恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170822135557.html
気遣いや気配りができる人に共通する12の特徴

気遣いや気配りができる人に共通する12の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
気遣いや気配りができる人に共通する12の特徴

気配りや気遣いとは誰かに言われてやるのではなく自分から率先しておこなうものです。 そんな気配りや気遣いが出来れば周りの上司や恋人からの評価は確実にあがります。

  • 気配り、気遣い上手はポジティブ
  • たくさん人を褒める
  • 縁の下の力持ちや裏方の仕事をしている人に感謝する
  • 人の悪口や噂話をしない
  • すぐに行動に移すこと
  • コミュニケーションをしっかりとる
  • 他人に興味をしめす
  • 他人との気配りや気遣いにも感謝する
  • 空気をしっかり読む
  • 一つのことに集中しない
  • 他の人のことを自分に置き換えて考えてみる
  • 相手の性格を考慮する
  • まとめ

1. 気配り、気遣い上手はポジティブ

気配り、気遣い上手はポジティブ

気遣いや気配りがしっかりできている人はみんなきまってポジティブです。 なぜかというと自分の近くにポジティブで明るい人がいるとそれだけで周りの人も明るくなれるからです。 つまりポジティブでいるということは周りの人の気持ち良くさせている、これも気配りと気遣いができていると言えます。

それに落ち込んでいる人やテンションが低い人などにポジティブな言葉をかけてあげるとその人も少しは心の荷がおりて少なからずポジティブになれます。

2. たくさん人を褒める

たくさん人を褒める

人の良いところを探し、たくさん褒めるということもだいじです。 褒められると人は気分がとても良くなります。 褒められて悪い気分になるなんて人は存在しません。 ですが自然な褒め方をできない、つまり嘘っぱちを並べて褒めている人は逆に褒めた人を不快にさせているはずです。

お世辞は気分が良いものではありません。 人を褒めるにはまずその人をじっくり観察しましょう。 見ているうちにその人の本当に良い点がわかってくるはずです。

3. 縁の下の力持ちや裏方の仕事をしている人に感謝する

縁の下の力持ちや裏方の仕事をしている人に感謝する

普段は目立たない縁の下の力持ちや裏方の仕事をしている人ですがこんな方たちがいないと仕事のプロジェクトなどで成功はありません。 しかし多くの人は目立っているいわゆる中心のヒーローのような人にだけ注目し、賞賛します。 それでは目立っていないけどしっかり頑張っている人達が可哀想です。 そんなとき、気配りや気遣いが出来る人ならそんな人達を見落とさずにしっかり賞賛の声をかけてあげられるはずです。

そうすることで裏方の人達のモチベーションが下がることはなく、目立っていら人達への妬みの気持ちなども少なくすむでしょう。 そして円満な会社やグループを作れます。

4. 人の悪口や噂話をしない

人の悪口や噂話をしない

人の悪口や噂話をする人は気配りや気遣いが出来る人の真逆の人です。 悪口などを聞いている人も嫌な気持ちになりますし、自分が無神経な人だと自分で言っているようなものです。

悪口など人を傷つけることを言うと巡り巡って必ず自分に返ってきます。 なので悪口や噂話をするのは絶対やめてください。

5. すぐに行動に移すこと

すぐに行動に移すこと

気配りや気遣いが出来る人はすぐに行動に移します。 思い立ってもすぐに行動に移さないと他に人がやってしまうかもしれません。 なので思い立ったらすぐ行動です。

6. コミュニケーションをしっかりとる

コミュニケーションをしっかりとる

しっかりとコミュニケーションをとることで 意思の疎通ができ相手が何を望んでいて、何をしてほしいかがわかるため自分がするべきことが自然と見えてくるはずです。

7. 他人に興味をしめす

他人に興味をしめす

他人に興味をしめし普段その人の行動や言動を観察していると6で書いたコミュニケーションをしっかりとっている場合と相乗して相手の望んでいることがよりわかるはずです。

8. 他人との気配りや気遣いにも感謝する

他人との気配りや気遣いにも感謝する

他の人が自分にしてくれた気配りや気遣いに対して当たり前だと思わずに感謝することで自分が良いことをしてもらっているのだから他の人にも良い気分になってほしいと自然に思います。 なので他人に感謝をすることが意識的にする気遣いや気配りではなく自然な気遣いや気配りができます。

9. 空気をしっかり読む

空気をしっかり読む

空気をしっかり読まれば相手がなにをしてほしいかがわかります。 空気を読む方法は場の雰囲気や流れなど様々ではありますが、最も重要でわかりやすいものがあります。 それは表情です。

ちょっとした表情の変化を見逃さず、相手が言葉にする前に行動できるようになれば、誰もが認める気配り、気遣い上手になれます。

10. 一つのことに集中しない

一つのことに集中しない

何かに集中して取り組むというのももちろん大切なのですが、あまりにも集中してしまうと、周りでどのようなことが起こり、どのような状況になっているかということをはあくできなくなります。 だから大切なのは集中はしていても常に周りに気を配り続けることがたいせつです。

11. 他の人のことを自分に置き換えて考えてみる

他の人のことを自分に置き換えて考えてみる

自分だったら、こういうタイミングでこういうことを人からしてもらうとうれしいなということをしっかり考え、それを他の人にしてあげましょう。

例えば夏に会社の外回りから帰ってきたときにキンキンに冷えた冷たい飲みものが自分なら欲しいと思ったならば他の人が外回りから帰ってきたら冷たい飲み物を用意してあげてください。 こように他人を自分にと置き換えて考えることも大事です。

12. 相手の性格を考慮する

相手の性格を考慮する

自分は親切でしていると思っていてもその親切を受けている相手がありがた迷惑だと思えば、それは親切の押し売りということになってしまいます。

なので相手がどのようなことを喜び、どのようなことを迷惑と感じるのか性格などから読み取ることが大事になってきます。

まとめ

気配りや気遣いは相手を思うことから始まります。 いくら気遣いや気配りが出来ていたとしても、評価を上げたいなどと下心があればそれは少なからず伝わるはずです。 なのでしっかりと相手を思って気配りや気遣いをしましょう。

気配りや気遣いとは誰かに言われてやるのではなく自分から率先しておこなうものです。 そんな気配りや気遣いが出来れば周りの上司や恋人からの評価は確実にあがります。


気配り、気遣い上手はポジティブ

気遣いや気配りがしっかりできている人はみんなきまってポジティブです。 なぜかというと自分の近くにポジティブで明るい人がいるとそれだけで周りの人も明るくなれるからです。 つまりポジティブでいるということは周りの人の気持ち良くさせている、これも気配りと気遣いができていると言えます。

それに落ち込んでいる人やテンションが低い人などにポジティブな言葉をかけてあげるとその人も少しは心の荷がおりて少なからずポジティブになれます。

たくさん人を褒める

人の良いところを探し、たくさん褒めるということもだいじです。 褒められると人は気分がとても良くなります。 褒められて悪い気分になるなんて人は存在しません。 ですが自然な褒め方をできない、つまり嘘っぱちを並べて褒めている人は逆に褒めた人を不快にさせているはずです。

お世辞は気分が良いものではありません。 人を褒めるにはまずその人をじっくり観察しましょう。 見ているうちにその人の本当に良い点がわかってくるはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!