恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170818134907.html
食い気味に話す人の特徴

食い気味に話す人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
食い気味に話す人の特徴

食い気味に話す人に共通する10の特徴をまとめました。



  • 早く結論をだしたがる
  • 忙しくないと気が済まない
  • 仕事や用事はすべて最優先
  • 自分の気持ちが中心
  • 完璧主義者
  • 親の教育の影響
  • 時間を無駄にするのが嫌い
  • ほかにもやりたいことがあり、気持ちがそっちにいっている
  • 早口で話す
  • 結果を早く知りたがる

1. 早く結論をだしたがる

早く結論をだしたがる

食い気味に話す人というのは、人の話を最後まで聞くことなく、結論を急ぐ傾向があります。

特に、相手がゆっくりと話をするような人や前置きが長い人の場合には、いらいらしてしまい、自分の理解の範囲内でまとめてしまうこともあります。

焦る気持ちやいらいらとした落ちつかない気持ちが続くような時には、相手が言おうとしていることを、最後まで言い終えるまで、黙って耳を傾けることが大切です。

2. 忙しくないと気が済まない

忙しくないと気が済まない

せっかちな人というのは、いつもやらなければいけないことで頭がいっぱいになり、なにもせずに時間を過ごすことが苦手です。

つねに用事をこなしていくことで、心が落ち着くような性格ですから、起きている間は義務感に縛られていると感じています。

こういったひとは、人の話を最後まで聞くことができず、常にせかせかとしているのが特徴です。

こういったタイプの人は、ストレスもたまってしまいますから、強制的に休憩の時間をとることが必要です。

できれば、時間を決めて10分程度でもくつろぐ作ってみるとよいでしょう。

3. 仕事や用事はすべて最優先

仕事や用事はすべて最優先

食い気味に話す人というのは、せっかちな人が多く、仕事や用事の優先順位をつけることが難しく、どれも急がないといけないと思ってしまい、焦ってしまう傾向があります。

そのため、まだ仕事の締め切りには余裕があるにもかかわらず、すべてのことを同じように最優先だと考えてしまい、余計に仕事がいっぱいいっぱいになってしまいます。

こういった人は、臨機応変に対応するように、最低限やっておかなければいけないことを3ついないに絞って考えるとよいでしょう。

4. 自分の気持ちが中心

自分の気持ちが中心

食い気味に話す人というのは、気持ちに余裕がないため、自分を中心に考えて行動や言動を起こすという特徴を持っています。

全く悪気はなく、焦燥感にかられているため、自分のことをこなすだけで精一杯となっています。

こういった状態に気づいた場合には、自分の意見を人に言う前に、相手の考えや希望を聞くことを優先するように、行動パターンを変えてみるとよいでしょう。

また、心にも少し余裕が持てるように、笑顔を忘れないようにしましょう。

5. 完璧主義者

完璧主義者

食い気味に話す人は、完璧主義者であることが多く、少しのミスも許されない考える傾向が強く、あらゆることを計画通しに進められるように、リサーチや準備を万全に進めているため、常に気が休まることがありません。

こういった緊張感が常に続いていると、人間らしい感情や感覚が薄れてしまうことがあります。

食い気味に話す人は、知らず識らずのうちに、自分を追い込んでいることがありますから、ストレスを抱えてしまうことも少なくありません。

6. 親の教育の影響

親の教育の影響

食い気味に話す人は、生まれたときからそういった性格であったわけではなく、成長するにつれてその傾向がでてきたと考えられます。

特に、親の影響が大きく、小さい時から24時間一緒にいる親はもっとも身近な存在で、そんなに急ぐ必要がなくても、あわてて話したり、食べたりしてしまい、せっかちな性格となってしまいます。

せっかちは、必ずしも悪いことではありませんが、それによって損をしてしまうこと少なくありません。

7. 時間を無駄にするのが嫌い

時間を無駄にするのが嫌い

食い気味に話す人は、せっかちですから、時間を効率よく利用したいと考えている人も少なくありません。

日頃から仕事のスピードが遅く、自分が予定しているよりも時間がかかってしまったり、もっと効率よく仕事をして成果をあげたいと思っている人も少なくありません。

せっかちな人というのは、神経質で常にいらいらしていて、時間の概念が著しく欠如しているため、計画性に欠けるというのが特徴となっています。

8. ほかにもやりたいことがあり、気持ちがそっちにいっている

ほかにもやりたいことがあり、気持ちがそっちにいっている

せっかちな人は、やりたいことがたくさんあり、それらを早く片づけてしまいたいため、話すときにも食い気味に話してしまいます。

小さくても、その成果を積み重ねて、自分も安心して、次の仕事に進みたいと思っていますから、やったことの成果が出ていなくても、成果の判明が遅れていることに問題があって、自分は決して悪くないと思いこんでしまい、次の仕事に気持ちがいってしまっています。

通常なら、優先事項から手をつけていく必要がありますが、食い気味に話すせっかちな人というのは、細かいことから重要なことまでを、一緒に進めてしまい、効率よく仕事をこなすことができなくなってしまいます。

9. 早口で話す

早口で話す

早口で話す人は、相手を楽しませなければというように、結論を焦ってしまう傾向にあります。

特に、頭の回転が早い人は、次々と話したいことがあふれてくるため、気持ちも焦ってしまい、早口になって、食い気味に話してしまいます。

10. 結果を早く知りたがる

食い気味に話す人は、結果を早く知りたがる傾向にあり、何かの試験を受けても、結果がでるまでは時間がかかってしまいますが、その間そわそわとして落ち着きがありません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!