恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170904155748.html
視野が広い人に共通する23の特徴

視野が広い人に共通する23の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
視野が広い人に共通する23の特徴

個人的な人間関係においても、ビジネスシーンにおいても、「視野が広い人」の方が狭い人よりも、物事は円滑に進みますよね。 ここでは「視野が広い人」の特徴について考えてみます。

  • 目先のことだけでなく、その先にあること、あるものを想定することができる。
  • 他人の価値観や考え方・意見を受け入れることができる。
  • 偏見がない。
  • 経験豊富で多様な世界を見てきている。
  • 理想と現実を区別して考えることができる。
  • 自分を客観視することができる。
  • 人のアドバイスを受け入れることができる。
  • 新しいことに挑戦する。
  • 博学である。
  • 知的好奇心が旺盛である。
  • 常に問題意識を持っている。
  • 素直な性格である。
  • 人に信頼される。
  • 先例や伝統にこだわらない。
  • 交友関係が多岐にわたっている。
  • 常に当事者意識を持っている。
  • 常に優先順位を意識している。
  • 他人のいいところを見ることができる。
  • 誰にでも平等に接することができる。
  • 感動することができる。
  • 長い時間軸で物事を考える。
  • 様々な立場で物事を考える。
  • 周囲の空気を読むことができる。
  • まとめ

1. 目先のことだけでなく、その先にあること、あるものを想定することができる。

目先のことだけでなく、その先にあること、あるものを想定することができる。

視野が狭い人はどうしても目先のことしか考えられず、その結果また別の問題を抱え込んでしまったり、さらに事態が複雑になってしまったりして、同じ失敗を繰り返す傾向にあります。

一方視野が広い人は目先のことだけではなく、もっと広い範囲で問題をとらえ、その結果生じることを想定して行動するので、失敗する確率はぐっと低くなります。

2. 他人の価値観や考え方・意見を受け入れることができる。

他人の価値観や考え方・意見を受け入れることができる。

視野が広い人は確固とした自分自身の自我を持っていることが多いのですが、それでも自分とは違う他人の価値観を受け入れて、人の気持ちを理解することができます。 自分に自信があるからこそ、広い心で他人を受け入れられるのかもしれません。

その結果さらに多種多様の考え方を持っていろいろなことに対処でき、いい結果を生むようになり、ますます視野が広くなるということにもつながります。

3. 偏見がない。

偏見がない。

これは上の他人の価値観を受け入れることができるということにも関係しているのですが、視野が広い人は偏見を持つことがありません。

つまり他人と相対するときや問題を対処するときにも、固定観念や先入観を持って何かを決めつけてかかるということをしません。 したがって人や問題に向かい合うときにも、多様な選択肢の中をもって柔軟に対応でき、良い結果を生むことが多くなります。

4. 経験豊富で多様な世界を見てきている。

経験豊富で多様な世界を見てきている。

やはり視野が広い人は経験豊富で、いろいろなことを体験してきていることが多いようです。 世界は広くて様々なことがあって、狭い視野に基づいた固定観念だけではうまくいかないことを身をもって経験し、それが視野を広げることになったのかもしれません。

5. 理想と現実を区別して考えることができる。

理想と現実を区別して考えることができる。

視野が広い人は、理想の世界と現実の世界をきちんと区別して考えることができます。 一方視野が狭い人は、これはこうあるべき、という自分の理想にとらわれすぎて、柔軟に思考することができません。

もちろん自分のしっかりとした理想や主義・主張を持つことは大切なことなのですが、実際に人と相対するときや問題に対処するときには、柔軟な対応をすることが必要です。

6. 自分を客観視することができる。

自分を客観視することができる。

視野が広い人は、自分の言動が他人にどう映るか、周囲にどのような影響を及ぼすかを客観的な視点で見ることができます。

自分とその周囲の環境も含めて、俯瞰できるということです。 狭い視野による浅はかな行動に比べて、その結果が優れたものになることは論を俟ちません。

7. 人のアドバイスを受け入れることができる。

人のアドバイスを受け入れることができる。

視野が狭い人は、どうしても人からのアドバイスに拒絶反応を示してしまうことが多いのですが、それに対して、視野が広い人は、世の中には様々な価値観・考え方があることをよく知っています。

したがって人からアドバイスをもらった時に、反射的に身構えることなく、まずは受け入れてしっかりと検討した後、採用するかどうかを決めます。

8. 新しいことに挑戦する。

新しいことに挑戦する。

視野が狭いとどうしても、思考がネガティブになりがちなようです。 したがって何か新しいことにチャレンジするときにも、視野が狭い人は悲観的な考えを持ってしまい、躊躇しがちです。

それに対し視野が広い人は、様々な可能性があることをよく理解していますから、新しいことにチャレンジする機会が多くなります。

9. 博学である。

博学である。

視野が広い人は一般に、博学、特に歴史や政治・経済に通じていることが多いです。 やはり、いろいろな歴史上の事象や事件、大きな社会の流れに触れることで、世の中の様々な価値観や考え方を知り、それが視野を広くすることにつながったと考えられます。

10. 知的好奇心が旺盛である。

知的好奇心が旺盛である。

9.の博学であることとも関係しているのですが、視野が広い人は知的好奇心が旺盛です。 自分の固定観念にとらわれることなく、他人の価値観も素直に受け入れられる性格だからこそできるのかもしれませんが、視野が広い人は、何歳になっても自分が知らない知識や情報を求め続けます。

11. 常に問題意識を持っている。

常に問題意識を持っている。

視野が狭い人は自分の考えで十分だと考え、今の自分で正しいと考えがちです。 もちろん自分が正しいと自信を持つことは素晴らしいことですが、それと同時に他の考え方を受け入れないことになりがちであることを知る必要があります。

それに対して視野が広い人は、常に問題意識を持って生活しています。 今のやり方・考え方に間違いはないか、もっといい方法はないか等といつも考えを巡らせています。 その探求心がさらに視野を広くすることにつながっていると考えられます。

12. 素直な性格である。

素直な性格である。

視野が広い人は、他人の価値観や意見を素直に受け入れられる心の余裕があります。 そしてそれは多くの場合、穏やかな性格であることにつながっています。 視野が狭い人が一般的に、思い通りにいかないと不機嫌になることが多いのとは対照的です。

13. 人に信頼される。

人に信頼される。

上で書いた、視野が広い人は穏やかな性格であることが多いということに関連しているのですが、それに加えて他人の意見を受け入れることから、視野が広い人の周りには多数の人が集まり、信頼を得ることとなります。 結果的にリーダー的なポジションに付くことが多くなるでしょう。

14. 先例や伝統にこだわらない。

先例や伝統にこだわらない。

視野が広い人は、先例や伝統を重んじると同時に、様々な判断や評価をするときに、それらにこだわりません。 非常に変化が速く、またグローバル化している今の時代には、この多種多様な価値観を取り入れる手法が奏功するケースが多いと考えられます。

15. 交友関係が多岐にわたっている。

交友関係が多岐にわたっている。

13.で述べた、周りに多数の人が集まるということに関連しているのですが、視野が広い人は様々な種類の人たちとの交友関係があります。

幅広い価値観を持ち、また他人の価値観も素直に受け入れる性格が、限定的ではないいろいろなタイプの人たちとの交流を可能とするのでしょう。 そしてまたこの多岐にわたる交友関係が、さらに視野を広くすることにつながる好循環を生んでいます。

16. 常に当事者意識を持っている。

常に当事者意識を持っている。

特にビジネスシーンにおいて、視野の広い人は常に当事者意識をもって問題に対処しています。 与えられた目先のことだけではなく、その問題の本質やその問題を解決した先にあることにまで目を配って仕事に向き合っているため、自ずとその質は高いものとなります。

17. 常に優先順位を意識している。

常に優先順位を意識している。

これも特にビジネスシーンにおいてみられる特徴ですが、視野の広い人は常に優先順位を意識しながら仕事を進めます。

目先のことだけではなく、状況を幅広くとらえて、限られた予算・期間・マンパワーの中で、仕事をどのように進めれば最高のパフォーマンスを上げることができるのか、常に考えています。

18. 他人のいいところを見ることができる。

他人のいいところを見ることができる。

視野が狭い人は往々にして、他人の欠点だけに目がいってしまい、それが原因で交友関係がうまくいかなくなることが多いのですが、それに対して視野が広い人は、他人に欠点があったとしても、それだけではなく、いいところもきちんと見て評価しようとします。 その結果、さらに交友関係が広がることにつながるでしょう。

19. 誰にでも平等に接することができる。

誰にでも平等に接することができる。

視野が広い人は、幅広い価値観を持ち、また他人の価値観にも共感することができますので、自ずと様々な人に対して平等に接することができます。

もちろん自分や相手の社会的立場や親密さによって、話し方や接し方は変わるでしょうが、基本的な態度は変わりません。 そしてこれが、さらに人間関係を豊かにすることにつながっています。

20. 感動することができる。

感動することができる。

一般に人は年をとればとるほど、感動する機会は少なくなると言われていますが、視野が広い人は、豊かな感受性を持っていて、日常生活の中の些細な出来事にも気づいて、素直に感動することができます。 そしてこの感動は、生活や人生に充実感をもたらします。 視野を広く持つことで、人生を豊かにすることができる一例です。

21. 長い時間軸で物事を考える。

長い時間軸で物事を考える。

視野が広い人は、拙速に結果を求めようとはしません。 特にビジネスシーンにおいて、目先のことだけではなく長い目で事象をとらえ、きちんと大きな結果が得られるように物事を進めていこうとします。

一見失敗に見えるようなことが、長い目で見た場合、成功の伏線になっていたということもしばしばあります。

22. 様々な立場で物事を考える。

様々な立場で物事を考える。

これも特にビジネスシーンにおいて見られる特徴なのですが、視野が広い人は物事を対処する場合、様々な立場で考えることができます。

自分の立場、部下の立場、上司の立場、経営者の立場、クライアントの立場、第三者の立場など、自分だけの視点ではなく、常に様々な視点で問題に向き合おうとしています。

23. 周囲の空気を読むことができる。

周囲の空気を読むことができる。

視野が広い人は自分だけではなく、周囲の人たちの気持ちをくみ取ることができますから、その雰囲気、わかりやすく言うと「空気」を読むことに長けています。

周囲の人たちの言動に敏感で、その雰囲気や相手の表情で、言葉だけではなく、その裏にある真意を読み取ることができます。

まとめ

視野が広い人には、このような特徴があります。 そこで最後に、視野を広くするための方法を、いくつか挙げさせていただきます。

  • あなたの周りにいる視野が広い人の言動を真似してみる。
  • いろいろなタイプの人と接してみる。
  • 本をたくさん読む。
  • 興味を持ったことを、とにかくやってみる。

視野を広くするのは、一朝一夕にはうまくいきません。 上に挙げた視野の広い人の特徴を意識しながら毎日を過ごしていたら、少しずつあなたの人生も豊かになっていくはずです。 グッドラック。

個人的な人間関係においても、ビジネスシーンにおいても、「視野が広い人」の方が狭い人よりも、物事は円滑に進みますよね。 ここでは「視野が広い人」の特徴について考えてみます。


目先のことだけでなく、その先にあること、あるものを想定することができる。

視野が狭い人はどうしても目先のことしか考えられず、その結果また別の問題を抱え込んでしまったり、さらに事態が複雑になってしまったりして、同じ失敗を繰り返す傾向にあります。

一方視野が広い人は目先のことだけではなく、もっと広い範囲で問題をとらえ、その結果生じることを想定して行動するので、失敗する確率はぐっと低くなります。

他人の価値観や考え方・意見を受け入れることができる。

視野が広い人は確固とした自分自身の自我を持っていることが多いのですが、それでも自分とは違う他人の価値観を受け入れて、人の気持ちを理解することができます。 自分に自信があるからこそ、広い心で他人を受け入れられるのかもしれません。

その結果さらに多種多様の考え方を持っていろいろなことに対処でき、いい結果を生むようになり、ますます視野が広くなるということにもつながります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!