恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170822134859.html
気遣いや気配りができない人に共通する12の特徴

気遣いや気配りができない人に共通する12の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
気遣いや気配りができない人に共通する12の特徴

気遣いや気配りができない人に共通する12の特徴をまとめました。

  • 自分のことしか考えられない人
  • 空気が読めない
  • 興味関心が薄い
  • 鈍感な人
  • 社交的でない
  • 友達が少ない
  • コミュ障の人
  • 生意気な性格
  • 我慢ができない人
  • 行動力がない
  • 一人を好む人
  • 思いやりがない
  • まとめ

1. 自分のことしか考えられない人

自分のことしか考えられない人

基本的に気遣いや気配りができない人は自分を優先している傾向があります。 恋人がケガしていても「俺にどうしろっていうんだよ」と言う方も中に入るため、そういった人とはなるべく付き合わないほうがいいかと考えられます。

2. 空気が読めない

空気が読めない

空気が読めない人は気配りするタイミングをよく理解していない傾向があります。 もしあなたがその人を好きでしたら素直にこういったときに気遣ってほしいと言うのも一つの手です。 こういった人は言わないと理解してくれません。

3. 興味関心が薄い

興味関心が薄い

どんなことにも興味をあまり持たなかったりする人は気遣いをするのが苦手な傾向があります。 こういった方たちには言っても効果がないことがあるので、付き合うのでしたら十分気を付けたほうが良いでしょう。

4. 鈍感な人

鈍感な人

鈍感な人は何が気遣いで何が気配りなのかきちんと理解していない場合があります。 そういった場合は、きちんと教えてあげると良いでしょう。 教えてあげることにより、あなたの体調などにも気が付いてもらえると考えられます。

5. 社交的でない

社交的でない

社交的でない人は他人とあまりかかわりたくないという考えを持つ方が多いです。 そのため、他人にどのように気を遣えばいいのかわからない場合が多いです。 社会に出ると気遣いが重要になることが多々あります。 まずは社交的になれるように練習をしましょう

6. 友達が少ない

友達が少ない

友達が少ない場合、相手とコミュニケーションを取る機会があまりないため、どうやって気遣いをすればいいのかを学ぶことができない場合があります。 その結果、恋人ができてもどうやって気遣いをすればいいのかわからないまま付き合いいずれ破局するはめになる可能性があります。

恋人を作る前にまずは友人をたくさん作り、コミュニケーション能力を身につけましょう。 そうすれば、自然と気遣いができるようになると考えられます。

7. コミュ障の人

コミュ障の人

コミュニケーションをとることができない人のことを主に差します。 コミュニケーションをとれない人が他人を気遣うなんてまずできません。 大切な恋人に気を遣えるような存在になりたいと思うならまずはコミュ障を治すことから始めるべきです。

そうすれば、多少は気遣いができるようになると思われます。 あとは普段から気遣いができている人を真似てみるのもよいでしょう。 誰かの真似をすると、自然にどうすればいいのかわかるようになっていくはずです。

8. 生意気な性格

生意気な性格

生意気な性格の持ち主は他人を思いやることが苦手な方が多いです。 また、他人を傷つける場合も多々あります。

生意気な性格は損をすることばかりなので、今後気遣いできるようになりたいのであればまずは自分の性格から治していきましょう。 そうすれば、少しは他人のことを思いやることの大切さがわかるはずです。

9. 我慢ができない人

我慢ができない人

時には他人を気遣って我慢しなければならないことがあります。 ここで我慢ができない人は、他人を気遣うことは難しいでしょう。 社会に出れば他人に気遣うことも多々あり、我慢しなければいけないことだってあります。 なので、我慢できるように普段から練習しておくと良いでしょう。

10. 行動力がない

行動力がない

自分から積極的な行動ができない人は気遣うことができないと考えられます。 相手はこちらから行動してほしいと思っても動いてくれないことからストレスを抱えてしまう場合もあります。

そうすると向こうからしたら「気遣いができない」と思われてしまうことがあります。 そう思われないためにもどんなことにも自分から行動するのも一つの手だと考えられます。

11. 一人を好む人

一人を好む人

一人を好む人は自分のことだけを考えている傾向があり、そういった人は他人を思うことができません。 なので、まずは誰かとしゃべったりすることから始めてみるといいでしょう。 そこからしゃべることの楽しさを知ることができ、気遣うことの大切さも学ぶことができると考えられます。

12. 思いやりがない

思いやりがない

他人がケガしても「自分には関係ない」と思っている方は当然気遣いができていない方です。 他人が困っていたら助けてあげるようにしましょう。 それが恋人なら尚更です。

恋人が助けを求めているのに関係ないと思っていると相手は傷つきます。 その結果、別れることになったりすることもあります。 そうなりたくないのであれば普段から心配してあげるなどしてあげましょう。 恋人に心配されるとうれしくなるものです。

まとめ

気遣いや気配りができない人は恋人はもちろん、社会でもうまくいきません。 誰かを思いやる気持ちは人として当然の気持ちなのです。

その気持ちをなくすということは、自ら嫌われようとしているのと同じことなのです。 そうなりたくないのであれば、まずは多くの人たちとコミュニケーションをとってみましょう。 そうすることにより、人と話すことの大切さや気遣いがどれだけ重要なことなのか自然とわかるはずです。

気遣いや気配りができない人に共通する12の特徴をまとめました。


自分のことしか考えられない人

基本的に気遣いや気配りができない人は自分を優先している傾向があります。 恋人がケガしていても「俺にどうしろっていうんだよ」と言う方も中に入るため、そういった人とはなるべく付き合わないほうがいいかと考えられます。

空気が読めない

空気が読めない人は気配りするタイミングをよく理解していない傾向があります。 もしあなたがその人を好きでしたら素直にこういったときに気遣ってほしいと言うのも一つの手です。 こういった人は言わないと理解してくれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!