相手や環境のせいにすることも多いでしょう。 それゆえ、人として成長できずに、子供じみた批判やこき下ろしのの繰り返しによって、多くの信頼を失い、嫌悪されてしまうのです。

6. 嗜虐的な性格である

嗜虐的な性格である

あら探しをする人には、サディスティックな性格の人が多いです。 嗜虐趣味が強く、相手が苦しんだり、悲しんだりしていることに喜びを抱くことがあります。 それゆえに、相手の弱点や欠点を指摘し、あえて攻撃することで、傷つけ苦しめるのです。

しかしながら「自分はサドだから」という理由で身勝手に相手を傷つけるのは、最低の行為です。 趣味や嗜好であっても、相手が望まなければ、そのような行為は、ハラスメントや犯罪にしかなりません。 自分本位になり思いやりが欠けた行動をしてはいけないのです。

7. ストレスを抱えている

ストレスを抱えている

あら探しをする人は、ストレスを抱えている場合が多いです。 相手を追及し、傷つけることで、倒錯的な喜びを抱き、ストレスを発散させていることも多いでしょう。 そして、家族や上司、恋人などさまざまな関係において、抑圧されている人やトラウマを持っている人が、自分より弱い者を傷つけている場合が多いのです。

しかしながら、いくらストレスを抱えているからといって、他人をいじめたり、モラハラ的行為をしたりすることは許されません。 また、自分が他者を傷つけたように、自分も同じくらい傷つけられたい、という被虐的で、自罰的な思いを抱いている人もいます。 いずれにせよ、ストレスを抱え過ぎて、心がボロボロになっている場合が多いのです。

8. 繊細で神経質である

繊細で神経質である

あら探しをする人は、細やかな性格で、神経質です。 多くのことに気付き、気にしすぎるために、他者への指摘や非難が増えてしまいます。 潔癖な場合も多く、汚れた場所やだらしのない服装に、イライラすることも多いでしょう。 環境の変化に弱く、ストレス耐性が低いのも特徴です。

9. 負けず嫌いである

負けず嫌いである

あら探しをする人は負けず嫌いです。 自分の弱点を認めたくないがために、相手の弱点や欠点を突いて負かそうとします。 自信を磨くことを忘れて、相手の攻撃ばかりするので、成長が見られません。

結局、相手に追い越されて、負けてしまうこともあるでしょう。 本当に負けたくないのであれば、自分の弱さや欠点を受け入れて、克服したり、自分の能力や持ち味でカバーすることができなくてはいけません。

10. 完璧主義である

完璧主義である

あら探しをする人は完璧主義です。 欠けていることや、足りない事を嫌い、自分の理想の通りに物事が進まないと気が済みません。 それゆえに周囲を巻き込んでしまうことも多いです。

目標の達成のためならば、相手を利用することもあるでしょう。 有用でなければ使えないと、切り捨てる様な冷酷さもあります。 リーダーとしての気質も強いですが、完璧を求めすぎるゆえに、嫌われやすく、仲間の離反が多いのも特徴です。

11. 頑固である

頑固である

あら探しをする人は頑固です。 生真面目な性格で、曲がったことが嫌いなので、正義に反する人を徹底的に攻撃する面を持っています。 柔軟な対応ができないために、周囲と衝突することも多いでしょう。 こだわりが強く、近しい人を巻き込んで、迷惑をかけることも多いので、気をつけなければなりません。

12. わがままで自分勝手な行動をしがち

わがままで自分勝手な行動をしがち

あら探しをする人はわがままです。 自分の思い通りにならないと、すぐ機嫌を悪くしてキレてしまいやすいです。

相手に責任を押し付けて、自分は甘い蜜だけを吸って去るような、姑息で卑怯な人もいるでしょう。 面倒をごとを嫌い、気を配れず、我慢もできないので、ボランティアや慈善活動には向いていない性格と言えるでしょう。

13. 友達が少ない

友達が少ない

あら探しをする人は友達が少なかったり、友達がいない場合が多いです。 攻撃的で、批判的な態度が多いせいで、関係を上手く構築することができません。 もし友人がいるとしたら、そうした気ままな性格を受け入れてくれる、優しくて、愛情深い、母親のような性格の友人かもしれません。

しかしながら、こうした母親のような愛情を向けてくれる人とは、依存関係になりやすいのです。 片割れがわがままであればあるほど、自分の子供のように可愛がり、守ろうとする場合もあります。 依存しあう関係に、成長は見られません。 破滅的な関係にならないためにも、距離を置いた方が良いでしょう。

まとめ

あら探しをしすぎると、他者からの信頼を失いやすいです。 他者批判をするよりも、自分の行動や言動について反省し、学習し、成長することが大切でしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!