恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170831171807.html
転勤族になるメリット14選

転勤族になるメリット14選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
転勤族になるメリット14選

慣れた頃にまた引っ越さなければいけなくなる転勤族は苦労が多いようでいて意外とメリットもたくさんあります。 それらを13選にまとめました。



  • 新しいふるさとができる
  • 新しい友達が増える
  • 見たことのない景色や食べ物に触れ合える
  • 飽きた頃に引っ越せる
  • 子供が人間関係に強くなる
  • 会社から手当てが出ることもある
  • 人間関係をリセットできる
  • キャラ変えができる
  • 新居探しやインテリアの買出しなどを楽しめる
  • 単身赴任と比べて寂しさがない
  • 家族で苦難を乗り越えている気持ちになる
  • 転勤のタイミングで仕事や保険を見直すこともできる
  • 一人でいることに強くなる
  • 実家のありがたみがよくわかる
  • まとめ

1. 新しいふるさとができる

新しいふるさとができる

転勤族になるとあちこちの地域に思い出ができてふるさとが増えるため、何年か経ってから懐かしく足を運んだりする楽しみもできます。

また、以前住んでいたところに行ってみると懐かしい人達に歓迎され、いつでも当時に戻った気分になれます。 一人で寂しい時や人を信じられなくなった時などに癒してもらうことができるので幸せです。

2. 新しい友達が増える

新しい友達が増える

転勤族として引っ越しが増える度に生活の中で新しい友達や知り合いも増えるでしょう。 たとえ内気な人であっても誰かと関わって生きていますし、何人かは気の合う人や影響を受ける人ができます。 そうやって人と触れ合いながら自分を成長させることもできるのがメリットです。

3. 見たことのない景色や食べ物に触れ合える

見たことのない景色や食べ物に触れ合える

いろいろな場所に旅行に行きたくてもそう多くは無理ですが転勤族になってしまえばそのチャンスも増えますね。 見たことのない景色に触れて感動したり、美味しい食べ物を知って料理に詳しくなったりその土地を好きになったりすることができます。 それは住むまでわからないメリットでもあります。

4. 飽きた頃に引っ越せる

飽きた頃に引っ越せる

好きな地域でも何年も住んでいると飽きてくることもありますが、転勤族ならそんな頃にまた引っ越しのタイミングが来るのでいつも生活が新鮮なままです。

引っ越しは面倒ですが新しい生活を思うとワクワクします。 それが強引な理由ではありますが与えられるのはポジティブに考えると悪くもありません。

5. 子供が人間関係に強くなる

子供が人間関係に強くなる

結婚して子供がいると転勤族は子供に悪いなという気持ちが生まれますが、子供自身のメリットを考えてみると人間関係に強くなるということがあります。

友達との別れは寂しいでしょうが、辛くても乗り越えるために気持ちを切り替えようとしたり、新しい土地で新しい仲間を見つけるために奮闘するのはためにもなるでしょう。

6. 会社から手当てが出ることもある

会社から手当てが出ることもある

転勤を了承することで会社から手当てが出ることもあるため、引っ越しや新居の費用をそれほど気にせず移動できるということもあります。 また、転勤族を引き受けることによって出世のチャンスがある会社もあります。

7. 人間関係をリセットできる

人間関係をリセットできる

職場での人間関係や近所との付き合い、ママ友とのいざこざなどに悩んでいてもその厄介な人間関係をリセットできるというのも転勤する際のメリットです。

ちょっと気難しくて人とトラブルが多い人にとってはありがたい部分ですね。 それを機にメールやLINEの関係を絶つことも自然にできてしまいます。

8. キャラ変えができる

キャラ変えができる

新しい土地に行けば自分のことを知らない人ばかりなのでキャラ変えをして仕事仲間やママ友ともやっていけます。

転勤族は自分を変えるチャンスです。 昔の自分を知っている人もいないので自分を変えることに恥ずかしさもありません。

9. 新居探しやインテリアの買出しなどを楽しめる

新居探しやインテリアの買出しなどを楽しめる

転勤族になると急な引っ越しになることもあって準備が大変ですが、引っ越しそのものが好きな人にとっては新居探しやインテリアの買出しも楽しいイベントとなるでしょう。

好みは少しずつ変わりますが引っ越しくらいのきっかけがないとなかなか変える気にならない人も多いですからね。 その時の家族のスタイルに合わせてみんなで話し合いながら作っていく作業はけっこう楽しいんです。

10. 単身赴任と比べて寂しさがない

単身赴任と比べて寂しさがない

結婚している場合は夫が単身赴任として一人で引っ越すか、家族揃って転勤族の道を選ぶか迷うことでしょう。 単身赴任と比べ、転勤族は家族がバラバラにならずに済むので寂しさがありません。

悩みがあってもすぐに相談できますし、家族一緒という安心感でみんなの精神も安定します。 それはお金には換えられないメリットでもあります。

11. 家族で苦難を乗り越えている気持ちになる

家族で苦難を乗り越えている気持ちになる

転勤となるといくら繰り返したって家族にとっては大イベントです。 しかしそんな苦難も家族一緒ならみんなで乗り越えているという気持ちになり、頑張ろうと励まし合うことでやる気もわいてきます。

慣れた生活は刺激も少ないですが、転勤となると寂しさやワクワクなどで感情が動かされます。

12. 転勤のタイミングで仕事や保険を見直すこともできる

転勤のタイミングで仕事や保険を見直すこともできる

転勤というタイミングで転職をするべきか考える人もいるでしょう。 また、加入している火災保険などを見直すきっかけにもなります。

そのようなことがない限りずっとこのままという人も多いため、改めていろいろと向き合ってみる機会として見ると悪いことばかりでもありません。 そこで変えることによって今までよりいい生活が待っていることもありますから。

13. 一人でいることに強くなる

一人でいることに強くなる

新しい土地ではすぐには知り合いもできないでしょう。 慣れるまでは一人ぼっちな気分にもなるでしょうし、馴染めない時はずっと友達が増えないままという可能性もあります。

しかし、一人でいることに強くなるのもメリットとして捉えられる部分もあります。 人付き合いが減ればその分お金も時間も取られません。 一人でいるからこそ新たな趣味に出会うこともあります。

14. 実家のありがたみがよくわかる

実家のありがたみがよくわかる

転勤族になると今まで近くに住んでいた親ともなかなか会えなくなることも多いかもしれませんが、会えなくなるからこそ親のありがたみといつでも迎え入れてくれる実家のありがたみがよくわかります。

また、心細いだけに一緒に移動する家族内の絆も強くなります。 転勤をきっかけにそんな気持ちになれるなら家族みんなにとってけっこう大きなメリットです。

まとめ

転勤族は多くの場合で準備のためのお金がかかり、新たな生活に馴染むためにストレスもかかることが多いです。 しかし、新しい土地に自ら移ることは大人になると勇気が出なくなってきます。 仕事の都合とはいえそんな機会が与えられたことで見えなかった世界を見たり知り合うこともなかった素晴らしい人達に出会うこともできます。

そうやって考えてみると転勤族は自分を強くしてくれるものだと考えます。 憂うより楽しむという考えを持てばきっともっと楽しめますね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!