恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170811134957.html
お酒で失敗する人に共通する10の特徴や失敗

お酒で失敗する人に共通する10の特徴や失敗 | 恋のミカタ

恋のミカタ
お酒で失敗する人に共通する10の特徴や失敗

アルコールは飲み過ぎなければ、楽しい気分になりますし、適量は百薬の薬とも言われます。 しかし、お酒に飲まれてしまうと、恥ずかしい失敗をしてしまったり、暴力を振るって周りに迷惑をかけてしまう場合もあります。 お酒で失敗しやすい人の特徴とは、どのようなものがあるのでしょうか。

  • アルコール依存症の人
  • 一気飲みをする人
  • 翌日に前日の記憶がないタイプ
  • 飲むと直ぐに眠くなってしまうタイプ
  • 泣き上戸なタイプ
  • 飲むと下品な話をしてしまうタイプ
  • 誘惑に弱いタイプ
  • 飲むと気分が大きくなるタイプ
  • 今、辛い状態にある人
  • キス魔になるタイプ

1. アルコール依存症の人

アルコール依存症の人

アルコール依存症になっていると、自分の適量を超えてもどんどん飲んでしまいます。 また、お酒を飲まないと落ち着かなくなったり、暴言、暴力を振るってしまう場合もあります。

お酒の量をコントロール出来なかったり、仕事に支障が出ている人(お酒のせいでの遅刻が多い、ミスを多発するなど)は、アルコール依存の可能性があります。 周りに、もし、そのような症状の人がいる場合は、冷たい視線を注ぐのではなく、治療を勧めてください。

2. 一気飲みをする人

一気飲みをする人

このタイプの人は、断れないタイプに多いかもしれません。 一気飲みを繰り返すと、気分が悪くなり、飲み会後半はトイレにこもっているのではないでしょうか。 初めの方は、気持ち良く酔えているかもしれませんが、一気飲みは、急性アルコール中毒に陥る可能性もあり、最悪死んでしまうこともあります。 お酒の失敗で、命を落としてしまうことのないように、気をつけなければいけません。

3. 翌日に前日の記憶がないタイプ

翌日に前日の記憶がないタイプ

これは、本人は覚えていないかもしれないですが、とんでもない失敗をしている可能性があります。 また、自分は覚えていないので、翌日の周りの視線が怖いところです。 また、記憶がなくなるほど飲んでいると、周りから「潰れているな」とわかります。

うまく利用されて、お金を払わされたりしているかもしれません。 また、このタイプの人は飲んでいる最中に、決して約束ごとをしないようにしてください。 翌日覚えていないので、他人からの信用を失う恐れがあります。

4. 飲むと直ぐに眠くなってしまうタイプ

飲むと直ぐに眠くなってしまうタイプ

このタイプは結構多いと思います。 道で寝てしまうというのはちょっと論外ですが、電車の降車駅を何度も寝過ごし、往復を繰り返してしまった。 とか、終点まで行ってしまって、自宅に帰るダイヤがなくなってしまった。 という失敗をしている人は、結構いるのではないでしょうか。

直ぐに眠たくなる人は、帰り道に十分気をつけなければなりません。 誰かと一緒に電車に乗ったり、タクシーで帰った方が良いでしょう。 また、女性の場合は、事件に巻き込まれてしまう可能性も、十分にあり得るので注意してください。

5. 泣き上戸なタイプ

泣き上戸なタイプ

飲みの席で、悲しい話題や、辛い話、愚痴を言うのはやめた方が良いです。 泣き上戸の人は、いつもは心の奥底にしまっている、悲しさや辛さが湧き上がってきて、泣いてしまうかもしれません。 せっかくの楽しい飲み会の席で、泣かれてしまっては、周りの人たちも戸惑ってしまいます。

また、翌日恥ずかしい思いをするのは自分です。 そのような話題は出さないようにしてください。 泣き上戸の人は、楽しい会話、面白い会話、ポジティブな会話を心がけるようにしてください。

6. 飲むと下品な話をしてしまうタイプ

飲むと下品な話をしてしまうタイプ

これは、女性に大変嫌われるタイプです。 特に、職場の女性に下ネタ連発で、下品な会話を繰り返してしまうと、翌日以降が大変です。 職場での人間関係も壊し兼ねません。

また、初めて会った女性との会話を盛り上げようとして、だんだん下ネタばかりになり、女性が恥ずかしがっている姿も楽しい・・・と続けていると、嫌われてしまう可能性がかなり高いです。 もしかすると、お店にクレームが入り、出禁になってしまうかもしれません。

7. 誘惑に弱いタイプ

誘惑に弱いタイプ

このタイプに人は、飲みに誘われるとホイホイついて行ってしまったり、注がれるがままに、飲んでしまう傾向があります。 「ちょっとくらい」、「もう少し」、「まだ飲める」そのような、繰り返しが、失敗を呼びます。 誘惑に弱いタイプは、禁酒も失敗しやすい傾向があります。

8. 飲むと気分が大きくなるタイプ

飲むと気分が大きくなるタイプ

このタイプは、飲みに行って散財してしまうタイプです。 何か良いことがあると、お店にいる全員に奢ってしまったり、太っ腹になる傾向があります。 お財布事情と相談しながらにしてください。 翌日後悔することになります。

また他にも、普段はおとなしい人が、酔っ払いやナンパに絡まれて説教をし出すこともあります。 これは、場合によっては尊敬されるかもしれませんが、それに暴力などがついてくると、翌日から「怒らせてはいけない人」として、恐れられる可能性があります。

9. 今、辛い状態にある人

今、辛い状態にある人

この状態にある人は、精神的に落ち込んでいる状態です。 お酒が好きな人であれば、気が収まるまで飲んだり、辛さを忘れるまで飲むでしょう。 そのときは、楽しい気分になりますが、そこまでの量を飲んでしまえば、失敗がつきものです。

酔いつぶれてしまったり、道で転んだりしないように、自宅で飲むようにしてください。 そして、たくさん飲んでも状況は変わりません。 飲み過ぎには健康の為にも注意してください。

10. キス魔になるタイプ

これは、人によっては、謝っても許してもらえない可能性があります。 もしかすると、好きな人がいる前で全く興味のない人にキスをして、恋が終割ってしまうかもしれません。 気心の知れた友人であれば許してもらえるかもしれませんが、あまり褒められたものではありません。 キス魔になってしまう前に、お酒をストップするようにしてください。

アルコールは飲み過ぎなければ、楽しい気分になりますし、適量は百薬の薬とも言われます。 しかし、お酒に飲まれてしまうと、恥ずかしい失敗をしてしまったり、暴力を振るって周りに迷惑をかけてしまう場合もあります。 お酒で失敗しやすい人の特徴とは、どのようなものがあるのでしょうか。


アルコール依存症の人

アルコール依存症になっていると、自分の適量を超えてもどんどん飲んでしまいます。 また、お酒を飲まないと落ち着かなくなったり、暴言、暴力を振るってしまう場合もあります。

お酒の量をコントロール出来なかったり、仕事に支障が出ている人(お酒のせいでの遅刻が多い、ミスを多発するなど)は、アルコール依存の可能性があります。 周りに、もし、そのような症状の人がいる場合は、冷たい視線を注ぐのではなく、治療を勧めてください。

一気飲みをする人

このタイプの人は、断れないタイプに多いかもしれません。 一気飲みを繰り返すと、気分が悪くなり、飲み会後半はトイレにこもっているのではないでしょうか。 初めの方は、気持ち良く酔えているかもしれませんが、一気飲みは、急性アルコール中毒に陥る可能性もあり、最悪死んでしまうこともあります。 お酒の失敗で、命を落としてしまうことのないように、気をつけなければいけません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!