恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170810161228.html
意外性のある人の特徴

意外性のある人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
意外性のある人の特徴

意外性のある人にはいくつかの特徴が存在しますが、ここではそのうちの10個について取り上げます。



  • おとなしい
  • 見かけと異なる
  • 時折異なる態度を取る
  • 自慢しない
  • 冷静になれる
  • アフターケアができる
  • 確固としている
  • 努力家
  • 興味を示す
  • 向上心がある

1. おとなしい

おとなしい

おとなしい人は自分が持っている能力をひけらかしません。

そのためそうした人が持ってる能力について知る機会が少ないのが現実です。

そのためおとなしい人がある種の能力を披露したとき、それを見ていた人達は意外性を感じます。

2. 見かけと異なる

見かけと異なる

人は見かけによって判断されがちです。

しかし見かけと特技が大きくかけ離れている場合、意外性を感じるものです。

たとえば非常にアクティブな印象を抱かせる服装を好む人が絵画や書道の才能を有していた場合、多くの人は驚かされます。

逆に落ち着きはなった外見の人が運動能力に長けており、スポーツを難なくこなす様子を見ても意外性を感じます。

このように見かけと能力とのギャップがある場合、意外性を感じることがあります。

3. 時折異なる態度を取る

時折異なる態度を取る

時折いつもとは違った態度を取る人も、意外性を感じさせます。

たとえば普段は無口で不愛想な人がお年寄りの手を繋いで車の通りの多い道路を歩いていたり、普段は厳しい上司として知られている人が休憩時間に家族の写真を眺めて微笑んでいるときなどです。

このような人の多くは「ここではこうあるべき」という理想を抱いており、本当の自分ではない自分を装っていることがあります。

実のところこのタイプの人は優しい性格の人が多いのです。

4. 自慢しない

自慢しない

一つ目の項目でも述べたように、自分が持っている能力をひけらかさない人がいます。

しかしおとなしい性格ゆえにそうするのではなく、普段はみんなと楽しそうに話をする社交的な人ではあるものの、自慢することが嫌いであるがゆえにこのような態度を取る人もいます。

このような人はいざ自分の能力が求められたときにのみそれを発揮するために、そうしたシーンでは周りの人から「意外」と感じられることがあります。

このタイプの人は謙遜であり、周りの人のことを考えられる人であることも多く、みんなから好かれます。

5. 冷静になれる

冷静になれる

普通の人だったらこのように行動するであろうというシーンで、予想とは異なる行動を起こす人がいます。

たとえば急ぎの仕事で大きなミスが発覚した場合、多くの人はこのミスが誰によって引き起こされたのかを追及したり、ミスを修正するための時間が少ないことを知って慌てふためきます。

しかしこうした状況で冷静になれる人がいます。

このような人は今すべきことは何なのかを瞬時に判断し、行動を促します。

そしてその指示に従った結果、物事が良い方向に向かうことが多々あるのです。

こうした人に対しても意外性を感じます。

6. アフターケアができる

アフターケアができる

状況によっては厳しいことをストレートに言われたり、自分の述べた意見が却下されることがあります。

こうした状況に直面するとがっかりするものです。

そしてそのよな感情が放っておかれると悲しみへと変化し、落ち込みが激しくなることもあります。

しかし後日、厳しい意見を述べた人や自分の意見を却下した人が自分に近づき、その理由や励ましの言葉を述べてくれると非常に嬉しく感じるものです。

厳しい状況を招いた人は厳しい人という印象を抱きがちですが、このようなアフターケアを行ってくれる人は優しい性格の持ち主です。

こうしたことが理解できると、意外性を感じます。

7. 確固としている

確固としている

リーダーとして周りをまとめる役割を担っている人がいます。

このような人の多くは周りの意見を聞き入れ、それらを分析します。

中には会議を行っている間、どの意見にも好意的な反応を示すリーダーもいます。

そしてどう見てもおかしいと思われる意見に対してもそれを最後まで聞き、きちんとした対応を示す人もいます。

このような人がリーダーであることに不安を感じる人がいるかもしれません。

しかし最終的にはふさわしい意見が取り入れられ、物事がスムーズに進行する場合、このリーダーには確固としたものがあることを示しています。

意見を述べる人全てを尊重し、最終的には正しい決断を行うのです。

こうしたタイプの人も意外性を感じさせます。

8. 努力家

努力家

見た目と性格や特技が異なっていた場合、その人には意外性が感じられます。

そしてそのような人の多くは努力して才能を培っています。

もちろんもともと何かに秀でているという人もいますが、意外性を感じさせる人の中には努力家が非常に多いのです。

9. 興味を示す

興味を示す

意外性を感じさせる状況は様々ですが、ある人が何かに秀でた才能を有していることが明らかになったときにそれを感じることがあります。

上記でも触れましたがそのような才能は努力によって培われることが多々あります。

そして努力して身に着けたいと感じる才能は何かに魅力を感じることからスタートします。

たとえば美しい写真を見て自分もこのような写真が撮りたいと感じた場合、写真家としての才能を培うための努力を払うようになります。

このように物事に興味を示すことが才能の開花につながるわけで、意外性を示す人の多くも物事に興味を示すことから全てがスタートしているのです。

10. 向上心がある

向上心がある人も意外性を感じさせます。

このような人は自分という人間を向上させることに関心があります。

そのため人からどう思われるのかではなく、自分自身がどうあるべきかを考えるのです。

このような人も自分の能力をひけらかしませんので、それが明らかになったときに意外性を感じさせます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!