恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170819162057.html
クレーム受けやすい人に共通する10の特徴

クレーム受けやすい人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
クレーム受けやすい人に共通する10の特徴

クレーム受けやすい人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 人の目を見て話さない人
  • 返事を適当にしている人
  • 真面目に作業に取り組んでいない人
  • 文句ばっかり言ってる人
  • 人の揚げ足を取ろうとしている人
  • 気が弱そうな人
  • 話を聞いてくれそうな人
  • 声が小さい人
  • 自分が悪くなくても悪いと認めてしまう人
  • 反省をしなさそうな人

1. 人の目を見て話さない人

人の目を見て話さない人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、人の目を見て話さない人が特徴として挙げられます。 きちんと人の目を見て話す人は、大きなトラブルに巻き込まれて心配はありません。 しかしながら人の目を見て話さずに返事だけ適当にしている人は、反感を受けやすくクレームにつながってしまう可能性があります。

2. 返事を適当にしている人

返事を適当にしている人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、返事を適当にしてる人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 人の話をしっかりと聞いて返事をしている人は、クレームを受けてしまう心配がありません。 しかし聞いているのか聞いていないのかよくわからないような返事をしている人は、思わずクレームを言いたくなってしまう人が多いです。

3. 真面目に作業に取り組んでいない人

真面目に作業に取り組んでいない人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、真面目に作業に取り組んでいない人もクレームを受けやすい人の共通する特徴と言えるべき点です。

真面目に作業をしている人は応援したくなるものの、足を引っ張っていたり真面目に作業していない人を見つけてしまうと、ちゃんと作業をしてほしい気持ちからついついクレームを言いたくなってしまうのです。 すべてがよくなるためとクレームの対象になることがあります。

4. 文句ばっかり言ってる人

文句ばっかり言ってる人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、人が文句ばかり言ってる人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 文句ばかり言う人は、誰彼構わずいちゃもんをつけたり何に対しても文句を言うなど、クレームにつながりかねないことばかり起こしてしまいます。 文句ばっかり言うのではなく、クレームを受けないようにすることが大切です。

5. 人の揚げ足を取ろうとしている人

人の揚げ足を取ろうとしている人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、人の揚げ足ばっかり取ろうとしている人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 人の揚げ足ばっかり取るとしているために、周りの人的増してしまうのです。

人の揚げ足ばっかり取っていたせいで、今度はいろんな人に揚げ足を取られてしまったり、クレームの対象になるようなことを見つけられてしまうなど、厳しく追及されてしまいます。

6. 気が弱そうな人

気が弱そうな人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、気が弱そうな人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 クレームを言う側からすれば、気が弱そうな人が相手であればどんな内容であっても受け止めてくれる可能性が高いので、自分の意見を貫き通すためにも気の弱い人にクレームを伝えようとするのです。 気が弱い人は責められたとしても自分の意見を言おうとしたり、本当は悪くないのにそれを伝えることができないため、いいように利用されてしまうのです。

7. 話を聞いてくれそうな人

話を聞いてくれそうな人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、話をよく聞いてくれそうな人クレームを受けやすい人に共通する特徴です。 話をよく聞いてくれる人であれば、自分の意見もしっかりと上層部に伝わる可能性が高いと睨んでいるのです。

そのため、相槌が良かったり話をしっかり聞いてくれるような人を選んではクレームを言ってくる人もいます。 狙っているかのようにクレームを言う時にターゲットにされてしまうため、気をつけなければなりません。

8. 声が小さい人

声が小さい人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、声が小さい人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 声が小さいとしっかり話を聞いているのか分からずに、クレームを言っている方を怒らせてしまう可能性があります。

そのためにも声をしっかりと出すことによってちゃんとコミュニケーションを取り、自らクレームを受けないように対策をすることも大切です。

9. 自分が悪くなくても悪いと認めてしまう人

自分が悪くなくても悪いと認めてしまう人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、自分が悪くなくても悪いと認めてしまう人が当てはまります。 クレームを受けてしまったときに、自分は悪いわけでは無いけどめんどくさくて自分が悪いと認めてしまうような人は、クレーマーを調子に乗らせてしまう可能性が高いです。

この人に言えば必ず自分のクレームを認めてもらえると思われてしまう可能性が高く、返事をしていてもしっかりと違うと思うところでは違うと伝えたり、何もかも認めずにしっかりと話を聞いて応戦することが大切です。 わけのわからないクレームは対応することが難しいものの、聞いていておかしいと感じるクレームに関しては、しっかりと話し合うなければなりません。

10. 反省をしなさそうな人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、反省をしなさそうな人はクレームを受けてしまう共通点と言えるべき項目です。 クレーマーがどんなに注意しても、受け流すのが得意なために返事をするものの全く心に響いていないのです。

その態度がばれてしまった瞬間に、クレーマーの態度も大きく変わります。 何も響いてないと感じた瞬間にこれまで以上に怒鳴りつけてクレーマーを伝えてくる可能性が高いので、嘘でもちゃんと反省をしているそぶりを見せることが大切です。

クレーム受けやすい人に共通する10の特徴をまとめました。


人の目を見て話さない人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、人の目を見て話さない人が特徴として挙げられます。 きちんと人の目を見て話す人は、大きなトラブルに巻き込まれて心配はありません。 しかしながら人の目を見て話さずに返事だけ適当にしている人は、反感を受けやすくクレームにつながってしまう可能性があります。

返事を適当にしている人

クレームを受けやすい人に共通する特徴で、返事を適当にしてる人もクレームを受けやすい人に共通する特徴です。 人の話をしっかりと聞いて返事をしている人は、クレームを受けてしまう心配がありません。 しかし聞いているのか聞いていないのかよくわからないような返事をしている人は、思わずクレームを言いたくなってしまう人が多いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!