恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170901094338.html
苦労してきた人の特徴

苦労してきた人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
苦労してきた人の特徴

苦労してきた人には人間的に深みがある人も多くいます。

そこで、苦労してきた人の特徴についてご紹介してみたいと思います。



  • 他人に対して寛容
  • いじけたりねたんだりする気持ちも少なくなる
  • 人間的に大きい
  • 辛さや悔しさなどの感情と上手に向き合える
  • 苦労を前向きにとらえてエネルギーに換えられる
  • お金に対する価値観をもっている
  • お金の貸し借りに対する考え方もしっかりとしている
  • 節度のある人づきあいができる
  • 苦労を否定的にとらえていない
  • 人間的な強さがある
  • 節約するのが上手
  • 働くことをいとわない
  • 人知れず努力できる
  • 世話焼きができる
  • 心配させないようにするのが得意
  • 相手を立てるのが上手
  • よく相談をされる
  • 自分の経験を人間関係の中で生かせる
  • 心配症な性格
  • 仕事に実直
  • まとめ

1. 他人に対して寛容

他人に対して寛容

苦労をしてきた人にはそれなりの経験があります。

苦労をしている人には嫌やことや我慢する力が備わっているのです。

納得できないこともなんとか処理して心にしまう術なども身についているといえます。

他の人に対しても寛容になるというところもあるのです。

約束をしてそれを破られた時、苦労が浅い人ならそのことを許せないと怒ってしまうかもしれませんが、苦労してきた人はそのようなことがあっても、それを飲み込んでしまえるのです。

2. いじけたりねたんだりする気持ちも少なくなる

いじけたりねたんだりする気持ちも少なくなる

苦労をしてきて、それを前向きにとらえて生きてきた人は、いじけたり妬んだりするよりも、そんな状況でも前向きにとらえて生きていける強さを備えているといえます。

辛い出来事や経験があっても、それを肥やしにして生きていける人は人間的にも大きく成長することができるのです。

だから、いじけたり、ねたんだりするという気持ちと上手に付き合っていけるという人も多いといえます。

3. 人間的に大きい

人間的に大きい

苦労した人は、辛さや悔しさなどの感情と上手に向き合える人が多いといえます。

人間はその立場に立たされるまで、なかなか相手の状況や気持ちを理解することは難しいのですが、自身が苦労する立場にたっていることで、辛い人の気持ちが分かるのです。

そのことは、人としてかけがえのない感情経験になって、その人からは相手に対する理解の深さや思いやりの気持ちが伝わってくるという心の大きさが伝わってくるような深い人間になることができるといえます。

4. 辛さや悔しさなどの感情と上手に向き合える

辛さや悔しさなどの感情と上手に向き合える

自身が苦労した時に、辛さや悔しさなどの感情を経験し、その感情と向き合ってきたということからも、苦労してきた人にはこれらの感情と上手に向き合えるというところがあるといえます。

苦労をしてこなかった人がそのような感情を突き付けられた時、時に大きな心の痛手になってしまいます。

苦労した人はそのような経験を乗り越えてきた人が多いといえ、自身の感情と上手に向き合える人も多いのです。

5. 苦労を前向きにとらえてエネルギーに換えられる

苦労を前向きにとらえてエネルギーに換えられる

苦労があると、自分のエネルギーが低くなってしまったり、前向きに生きることができなかったりという場合が多いといえますが、苦労をしてきた人は、そのような苦労を自分のエネルギーに換えるすべを知っている人が多いといえます。

もともと努力できる才能があって、さらに苦労を前向きに捉えた人には大成している人も多くいるのです。

6. お金に対する価値観をもっている

お金に対する価値観をもっている

苦労をしてきた人は、お金に対する自身の価値観をしっかりと持っているという人が多いといえます。

お金の管理やお金の使い方についてきちんと自分の価値観や意見をもっているのです。

貸し借りということについてもしっかりとラインが引けて、いっしょに食事に行った場合もきちんとワリカンにするという場合も多いといえます。

お金の貸し借りが人間関係を悪化させてしまうということを知っているということがその認識の根底にはあるといえます。

7. お金の貸し借りに対する考え方もしっかりとしている

お金の貸し借りに対する考え方もしっかりとしている

苦労してきた人は、もし相手にお金を貸すという状況になっても、相手が返せるくらいの額を上限に貸すということや、返してもらわなくてもいいと思えるくらいの金額を貸すという、自分のことだけでなく相手のことまで考えたお金の貸し借りができるというところもあるといえます。

しかし、他人から奢られるということも、他人に奢るということも苦労をしてきた人は違和感があることに感じるという人も多いといえます。

8. 節度のある人づきあいができる

節度のある人づきあいができる

苦労してきた人は、自身のお金と他人のお金の線引きができるので、相手との付き合いに節度をもった人付き合いができるといえます。

お金は人間関係を壊す大きな要因になります。

そのことを知っているので、自身が人付き合いをする時には、お金によって人間関係が壊れないよう、節度をもって接するということができるようになり、そのことで良好な人間関係を保てるように努力することができるといえます。

9. 苦労を否定的にとらえていない

苦労を否定的にとらえていない

苦労をしてきた人は、苦労に対して否定的にとらえていないということが挙げられます。

苦労することは人にとってプラスの経験になると考えているといえます。

また、人生で二つの道があれば、困難な道を進んでいくというところもあるといえ、苦労することに対して当たり前のこととして自然に向き合っていけ強さがあるといえます。

10. 人間的な強さがある

人間的な強さがある

苦労をしてきた人の特徴として挙げられるのが、人間的な強さを持っているということです。

どんなにつらい体験をしても、時に人に裏切られたとしても負けないという人間的な強さがある人が多いといえます。

また、楽な道と苦労の道を選ぶ時に、そこに価値があるなら敢えて苦労を選ぶのも苦ではないという覚悟ができているという人も多いといえます。

だから他人に優しくも厳しきもできるという人間的な強さがある人が苦労をしてきた人の特徴ともいえます。

11. 節約するのが上手

節約するのが上手

苦労をしてきた人は、暮らしの中の無駄を効率的に省いて節約をするということも上手といえます。

生活していると必ず必要なお金などがあり、苦労をしてきた人は、発想を豊かにして生活することが上手といえます。

できるだけ無駄なく効率良く生活するという知恵を身に着けているという人も多く、収入の範囲内で生活するということが身についている人も多いといえます。

12. 働くことをいとわない

働くことをいとわない

苦労をしてきた人は働くことをいとわない人も多いといえます。

余計なものを少しでも減らして、できるだけ収入を増やすということに大きな価値を置いているという人も多く、仕事などで頼まれるとできるだけ誠実に仕事を行おうとする姿勢があるといえます。

そのことで評価が高まり、周りから仕事を任されることが多くなっていき、成功をしたという人もいるといえます。

働くことをいとわない人も多く、働き者であるという場合も多いといえます。

13. 人知れず努力できる

人知れず努力できる

苦労をした人は、人の倍以上がんばるという姿勢をもっている人も多いといえます。

自分が苦労したことで人知れず努力することが当たり前と考えられるようになっているという人もいて、相手に押し付けず、自身で一つ一つ解決していくという姿勢をもっているという人もいるといえます。

14. 世話焼きができる

世話焼きができる

苦労した人は、自身が苦労したぶん相手が困っている時に、自身の体験に照らし合わせたりして相手を心配することができる人も多いといえます。

困ったときはお互い様という考え方などもできる人もおり、相手の困っている気持ちを軽くさせてくれるように接してくれたり、苦労した時のことを経験話として話して相手にアドバイスを送ったりするなど、世話焼きができる人も多く、そのことで人格者として周りから評価されたりするという人もいるといえます。

15. 心配させないようにするのが得意

心配させないようにするのが得意

自分のことで相手を暗い気持ちにさせるようなことはせず、できるだけ相手に心配を掛けないようにふるまうという人も多いといえます。

自分が苦労している時も、そんな様子は出さずに、むしろ相手の相談に積極的にのるといった、人間的に大きな人も多いといえます。

16. 相手を立てるのが上手

相手を立てるのが上手

苦労をしてきた人は、人と接したりする時に相手を立てて接するのが上手といえます。

意見を言うという場などでも、自身の意見を主張する前にまずは相手の意見を聞いてから発言するということができるのです。

相手とは反対の意見を述べるという時でも、まずは相手を真っ向から否定することはせずに、相手の意見を踏まえながらその意見を認めながら自分の意見を伝えるということができる人も多いといえます。

相手は否定をされてはいるのですが、でもそんなに悪い気持ちにはならないのです。

そのため、自身のことを想って意見を暮れているということが分かるのです。

17. よく相談をされる

よく相談をされる

苦労してきた人は、様々な経験をしていて、辛い思いもしているので相手に対する理解が深く思いやりがある人も多く、よく人生相談を受けたりすることも多いといえます。

その人に話したら分かってもらえる、どうしたらいいかを教えてくれるなど、これまでに生きてきた中で自然に重なってきた周りの評価もあって、周りの人から人生に関する相談をされることも多いという特徴もあるといえます。

18. 自分の経験を人間関係の中で生かせる

自分の経験を人間関係の中で生かせる

苦労した人は自身がした嫌な経験を次に生かすことができます。

相手が自分と同じような嫌な思いをしないようにアドバイスをしてあげることができるという人なども多いといえます。

自分の経験を、その後の人との関係の中で生かしていくことができるというところがあり、また、相手を立てた振る舞えいや言動ができるので、人から尊敬されるという人も多いといえます。

19. 心配症な性格

心配症な性格

苦労してきた人は、困っている時の状態が深刻だった人ほど、あらゆることを想像してしまって過剰に心配してしまうというところがあるといえます。

困っている相手に対しても優しく接することができる人も多いといえます。

同時に相手に対して厳しく接することもでき、立ち向かって行こうとする相手の気力を応援してくれる人も多いといえます。

20. 仕事に実直

仕事に実直

苦労をしてきた人は、仕事に対してとても実直に向きあう人も多いといえます。

そして、一つ一つの仕事に感謝の気持ちをもって臨むことができるので、周囲の人々から信頼される存在になるという場合も多くあります。

また、曲がったことが好きではないというところもあり、筋を通すというところなどが尊敬につながるという人格者としての存在感が仕事に出てくるという人もいるのです。

まとめ

苦労してきた人には人間的な魅力がある人も多くいます。

自身が苦労してきた分だけ相手に対して思いやりも深くなり、その分厳しくもなれるといえます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!