恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170822161547.html
辛い過去がある人に共通する10の特徴

辛い過去がある人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
辛い過去がある人に共通する10の特徴

辛い過去がある人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 警戒心が強い
  • 一人が好き
  • ものを大切にする
  • 常に笑顔
  • 昔ばなしが苦手
  • 人の目を気にする
  • サービス精神がある
  • 本物思考
  • 片付けられない
  • ひとつのものにこだわる
  • まとめ

1. 警戒心が強い

警戒心が強い

辛い過去がある人は、他人だけではなく身内にも警戒心を見せる傾向にあります。 辛い過去を二度と味わいたくないといった思いも強く、また辛いことが起きるのではないかと警戒している傾向にあり、何でも疑うことから始めると言っても過言ではありません。

2. 一人が好き

一人が好き

辛い過去を体験した方に共通するのは、一人の時間をとても大切にするというところです。 自分の本心を隠して人付き合いをする傾向にありますので、誰かといると心が疲れてしまう傾向にあります。 そのため、一人でいた方がとても楽なのです。

そのため、辛い過去がある方というのは、一人の時間をとても大切にする傾向にあり、基本は誰かに誘われない限り人と関わりたくないと考える傾向にあります。

3. ものを大切にする

ものを大切にする

辛い過去がある人は、ものを大切にする傾向にあり、ものを溜め込む傾向にあります。 辛い過去を体験した人は、実はものに対しての執着も強くなります。

自分が感じた辛い思いをものに対しても感じさせたくないといった思いがあるように、手にした物は大切にする傾向にあります。

4. 常に笑顔

常に笑顔

辛い過去がある人は、辛い記憶を忘れているかのように常に笑顔で過ごしている人が多い傾向にあります。 これは、笑顔であることで辛い過去を忘れるといった思いと、笑顔でいると、自身に辛い過去があるということが周りにバレないだろうといった思いから、カモフラージュの意味でも常に笑顔で過ごされる方が多い傾向にあります。

5. 昔ばなしが苦手

昔ばなしが苦手

辛い過去がある人は、昔の話を振られるのが苦手です。 昔の話をすると、必ず辛い過去というのが脳裏に浮かびます。

昔話に辛い過去を話すのは気が引けるという人は嘘をつかなくてはならないですし、逆に辛い過去を乗り越えたという方は、辛い過去をも面白いエピソードとして披露することもありますが、話した後には自己嫌悪に陥る傾向にあり、昔話は苦手という方も多いと言えます。

6. 人の目を気にする

人の目を気にする

人の目を気にしてしまう方は辛い過去がある人が多いと言えます。 辛い過去を持っている方は、自分を陥れることを誰かが企んでいるのではないかといった思いを抱いている方も多く、常に周りを気にしている傾向にあります。 そのため、辛い過去がある人というのは、観察力が高く良く気がつくような人も少なくはありません。

7. サービス精神がある

サービス精神がある

人を笑わせたりするのが好きであり、誘われたら極力断らないといったサービス精神がある人は、辛い過去がある方が多いと言えます。

人の笑い声のなかで過ごすことで安心する傾向にあり、誘われて断ったら相手が傷つくのではないか、などとあれこれ考えてしまうため、ついついサービス精神が出てしまう傾向にあります。 暗く生活をしていると、辛い過去がバレてしまうのではないかと考えてしまい、その結果、サービス精神が高くなります。

8. 本物思考

本物思考

ブランドアイテムが好きな方、本物思考の方は実は辛い過去がある傾向にあります。 辛い過去がある方は、偽物に囲まれた生活では落ち着かない傾向にあります。

そのため、ブランドものなどを周りにおくことで、満たされていると感じる方が多いのです。 辛い過去がある方は辛い過去を忘れるように物に依存される傾向にあり、ブランドアイテムなどを好む傾向にあると言えます。

9. 片付けられない

片付けられない

部屋やバッグの中などが片付けられないのは、辛い過去がある方が多いと言えます。 辛い過去がある方はものを簡単に捨てることが出来ない傾向にあります。 捨てることが出来ないということは、部屋もカバンの中もどんどん汚れてきますが、辛い過去がある場合は片付ける意欲というものも欠如しがちなので、なかなか片付けられない傾向にあるのです。

10. ひとつのものにこだわる

ひとつのものにこだわる

同じバッグを何年も使い続けていたり、壊れていても同じ車に乗り続けているといった方は辛い過去を抱いている方が多いと言えます。 辛い過去がある方は、ひとつのものに執着する傾向にあります。 ものを捨てるといった行動は、ものに対しての裏切りであるかのように考えてしまう傾向にあるのです。 そのため、ひとつのものに執着してしまう傾向にあります。

また、辛い過去がある方は物にだけではなく、人に対しても心を開くことが難しいのですが、心を開くことが出来た相手には執着してしまう傾向にあります。 常にニコニコして八方美人のようやイメージを抱かれることが多いのですが、本当に信じている人は一人だけといった方も多く、物や人に執着してしまう傾向にあります。

まとめ

辛い過去がある方は、辛い過去を隠そうとしたり、辛い過去をなかったことにするために気丈に生きているため、常に笑顔であったりサービス精神が高くなるのですが、基本は警戒心が強くて人に心を開くことが出来ません。

しかし、自分のことを裏切らない物に対しては優しく何年も使い続ける傾向にあり、本物思考でひとつのものを大切にすると言えます。

辛い過去がある人に共通する10の特徴をまとめました。


警戒心が強い

辛い過去がある人は、他人だけではなく身内にも警戒心を見せる傾向にあります。 辛い過去を二度と味わいたくないといった思いも強く、また辛いことが起きるのではないかと警戒している傾向にあり、何でも疑うことから始めると言っても過言ではありません。

一人が好き

辛い過去を体験した方に共通するのは、一人の時間をとても大切にするというところです。 自分の本心を隠して人付き合いをする傾向にありますので、誰かといると心が疲れてしまう傾向にあります。 そのため、一人でいた方がとても楽なのです。

そのため、辛い過去がある方というのは、一人の時間をとても大切にする傾向にあり、基本は誰かに誘われない限り人と関わりたくないと考える傾向にあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!