恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170820131317.html
受け流すことができない人に共通する10の特徴

受け流すことができない人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
受け流すことができない人に共通する10の特徴

ものごとを受け流すことができない人に共通する特徴をまとめてみました。 参考にしてみてくださいね。



  • 根が素直である
  • 真面目な性格
  • 感受性が強い
  • 繊細さを持ち合わせている
  • 人の気持ちを読めてしまうところがある
  • 悪意を向けられることが多い
  • 冗談が通じないところがある
  • ネガティブ思考に陥りやすい
  • トラブルに巻き込まれやすい
  • 優しいので人に利用されやすい

1. 根が素直である

根が素直である

相手の言動、起こったことに対して受け流すことができない人がいます。 本人の性質がまっすぐで純粋、そして素直な人が多いです。 素直というのはいい面もありますが、悪い面もあります。

行き過ぎればワガママ、頑固にも繋がってしまうからです。 受け流すことができない人は何でもそのまま受け取ってしまうのです。 適当に聞き流す、心の中で馬鹿にする、そういった腹黒さを持っている人の方が生きやすかったりするものです。

2. 真面目な性格

真面目な性格

受け流すことができない人は真面目な性格で日頃から一生懸命努力している人でしょう。 でも世の中自分が真面目で頑張っているからといって全ての人がそうとは限りません。 要領よく立ち回っている人も多いのです。

そういう人は自分にとってメリットがないことは上手に受け流すものです。 真面目な人はそれが苦手。 あらゆることに取り組もうとする、相手の意見を聞き入れようとする、結果自分が苦しくなるということが多いものです。

3. 感受性が強い

感受性が強い

受け流すことができない人は、感受性が強いのです。 ですから、いいことも悪いことも影響を受けやすく、自分のことのように真剣に考えてしまいます。 話は聞くけど相手に感情移入はしない、その場が終れば話した内容も忘れてしまう、そういった鈍感さは持ち合わせていません。 受け流すことができないことで、他の人よりも感情の揺れが大きい生活を送っているのです。

4. 繊細さを持ち合わせている

繊細さを持ち合わせている

受け流すことができない人は、傷つきやすく繊細な心であることが多いのです。 攻撃的な性格を持っているタイプは相手へ言い返す、怒るなどで対応できますが、大人しい性格の持ち主になりますと、自分の中に貯め込んでしまっていつの間にか病んでしまう、ストレスを溜めてしまうということになります。 いずれにしても、繊細で感情が敏感に反応してしまうのです。

5. 人の気持ちを読めてしまうところがある

人の気持ちを読めてしまうところがある

受け流すことができない人は、相手の言動から本心を読めてしまうところがあります。 同じ言葉を言われても何も気にしない人もいますが、受け流すことができない人はつい深読み、裏読みをしてしまうのです。

周りからは「考えすぎじゃない」「気にしすぎ」と言われることが多いのですが、本人からしたら周りが鈍感すぎると思っています。 人の気持ちが読めるというのは便利なようで実は傷つくし疲れるものなのです。 人間不信になってしまう人もいます。

6. 悪意を向けられることが多い

悪意を向けられることが多い

受け流すことができない人というのは、もともと妬まれやすい、絡まれやすいところがあります。 他人から構われたくないと思っているのに悪意を向けられることが多く、結果的に軽く流すことができない、重く受け止めてしまう、悩んでしまうということになります。

7. 冗談が通じないところがある

冗談が通じないところがある

もともと、自分に自信がない、余裕がない時というのは冗談を言われても笑えませんし、大らかには受け止められません。 受け流すことができない人というのは性格的に自分に自信がなかったり、コンプレックスがあったり、何か悩み事があるのかもしれません。 人から言われたことも受け流せず、自分を責めてしまう傾向があります。

8. ネガティブ思考に陥りやすい

ネガティブ思考に陥りやすい

受け流すことができない人は、「どうせ自分は」とか「自分はダメなんだ」とネガティブになりがち。 楽観的になれず、執着心が強い人は、どうしても一つのことをサラリと受け流せずいつまでも同じことを考えてしまいます。 自分が言われたこともそうですが、相手にもいつまでも同じことを言い続けたり責めたりする面もあります。

9. トラブルに巻き込まれやすい

トラブルに巻き込まれやすい

受け流せない人の特徴に、その性格が災いして人間関係のトラブルに巻き込まれやすいという面があります。 通常は何か言われて腹が立っても無視をする、関わらないといった方法でトラブルになりそうなことから遠ざかろうとします。

受け流せない人は、後先のことを考えずに腹が立ったらその怒りを相手や対象にぶつけてしまいます。 そして新たな恨みやトラブルを増やしてしまうのです。 また類は友を呼び、同じようなネガティブ思考の人を引き寄せてしまうことにも繋がります。 それを断ち切るには、悔しくても受け流して忘れる、自分とは関係がないと関わりを持たない、それが一番の方法なのです。

10. 優しいので人に利用されやすい

受け流すことができない人は優しくて人に利用されやすい特徴があります。 見た目はあまり関係ありません。 一見怖そうに見える人でも話したらお人好しすぎるような人はいくらでもいます。 また自分が利用されていると疑うこともなく、言われるままに信じてしまうところがあります。

都合のいい話を持ち掛けてくる人は適当に受け流しておく、そういう対応をする人の方が多いでしょう。 ですが受け流すことができない人というのは自分が関わった相手のことはつい面倒を見てしまうという部分があるのです。 優しい性格を都合よく使われて実は騙されていたなんてこともあります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!