恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170819110808.html
キャッチに捕まりやすい人に共通する10の特徴

キャッチに捕まりやすい人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
キャッチに捕まりやすい人に共通する10の特徴

キャッチに捕まりやすい人に共通する10の特徴をまとめました。

  • ゆっくり歩いている人
  • 歩きスマホ
  • きょろきょろしながら歩いている
  • スタイルや容姿が完璧ではない
  • 地味でおとなしそうな人
  • 自分はかわいいと思っていそうな人
  • コピーのバッグを持っている人
  • 無防備な人
  • 金髪の中心部がプリンになっている人
  • 背が低く小柄な体型

1. ゆっくり歩いている人

ゆっくり歩いている人

キャバクラのキャッチは、一人でゆっくりと歩いている人をねらっています。 早歩きで歩いている人というのは、声をかけても無視されてしまう可能性が高く、逃げられてしまいますが、一人でゆっくりと歩いている人というのは、時間にも余裕があると思われ、話を聞いてくれる可能性が高いため、声をかけられてしまいます。

しつこくキャッチに捕まった場合には、とにかく急いでいるといって逃げるのが一番です。 それでもしつこくついてきた場合には、相手の言うことを何度も聞き返すと、だんだん向こうがいらいらしてきて、自然と離れていきます。

2. 歩きスマホ

歩きスマホ

歩きながらスマホをいじっている人は、自分は声をかけられないと思っているかもしれませんが、これは、道を聞くなど通常の声かけが少ないだけで、歩きスマホをしている人というのは、周囲に警戒をしていないことが多いため、キャッチに捕まりやすい人といえます。

また、スマホで大きな声で電話をしたり、馬鹿笑いをしているような女性というのは、自己顕示欲の塊のように感じるため、キャッチの声かけの対象となってしまいます。

3. きょろきょろしながら歩いている

きょろきょろしながら歩いている

初めて行く場所などで、きょろきょろと周囲を見ながら歩いていると、地方から上京してきた人だと思われてしまい、キャッチは声をかけやすい状況となります。

4. スタイルや容姿が完璧ではない

スタイルや容姿が完璧ではない

エステや化粧品のキャッチなどは、完璧な容姿の人には声をかけず、もうちょっとという人に声をかけます。 これはエステなどをすすめやすいからで、完璧な容姿の人はもうその必要はありませんから、そもそも声をかけても興味をもってくれません。

また、服装がスウェットやジャージで歩いている女性は、キャッチに捕まりやすい人の特徴といえます。 こういったファッションはルーズなイメージを与えてしまい、言うことを聞いてくれるように感じさせてしまいます。 また、ヒールで急ぎ足で歩いている女性は声をかけずらいものですが、スニーカーでのんびりと歩いている人は、声をかけやすいといえます。

5. 地味でおとなしそうな人

地味でおとなしそうな人

あまり男性と話したことがなさそうな、地味でおとなしそうな人というのは、キャッチにねらわれやすい人といえます。 ちょっとしたイケメンに声をかけられただけで、どきどきしてしまい、すぐについて行ってしまいます。

6. 自分はかわいいと思っていそうな人

自分はかわいいと思っていそうな人

自分のことに自信があり、かわいいと思っている女性というのは、自尊心をくすぐれば簡単です。 こういった女性は、キャッチの方からすると、落としやすい女性といえ、自尊心をくすぐってあげるだけで、意外と簡単に落ちてしまいます。 そのままおだてれば、お店に連れて行くことも可能です。

7. コピーのバッグを持っている人

コピーのバッグを持っている人

若い女性の場合は、お金がないために、コピー品でも我慢していたり、手頃な品を持っていますが、キャッチはそういったところに目をつけて、お店で働けばすぐにお金を稼ぐことができて、本物のブランド品をたくさん買うことができると、言葉巧みに誘います。

キャッチやスカウトマンというのは、キャッチするだけでお金をもらえるというわけではなく、女性を紹介し、入店して、そこで稼いだ金額の一部がバックされますから、実際にキ働いてもらう必要があります。 そのため、声をかけるのは、ルックスや仕草、ファッションだけではなくお金に困っていそうな人を見抜く目も持っています。

8. 無防備な人

無防備な人

賢そうな女性な場合、キャッチをしても逃げられてしまったり、逆に言いくるめられる可能性がありますが、なんとなく無防備な雰囲気を出している女性というのは、キャッチに捕まりやすい人といえます。

9. 金髪の中心部がプリンになっている人

金髪の中心部がプリンになっている人

金髪に染めているという人は、ある程度ファッションに興味がある人といえますが、伸びてきた部分をそのままにしている人というのは、美容院に行くお金がない人だと思われてしまい、声をかけられることがあります。

プリンは、長い間美容院へ行っていない証拠で、それだけでルーズな印象を与えてしまいます。 また、美容院に行くお金がなく、お金に困っていると見られてしまいます。 こういった場合には、繁華街に行く時には、帽子をかぶるなどして対策をとるとよいでしょう。

10. 背が低く小柄な体型

モデルのようにすらっとした美人は、キャッチも声をかけずらい雰囲気を醸し出していますが、キャッチよりも小柄な女性の方が、話しかけやすい傾向にあります。

キャッチに捕まりやすい人に共通する10の特徴をまとめました。


ゆっくり歩いている人

キャバクラのキャッチは、一人でゆっくりと歩いている人をねらっています。 早歩きで歩いている人というのは、声をかけても無視されてしまう可能性が高く、逃げられてしまいますが、一人でゆっくりと歩いている人というのは、時間にも余裕があると思われ、話を聞いてくれる可能性が高いため、声をかけられてしまいます。

しつこくキャッチに捕まった場合には、とにかく急いでいるといって逃げるのが一番です。 それでもしつこくついてきた場合には、相手の言うことを何度も聞き返すと、だんだん向こうがいらいらしてきて、自然と離れていきます。

歩きスマホ

歩きながらスマホをいじっている人は、自分は声をかけられないと思っているかもしれませんが、これは、道を聞くなど通常の声かけが少ないだけで、歩きスマホをしている人というのは、周囲に警戒をしていないことが多いため、キャッチに捕まりやすい人といえます。

また、スマホで大きな声で電話をしたり、馬鹿笑いをしているような女性というのは、自己顕示欲の塊のように感じるため、キャッチの声かけの対象となってしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!