恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170821092651.html
いつも冷遇される人に共通する8の特徴

いつも冷遇される人に共通する8の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
いつも冷遇される人に共通する8の特徴

理不尽な目に合う. . 待遇がひどい. . という風に、なぜかいつも冷遇されてしまう人というのはいるものです。 そんないつも冷遇される人の特徴についてまとめました。



  • 優しすぎる
  • いじられキャラ
  • 成績が良すぎて目をつけられやすい
  • 見た目がよくて嫉妬されやすい
  • 不細工で異性からの人気がない
  • 自分勝手でわがまま
  • 友達が少ない、いない
  • 目上の人に対しても正々堂々とふるまう
  • まとめ

1. 優しすぎる

優しすぎる

優しすぎる人は、他者に利用され、冷遇されてしまうことがあります。 優しいから許されるだろう、見下しても平気だろうと、その優しさにつけこんで、パシリのように扱われることもあります。 怒るべき時は怒る、嫌な時は嫌だと意思表示することも大切です。

2. いじられキャラ

いじられキャラ

いじられキャラの人も、酷い扱いを受けることが多いです。 これはイジリであって、いじめではないと黙認され、行きすぎたからかいや、小突き、悪口などが続き、結局、いじめへと発展してしまうこともあります。

いじられキャラの人は、総じていつもにこにこしている人が多いです。 断る力や、拒否する力を見つけることで、そうした待遇から脱することができるでしょう。 いじる側も、調子に乗りすぎて、度を越した行動をしてはいけません。

3. 成績が良すぎて目をつけられやすい

成績が良すぎて目をつけられやすい

成績がよかったり、何でもできる人とというのは、他人からの嫉妬を受けやすい傾向があります。 自分は自慢しているつもりはなくても、やっかむ人と言うのは一定数いるものです。

それゆえに、根も葉もないうわさを立てられたり、悪口をいわれたりと、冷遇されることもあるのです。 才能がある人には、謙虚さが大切です。 そして嫉妬する側の人間も、自分の行いや感情について内省する必要があるのです。

4. 見た目がよくて嫉妬されやすい

見た目がよくて嫉妬されやすい

見た目が美しい人は、嫉妬されやすく、酷い扱いを受けることがあります。 特に女性は同性からのやっかみが強いでしょう。

本人にそのつもりがなくても 「どうせ男が守ってくれるのだから」 「異性に媚びを売っていてムカつく」 といった、妬みを受けることがよくあります。 そして、本人の性格が悪いとなおさらそうした嫉妬の念を受けやすいので、気を付けなければなりません。 ブリっ子でかわいらしい人や、自信家で高慢な美人などに対して、他の女性はよく嫉妬します。

5. 不細工で異性からの人気がない

不細工で異性からの人気がない

逆に、不細工で異性からの人気がない人も、冷遇されやすいです。 異性からは見向きもされなかったり、「ブス」だとからかわれたり、馬鹿にされたりすることもあるでしょう。

美人やイケメンとの待遇の違いに、ショックを受け憎しみを抱く人も多くいます。 どうして自分はこんな顔に生まれたんだと、落ち込む人も多くいます。 人は見た目じゃないと言いますが、結局き綺麗事でしかないのです。 しかしながら、見た目の悪口を言うのは最低の行為なので、慎むべきです。

6. 自分勝手でわがまま

自分勝手でわがまま

自分勝手でわがままな人も、他者から冷遇されることが多いでしょう。 日ごろの行いのせいなので、当然の報いですが、本人が気づいていない事も多いのです。

「どうして私ばかり. . 」「僕はなんて不幸なんだ. . 」 などと、悲劇の主人公になりきり、浸るタイプの人もいるでしょう。 自分の行動を反省せず、同じことを繰り返してしまいがちなので、さらに、冷たい扱いを受けることが多いのです。

7. 友達が少ない、いない

友達が少ない、いない

友達がいない、少ない、人脈がなく味方が少ない人も、冷遇されやすい傾向にあります。 友達がいないことや、孤独であること自体を馬鹿にする人も多くいます。 多くの人が、連れ合いいないことに不安を感じているとも言えるでしょう。

また、困った時や、ピンチの時、他者から攻撃された時に、守ってくれるような友人がいないことも、より冷遇される一因になってしまうのです。 一人でも親友がいることは有難いことであり、心強いことなのです。

8. 目上の人に対しても正々堂々とふるまう

目上の人に対しても正々堂々とふるまう

先輩の前でも、間違っていることは間違っているという人も、先輩に嫌われやすく、冷遇されることも多いです。 縦社会の強い組織などでは、そうしたことで衝突が起きたり、左遷される場合もあります。 学校の部活動でさえ、先輩に気に入られるか否かで扱いが変わることは多くあります。

しかしながら、正しさを貫ける人は稀有で貴重な存在です。 不器用ながらも、その正しさに惹かれ、慕う人もまた多くいます。 また、まっすぐぶつかってくる後輩の方が好きだ、という先輩もいるのです。

まとめ

冷遇されやすい人は、性格や行動にその原因があります。 しかし、結局のところ、冷遇するか否かは相手の勝手なのです。 いかに冷遇されても、自分のやりたい事ややるべき事を、信念を持ってできる人が一番幸せになれるのでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!