恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170818172625.html
人の傷口に塩を塗る人の特徴

人の傷口に塩を塗る人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人の傷口に塩を塗る人の特徴

人の傷口に塩を塗る人に共通する10の特徴をまとめました。



  • 空気を読まない
  • 他人に興味がない
  • 悪気はなく思ったことを口にしてしまう
  • 足並みを乱す言動をとる
  • 見た目に関する話をする
  • 言いにくいことも言ってしまう
  • 他人に興味がない
  • デリカシーがないとは気づいていない
  • 改めようという意識がない
  • 世間知らず

1. 空気を読まない

空気を読まない

人の傷口に塩を塗る人は、空気やその場の雰囲気を読むことができないという点があげられます。

落ち込んでいる人がいて、周囲の人が慰めていたとしても、人の傷口に塩を塗る人は、落ち込んでいる人がさらに落ち込むような言動を言ってしまいます。

自分を守るためだけに、気持ちを集中させている人は、周囲の空気を読む余裕がないまま、つい口に出してしまうことがあります。

その結果、人の傷口に塩を塗ってしまうことが多く、無神経な発言をする人というレッテルをはられてしまうことにつながります。

また、その場の雰囲気になじめず、その場の雰囲気に心を惑わされることを避ける人もいて、場の雰囲気に巻き込まれることを避ける、自己保身が働いています。

こういった人は、あえて、その場の雰囲気を読まずに無視をして、場を壊す発言をすることがあります。

2. 他人に興味がない

他人に興味がない

他人に興味がない人は、周囲の人に対して興味がありませんから、デリカシーがない言動がとれます。

ただ、周囲に興味がないため、他人を蹴落とそうとしたり表裏がある行動はすくないといえますが、傷口に塩を塗る言動をしてしまうため、誰に対しても同じようなデリカシーがない言動をとってしまいます。

3. 悪気はなく思ったことを口にしてしまう

悪気はなく思ったことを口にしてしまう

人の傷口に塩を塗る人の中には、全く悪気はなく思ったことを口にしてしまい、結果的に傷つけてしまうというケースも少なくありません。

周囲の人の心を傷つけているにもかかわらず、気づかない悪気がない行動をする人は、扱いが難しいといえます。

こういったタイプの人は、自分の行動で人の心を傷つけているにもかかわらず、全く認識できずにいるため、自分に向けられた注意の言葉には耳をかさず、他人事のように聞き流してしまいますから、手に負えないといえます。

悪気はないと思って行動する人は、自分は正しい、間違っていないと思いこんでいますから、自分の行動を反省する意識はありません。

そのため、周囲からのアドバイスも認識することができず、自分の行動を反省する意識が起こりません。

4. 足並みを乱す言動をとる

足並みを乱す言動をとる

人の傷口に塩を塗る人というのは、自分の考えやペースを第一に考えることが多いため、周囲の人との意識違いやギャップに無関心になっている人といえます。

周囲の人の考えや感情に興味を抱くような心配りをしないため、自分本位の言動になってしまい、周囲とトラブルが起こることもあります。

5. 見た目に関する話をする

見た目に関する話をする

人の傷口に塩を塗る人というのは、自身の性格や欠点を、周囲の人に知られないように隠すため、外見にこだわった話に終始する人がいます。

また、交友関係も少ない人というのは、話題も乏しく、見た目の話を安易に話題に持ち込む傾向があります。

見た目に関する話題というのは、後味のよくない空虚な気持ちになって行きますから、見た目を話題にする人というのは、人の傷口に塩を塗る人といえます。

6. 言いにくいことも言ってしまう

言いにくいことも言ってしまう

周囲の気持ちや考えに無神経で、人の傷口に塩を塗ってしまう人というのは、自分の存在感を誇示するために、言いにくいことも言ってしまうことがあります。

言いにくいことというのは、心を傷つけ、傷口に塩を塗るということですから、通常良識のある人なら、言いにくいことは言わないように心配りをします。

ただ、デリカシーがなく人の傷口に塩を塗る人というのは、自ら発した言葉で、人の心を傷つけてしまうことに無神経です。

こういった誰に対してもデリカシーのない言動をとってしまう人というのは、心が幼く、外見は大人であっても、心の年齢は反抗期の子供のようです。

また、孤独で寂しい人は、人目を引くために、あえてデリカシーのない、人の傷口に塩を塗るような暴言を吐くこともあります。

7. 他人に興味がない

他人に興味がない

デリカシーがなく、自分を守ることを第一に考えている人は、自身の保身に集中しているため、周囲の人の存在にまで心を向けるという余裕をもっていません。

そのため、自分本位で他人の気持ちや感情に興味を持つことはしませんから、自己中心的な人と見られてしまいます。

こういった他人に興味がない人というのは、孤独な人ともいえます。

8. デリカシーがないとは気づいていない

デリカシーがないとは気づいていない

人の傷口に塩を塗ってしまう人は、自分自身がデリカシーがないとは全く自覚できないまま、年齢を重ねてきた人といえます。

こういった無自覚な人に注意をしても、まったく聞く耳をもたないため、馬耳東風となってしまいます。

9. 改めようという意識がない

改めようという意識がない

人の傷口に塩を塗る人は、自分の考えは正しくて疑う余地がないという思いこみに凝り固まっています。

少しでも自分の言動がデリカシーがなかったと思っていれば、改めようという意識が働きますが、無自覚ですから、自分の言動がどれだけ周囲の人に影響を与えているかを顧みることができません。

10. 世間知らず

人の傷口に塩を塗る人は、世間知らずで自分の考えや発言が優れていると勘違いしている人です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!