恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170810135343.html
発明家に共通する10の特徴

発明家に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
発明家に共通する10の特徴

発明家に共通する10の特徴をまとめました。



  • 型にはまらない考え方ができる
  • アイデアを出すのが得意
  • 右脳を使って処理している
  • 興味のあることしか集中できない
  • 次から次ぎへと挑戦する
  • 好奇心旺盛
  • アイデアがたくさんあふれてくる
  • 自分の限界を決めない
  • 小食の人が多い
  • 意志が強い

1. 型にはまらない考え方ができる

型にはまらない考え方ができる

クリエイティビティを測るテストでは、計画を立てないで、型にはまらない考え方ができる人というのは、物語を作る力やユーモアなど、高得点になる傾向があり、発明家に向いていると言われています。

発明家によくあるのは、独創的で人が気づかないようなことをし、何かを生み出すことに対して、能力が突出しています。 こういったクリエイティビティが発明家の証拠でもあります。

意外に大雑把な性格も多い

自分の中にある世界が大きなところを見ていると、必然的に、手元の小さなものは見えなくなってしまい、他人から見れば気になるようなことでも、細かいところにとらわれずに生活していくことができます。 基本的には、おおざっぱな性格で、おおらかなところがあるのも特徴といえます。

興味のある分野にはとことんこだわる

自分が興味がある分野にはとても神経質で、すべてにおいて大ざっぱというわけではありません。 努力型の人というのは、経験や自分が学んできたことを基に発想をしますから、どこか常識にとらわれてしまいます。

一方、発明家タイプは、自分の発想のベースが、自分の頭の中にある世界ですから、常識の混じる発想をすることはありません。 ただ、中には自分の中にある世界や思考に夢中になってしまい、マイペースな生き方をする傾向があり、自分の能力に従って生きてしまうため、常に人と違った生き方をしてしまいます。

2. アイデアを出すのが得意

アイデアを出すのが得意

知能を測る検査には、言語性IQと動作性IQという2つの分野があります。 言語性IQは、もしもこうなったらという予想や、さまざまなアイデアを作り出す力を測る分野です。 動作性IQは、必要な情報を取り出して使う力を測るもので、発明家によくあるのは、特の言語性IQの分野が得意な傾向にあるといわれています。

3. 右脳を使って処理している

右脳を使って処理している

一般的に計画を立てる時には、左脳を使っていますが、発明家に多いタイプは、主に右脳を使うと言われています。 計画を立てることが苦手な人は、クリエイティビティが高く、発明家タイプをいえます。

4. 興味のあることしか集中できない

興味のあることしか集中できない

計画が立てられない人の中には、子供の頃、学校で苦労したという人も少なくありません。 これは、自分の興味があることにしか集中することができず、興味がないことには全く集中できないからです。

ただ、こういったタイプの人は、決して知的障害や発達障害ではなく、興味がないだけで、一度おもしろさに気づけば、やる気を出して取り組むことができるのが特徴です。

5. 次から次ぎへと挑戦する

次から次ぎへと挑戦する

発明家によくある特徴として、創意に富んでいて、いろいろな活動に挑戦するという点があげられます。 ただ、自分だけではなくほかの人も巻き込んで、新しいことに挑戦してしまう結果となり、きりなく夢を追ってしまい、中途半端に終わってしまうことも少なくありません。

また、一か八かでやってみるということが多く、うまくいくと大成功しますが、大失敗してしまうリスクも高くなってしまいます。 こういったタイプの女性は、議論好きであったり、競争心や頭の良さが目立ってしまい、男性から敬遠されてしまうこともあります。

6. 好奇心旺盛

好奇心旺盛

発明家は、情熱的で活動的、陽気なタイプの人が多く、周囲への気配りもできまう。 好奇心が旺盛なため、同じ場所にじっとしていることができず、何かに没頭してしまいます。 会話をするときには、身振り手振りで情熱的に語るのを好み、堅苦しい雰囲気を作らないため、周囲を明るくさせるムードメーカー的な存在でもあります。

7. アイデアがたくさんあふれてくる

アイデアがたくさんあふれてくる

発明家によるある特徴として、絶え間なぢに何かを創造することができるため、アイデアがたくさん浮かぶ傾向にあります。

自分の頭の中でそのことについて考えていると、人が思いつかないようなアイデアを出すことができます。 これは一般人が努力してもここまでの域に達することは難しく、発明家は何かにとらわれることがない新鮮なアイデアを生み出すことができます。

8. 自分の限界を決めない

自分の限界を決めない

発明家タイプの人は、自分の能力の限界を簡単には決めません。 限界を決めてしまうと、自分の能力の限界を見限っているともいえますから、自分の能力の限界を定めずに、自分の能力には限界がないと思っていますし、自分の才能の活かし方をよくわかっています。 自分の得意分野に関することに対しては、時間を忘れて没頭してしまい、睡眠時間が短くても大丈夫です。

9. 小食の人が多い

小食の人が多い

発明家タイプは、小食の人が多く、自分の得意分野に没頭している時には、食事のことを気にしませんから、それが小食であるように思わせているのかもしれません。

10. 意志が強い

発明家タイプの人は、自分の能力が高いことがわかっていて、それを無駄にしないように高い目標を設定している人も少なくありません。

また、その分野に対する能力の高さがあるため、その分野に対する興味深さも、ほかの人に比べて突出していて、それがその分野へ意識を高めています。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!