恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170819094727.html
指示を出すのがうまい人に共通する10の特徴

指示を出すのがうまい人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
指示を出すのがうまい人に共通する10の特徴

指示を出すのがうまい人にはいくつかの特徴がありますが、ここではそのうちの10個について述べています。



  • 物事を理解している
  • 短い説明
  • 簡単な言葉を使う
  • 確認する
  • ゆっくり話す
  • 目を見て話す
  • 「お願いします」と言う
  • 目標を持たせる
  • 意見を聞く
  • 怒らない

1. 物事を理解している

物事を理解している

指示を出す本人が物事をしっかりと理解していなければ、他の人に何かを行うよう指示することはできません。 そのため物事をよく理解していない人の指示は目的がぼやけてしまい、何を行ったらよいのかが周りに伝わらないことがあります。

しかし物事をしっかりと理解している人は明確な指示を与えることができるために、それを受けた人は何を行うべきかを把握できるのです。

2. 短い説明

短い説明

口頭で指示を出す場合、それがあまりに長いと理解されないことがあります。 それも当然でしょう。 なぜなら長い文章を頭に叩き込まなければならないために、長い文章であればあるほど覚えるのが大変なのです。

しかし指示が上手な人はこの点を心得てます。 そのためできるだけ不要な言葉を省くようにし、短い言葉で指示を出すのです。 そうすることで聞く人たちが指示をしっかりと頭に叩き込むことができ、容易に行動に移すことができるのです。

3. 簡単な言葉を使う

簡単な言葉を使う

頭がいい人や多くの知識を有している人は様々な言葉を知っています。 そのため会話の中でも難しい言葉を使うことがあるかもしれません。 もし指示を出したり何かをお願いする場合、このような難しい言葉を使うなら相手に意図が伝わらないことがあります。

このような点を考慮し、指示を出すのが上手な人はあえて難しい言葉を使いません。 誰もが知っており、理解されやすい言葉を使って指示を出すのです。

4. 確認する

確認する

どんな人でも与えられた指示を完璧に覚えられないことがあります。 また指示を聞き違えてしまうこともあります。 こうした状況が生じると、理解されやすい指示が与えられたとしても指示者の意図がしっかりと伝わっていないことになります。

こうした状況を考慮し、指示を出すのが上手な人は確認を怠りません。 今自分が与えた指示がどのようなもので、何を行ってほしいのかの指示を与えた人の口から聞くようにするのです。 このようにすることで指示が確実に伝わっているかを知ることができるのです。

5. ゆっくり話す

ゆっくり話す

指示を与える人が早口で話す場合、それを聞き取ることができない人もいます。 これは当然のことでしょう。

こうしたことを考慮し、誰もが聞きやすいスピードで話すように心がけている人がいます。 このような話し方をしてくれるなら聞いている人は耳を傾けやすく感じます。 そして与えられている指示をしっかりと理解できるのです。

6. 目を見て話す

目を見て話す

さりげなく与えられた指示よりも、これが重要な指示であるということをにおわせるような仕方で与えられた指示の方が、しっかりと従わなければならないという印象を抱かせます。

また指示を与える人がそれを受ける人を信頼していることを示すなら、やる気が湧いてくることでしょう。 こうした気持ちは相手の目を見て話すことによって伝えることができます。 指示を出すのが上手な人はこの点を理解しています。 そのため相手の目を見て話し、指示を与えるのです。

7. 「お願いします」と言う

「お願いします」と言う

指示を与える人が「これは命令である」といったような態度を取るなら、それを受ける人は気が委縮してしまったり、指示者の態度が高慢であると感じてしまい、その指示に従いずらくなることがあるかもしれません。 指示を出すのが上手な人は、この点を承知しています。

もちろん指示を出しているわけですから、多くの場合その人はそれを受ける人たちよりも高い地位に就いていることでしょう。 しかし先にも述べたようにこうした点を誇張するなら、周りの人は指示に従いにくく感じてしまいます。 そのたえ指示が上手な人は最後に必ず「お願いします」と言ってへりくだった態度を示すのです。

8. 目標を持たせる

目標を持たせる

指示を与えた後、それを行う意欲を起こさせる必要があります。 そのようにするために与えた指示を達成するための期限を設定する人がいます。 このようにすることでいつまでに指示されたことを完了させなければならないかが明確になり、やる気が生じるのです。

もちろんこのときに圧力をかけるのではなく、「あなたならできる」という信頼関係があることを示しつつ、期限について知らせるようにするのです。

9. 意見を聞く

意見を聞く

自分が指示を与え、その後すぐにそれに取り掛かるように述べるなら、相手は混乱してしまうかもしれません。 場合によってはわかりやすい指示であってもそれが理解されないことがあります。 また聞き手が緊張しており、指示がしっかりと頭に入ってこなかったというケースも存在します。 指示を出すのが上手な人は、この点を心得ています。 そして聞き手に意見を述べる場を設け、質問などを受け入れているのです。

10. 怒らない

指示を出す人とそれを受ける人との間に信頼関係があれば、仕事はスムーズに行われます。 しかし指示を与える人が高慢であるなら、それを受ける人は自分の意見を述べることができなくなってしまいます。 こうした状況は物事の進行を滞らせます。

こうしたことを理解し。 指示を上手に出す人は決して怒りません。 もちろん咎めるべきことが生じればそれを指摘しますが、意図的でなければ相手を威圧するような怒り方はしないのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!