恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170904163612.html
人脈が広い人に共通する20の特徴

人脈が広い人に共通する20の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人脈が広い人に共通する20の特徴

ビジネスでよく見かけるわかりやすく、人脈の広い人の特徴を書きます。 人脈の広さにも本当に沢山のキャラがあって、様々なケースがありますが一つのパーソナリティに沿って特徴を上げていきます。



  • 過程よりも結果
  • 大雑把に見えて優先事項を見極めている
  • 人から伝わりやすい事だけを言うのが得意
  • リアクションが大きい
  • 自問自答をしている様子を周りに見せない
  • ルールや一般常識や統計等客観的な人との共通点を軸に発想する
  • 常識は知っていても押し付けず個性も認められる距離感を大切にしている
  • 専門性の高い事を抽象的なイメージで伝える
  • 話をするときにAさんやBさんなどと言った記号や数字を使わず、仮の固有名詞を使う
  • お返しのバランス感覚に優れている。
  • LINEやチャットでも必ず朝は挨拶から入る
  • 有言実行
  • 約束を守れなかったとき、しつこい程謝る
  • 契約書を結ばなければ怖い状況があるとき、行動でその代わりになる事をする
  • 持論は持論と区別をつけて私ならこうすると。
  • 行動と目的にブレが無い
  • 実際にコツコツと行動という実績を積み上げている人
  • 展望を話しても唐突感が無い
  • 折衷案という視点を大切にしている
  • 長期的な視野の目的がわかりやすいから短期的な視野の失敗を周りからも失敗と思われない
  • まとめ

1. 過程よりも結果

過程よりも結果

人から、内面的な事情などを話され躓いている人にすぐに結果を示すことが出来ていて、人の話に耳を傾けてもぶれない目的意識をハッキリと持っていて、共通しない課題に対してもすぐにわかりやすい結果が何なのかを見つけて、人の迷いを取り除く方向を向くようにアドバイスすることが得意です。

2. 大雑把に見えて優先事項を見極めている

大雑把に見えて優先事項を見極めている

過程よりも結果を大切にしているため、他のパーソナリティを持つ方から誤解されることもありますが、ちゃんと話したときには、目的意識がわかりやすいから、『だからあの時大雑把だったんだ仕方ない』と思ってもらえ、優先順位に沿った考えの秀逸さから挽回することが出来てしまう人です。

3. 人から伝わりやすい事だけを言うのが得意

人から伝わりやすい事だけを言うのが得意

ついつい悩み込んでいる人で何でも話してしまうタイプの人が居ますよね。 そういう方はある意味嘘をつかない人だという印象で信頼を貰えるのですが、自分で考えるべきことをわきまえて、一呼吸置きながらよく考えたうえで言葉にする様子が、ただ嘘をつかないの上を行く信頼を産んでいます。

4. リアクションが大きい

リアクションが大きい

客観性があっても、一つ一つよく観察する事だけは鋭い人で、自分自身の感情もよくわかっているからこそ泣きたい時は泣きますし、下らない事にもスグ笑います。 許せない事にも感情を示します。

こういった表情の豊かさが、本当にこの人は目標に向かう理由が心からある人なんだという信憑性を添える結果ともなり、人の直感から、信頼を構築してしまうのです。

5. 自問自答をしている様子を周りに見せない

自問自答をしている様子を周りに見せない

よく見ていると、一人の時間を作ってまで大切にするスタイルが見えたりもします。 迷ったときは絶対に抜け出すと時間を決めて、一人で考える取り組みの様子が伺えたりします。 信頼関係が出来ている段階だからこそ、時間も作りやすいのでしょう。

さぼっているという印象ではなく、何かゴールに対する策があるのだろうと先入観を基に時間を作ります。 そういう時、何をしていたのか?と聞くと、久しぶりに本を沢山読んで、自分の行動を見直していたとサッパリ伝えるだけで前提にある信頼から疑う余地もないため、余裕があるんですよね。

6. ルールや一般常識や統計等客観的な人との共通点を軸に発想する

ルールや一般常識や統計等客観的な人との共通点を軸に発想する

発言の一つ一つに、常識や統計といった外の世界のリアルな話が自然とついてきます。 こう感じるからなんとなくチャレンジすると言った人が納得しない発言を見たことが有りません。

根拠が欠けるときはそういう性質だから、確率論でとらえて数でチャレンジするなど、これからハッキリさせる事が第一段階であると伝え忘れる事も無い、ひとつ手前の結果を示すことも出来て、無茶な結果を押し付けたりはしない所も優しく人の精神衛生上の事もしっかりとマネジメントされています。

7. 常識は知っていても押し付けず個性も認められる距離感を大切にしている

常識は知っていても押し付けず個性も認められる距離感を大切にしている

多くから信頼されていて、疑う余地もないとついつい情緒不安定な時に相談したくなるほど心強いのが人脈の広い人の特徴ではありますが、内面世界の解決を人が望む時は大抵目指す結果が解らなくなっていたりもするところを上手にまとめて、その場で正しい線路のような物を伝えてくれます。

一緒になって迷う共感を示すほど近い距離には来ないで、一歩引いて話をしてくれるから話していてとてもさわやかでいられます。

8. 専門性の高い事を抽象的なイメージで伝える

専門性の高い事を抽象的なイメージで伝える

専門職に詳しい人も、日常に溢れる食料品に例えてみたり自然の動きに例えてみたり誰もが知っている事の例で説明するのがとても得意で、聞き手が誰なのか?をちゃんと考えて伝えるのではなく伝わる話し方をするのがとても得意です。

9. 話をするときにAさんやBさんなどと言った記号や数字を使わず、仮の固有名詞を使う

話をするときにAさんやBさんなどと言った記号や数字を使わず、仮の固有名詞を使う

よく、名前のない仮の物を説明するときにAさんがとかBさんがとか、ナンバー01がとか、わざわざ記号や数字で動きを説明する人が居ると思うのですが、人脈の広い人の特徴は、田中さんとか佐藤さんとか覚えやすい仮の名前を付けて、動きを説明したり、いぬとか、猫とか絵の浮かぶ認知しやすい仮名で説明することが多いです。

10. お返しのバランス感覚に優れている。

お返しのバランス感覚に優れている。

人が十分喜ぶライン、人に与えすぎているラインというのをハッキリとセンスで解っているところがあり、何事にも定規で測ったような程よい加減というのが出来ていて。 常にフェアである意識が鮮明である。

11. LINEやチャットでも必ず朝は挨拶から入る

LINEやチャットでも必ず朝は挨拶から入る

時間を常に意識できている鮮明さがあり、どんなに没頭している業務があっても要件から入らず必ず。 おはようという言葉から始まる。 冷静さや健康さを保つことからにじみ出るさわやかさとはこういうことなのだろうと感じることが出来ます。

12. 有言実行

有言実行

ただ約束を守る事なら多くの方がしている事でしょう。 人脈が広い人は、何か雑談として伏線を貼ってしまった事は、例え数年かかってでもなぜか実行します。

狙ってやっているわけではなく言葉への責任感が極端に強いのでしょう。 迷いのある事は絶対に人に口にしない事は正直さを超える信頼に変わるという事です。

13. 約束を守れなかったとき、しつこい程謝る

約束を守れなかったとき、しつこい程謝る

完璧主義ではないため、約束を守る確率は100ではありませんが、約束を破ってしまった事を本人が悔しがって本気で謝られます。

何か代わりになることは無いかとリカバリーの言葉まで添えられて、多くの謝られている方はそこまでしなくてもと、引いてしまう程謝られます。

14. 契約書を結ばなければ怖い状況があるとき、行動でその代わりになる事をする

契約書を結ばなければ怖い状況があるとき、行動でその代わりになる事をする

重要な事は文面に残すのは当たり前、仕事を頼む時は前払いをするのが当たり前、そういうさわやかな信頼関係が回る間柄になるように過剰なほど手軽にできる証明ならばすぐにするものです。

15. 持論は持論と区別をつけて私ならこうすると。

持論は持論と区別をつけて私ならこうすると。

アドバイスにも考える要素を残す 世の中というのは絶対は無いですし、言われたとおりにすれば結果が必ず手に入るなんてことは無い性質にあることは常日頃でしょう。

だからこそ、私ならこうするなとアドバイスの時は持論であることを明確に添えて、相手が考える事を奪わない上に、絶対と言えない事は絶対と言わない誠実さまで相手に伝えます。

16. 行動と目的にブレが無い

行動と目的にブレが無い

方法を選ぶときに時々迷っている様子ぐらいはあったりするのですが、何を目的としているのか?コンセプトと掲げなくても、もう何年も同じ法則が宿るような方向性にブレがありません。

強い目的意識と目的のわかりやすさは人から見てもわかりやすい物です。 目的とは己の中から導かれるものであるため、人格次第では人から見てわかりにくい事もあるはずなのにわかりやすく居られる事は、もう天性の才能も必要です。

違う人格の人が意図して狙える言動ではないレベルでブレがありません。 迷えば方向が一瞬でもわからなくなる人の方が過半数いるというのに、方位磁石でも持ち歩いているかのような制度です。

17. 実際にコツコツと行動という実績を積み上げている人

実際にコツコツと行動という実績を積み上げている人

やっぱり信頼感は言葉じゃないんです。 言葉の基になる行動記録を話しているのです。 さらに人脈のある人というのは、結果しか見ていない為、聞きたくないようなややこしい苦労話は省略して伝えます。

省略しようとしているのではなく、最初からスタートとゴールしか見ていないから、その人にとって重要な事がありのままわかりやすさに繋がっているのです。

18. 展望を話しても唐突感が無い

展望を話しても唐突感が無い

例えば、尼さんになりたいと言っていたのに、明日はアイドルになりたいと言っていたら唐突ですよね?そういうことが、ほとんど人脈が広い人にはありません。

最初から理念のような物が掲げて居なくても人から見えるような、ぶれない方向性が見えているから言葉に法則性が宿るのです。 だから、状況に応じたアイディア溢れる対策であっても、常に理念に沿った発想を美しく選択しています。

19. 折衷案という視点を大切にしている

折衷案という視点を大切にしている

目的に対して真っ直ぐとは言っても斜めに歩かなければならない事もあるでしょう。 そういう曲がりくねった道も進みなれているからこそ、結果オーライの思考があるため、方法の選択幅に余裕がある為か、最初のプランと相手の要望の間を取ることも十八番になっているのです。

20. 長期的な視野の目的がわかりやすいから短期的な視野の失敗を周りからも失敗と思われない

長期的な視野の目的がわかりやすいから短期的な視野の失敗を周りからも失敗と思われない

ゴールが人からも見えるって凄い事ですよね?長期的な視野の目的があって人よりも長い道をゴールだと意識できているというのは、短期的な失敗をしたって失敗をしていないかのように見えるものです。

勿論、人脈が広い人自身が、ネバーギブアップだからポジティブに見えるのです。 方向さえあっていればどう進んでも良いとは、ある意味失敗など無い無敵の考え方です。

まとめ

今回お伝えしたタイプはあくまで、何人か似た気質の方をイメージして書いたものです。 信頼関係が人脈を広げるポイントとなりますが、信頼関係の作り方は一つじゃないのです。 今回は価値観のわかりやすい人は理解が得やすいというきっと、最効率なパーソナリティにフォーカスしましたが、他の人格なりの人間関係の広げ方があります。

価値観が合わなくても広げるのか、価値観が合う人との接触機会を増やして広げるのか?その際にも、あなたらしさがわかりやすい自己紹介や、ブレの無い自分らしさとは何か?知っているだけで人間関係は広がりやすくなります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!