恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170810133322.html
威圧感が強い人に共通する10の特徴

威圧感が強い人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
威圧感が強い人に共通する10の特徴

威圧感が強い人って一見、怖そうに見えますが実は話してみたら案外楽しい、いい人だったということがあります。 また威圧的に見えるのを気にしていることも。 さてそのような威圧感が強い人に共通する特徴を集めてみました。

  • 目力がある
  • 気が強い
  • リーダーに向いている
  • 無言で圧力をかける
  • 低い声、ゆっくりな口調
  • 落ち着きはらっている
  • あまり感情を出さない
  • 背筋が伸びて、胸を張っている
  • 口が達者、賢い
  • 自信があり堂々としている

1. 目力がある

目力がある

威圧感が強い人は、目に力があります。 よく言えば目力がある、強い。 悪く言えば目つきが悪い、睨みつけて相手に挑みかかるような印象を与えたりもします。 それをわかっていて、相手のことを強い目つきで見て威嚇しようとする人もいます。 威圧感が強い人は自分の武器をわかっています。

ですから、その目つきに怯まない、さらっとスルーする人に対しては効き目がないので苦手意識を持つのです。 威圧感の強い人は弱い人、自分の言いなりになるタイプとは仲良くできますが、一匹オオカミ、マイペースな人のことはつかみどころがないと感じてあまり関わろうとしません。

2. 気が強い

気が強い

威圧感の強い人は、オーラがあります。 つまり内面も気が強い、しっかりしている、芯があるということです。 人の見た目というのは考えていることが大きく反映されるものです。 優しい人は優し気な顔、意地の悪い人はズルそうに目が光るなど性格ってどこかしら表面に現れますね。 威圧感の強い人も、隠そうとしてもどうしても表にその強さが出てしまうのです。 何となく怖そうなイメージ、話しかけにくい雰囲気を持っています。

3. リーダーに向いている

リーダーに向いている

威圧感があるタイプというのは沢山の人をまとめるのに向いているといえます。 人というのは色々なタイプがいます。

自分より弱そうと勝手に判断してなめてかかるような性格の人もいます。 ですから、集団でまとまる場合は力強くて、頼りがいがある、そういう風に見えるタイプがリーダーに適しているといえます。

4. 無言で圧力をかける

無言で圧力をかける

威圧感が強い人は、相手に対して無言で圧力をかけることが得意です。 口で何かを言えば、どうかしたら自分の立場を危なくすることもあります。 また、誰かがそれを目撃していて事実を捻じ曲げて広げてしまうかもしれません。 録音されるなんてことも最近ではよくあること。

ですから、あえて言葉は出さず、相手を攻撃、批判する手段として無言で圧力をかけるという方法をとるのです。 要するに無言で鋭い目つきで相手を威嚇することなのです。 威圧感がない人だと迫力が出ないのであまり効果はありません。

5. 低い声、ゆっくりな口調

低い声、ゆっくりな口調

威圧感が強い人の話し方は、低め、ゆっくりと話すといったことがあります。 高めの声、早口となりますと、どうしても焦っているような、弱っている印象を与えてしまいます。 どっしりと構えて余裕がある人というのはどこか相手に不気味さを感じさせますし、言うことに説得力も出ます。

6. 落ち着きはらっている

落ち着きはらっている

威圧感があるタイプというのは、常に落ち着きはらっていてちょっとのことでは動じません。 また内心動じていてもそれを表には見せないようにしています。 そういう場合は笑顔を見せたり、笑ったりします。

少しの間時間稼ぎをして言うべきことを考えているのです。 威圧感が強い人は演技力がありますので、自分の立場がまずくなりそうな場合でも慌てて言い訳をしたりせず落ち着いているはずです。 でも頭の中では色々と計算をしています。

7. あまり感情を出さない

あまり感情を出さない

威圧感が強い人は普段から喜怒哀楽が控えめな傾向です。 大げさに喜んだり、笑ったりする人がいます。 その方が相手に受け入れらますし、自分が無邪気である、無害な存在であるというアピールもできます。 何を考えているかよくわからない人というのは相手にとって少々不気味な存在、油断ができないと映ります。 威圧感が強い人はまさにこれです。 相手に安心感や癒しを与えないのです。

8. 背筋が伸びて、胸を張っている

背筋が伸びて、胸を張っている

威圧感が強い人の身体的特徴として、背筋が伸びて胸を張っていることがあります。 背中が丸くなっていたらどうしても暗いとか、気が弱そう、自信がなさげな雰囲気を与えるものです。 ですからお詫びする時などはわざとに背中を丸くしてペコペコして見せたりする営業マンもいますよね。 その方が反省しているように相手に伝わるからです。

9. 口が達者、賢い

口が達者、賢い

威圧感が強い人は、見た目や雰囲気だけでなく、口も達者です。 もしも言い争いの場面になっても相手を言い負かす賢さを持っています。 筋が通っていて正論を言いますので、相手はいい返せなくなります。 通常は、相手に逃げ道を残してあげるのが大人の上手なケンカ。

逃げ道を完全に断ってしまうと、恨みだけしか残らないからです。 威圧感が強い人は自分が強いので相手から恨まれても気にしません。 徹底的に追い詰めてしまうところがあります。

10. 自信があり堂々としている

威圧感が強い人というのは、正しくても悪くても常に堂々としています。 自信があるその様子から、悪くても何となく言い返せないようなそんな雰囲気を出しています。 自信がないから威圧感を出そうとする人もいますが、それは単なる威張っているだけの人です。 威圧感が強い人は自分に自信を持っているので威張ったりはしません。 ただ相手からすると上から目線に感じたり、苦々しく思ったりすることはあります。

威圧感が強い人って一見、怖そうに見えますが実は話してみたら案外楽しい、いい人だったということがあります。 また威圧的に見えるのを気にしていることも。 さてそのような威圧感が強い人に共通する特徴を集めてみました。


目力がある

威圧感が強い人は、目に力があります。 よく言えば目力がある、強い。 悪く言えば目つきが悪い、睨みつけて相手に挑みかかるような印象を与えたりもします。 それをわかっていて、相手のことを強い目つきで見て威嚇しようとする人もいます。 威圧感が強い人は自分の武器をわかっています。

ですから、その目つきに怯まない、さらっとスルーする人に対しては効き目がないので苦手意識を持つのです。 威圧感の強い人は弱い人、自分の言いなりになるタイプとは仲良くできますが、一匹オオカミ、マイペースな人のことはつかみどころがないと感じてあまり関わろうとしません。

気が強い

威圧感の強い人は、オーラがあります。 つまり内面も気が強い、しっかりしている、芯があるということです。 人の見た目というのは考えていることが大きく反映されるものです。 優しい人は優し気な顔、意地の悪い人はズルそうに目が光るなど性格ってどこかしら表面に現れますね。 威圧感の強い人も、隠そうとしてもどうしても表にその強さが出てしまうのです。 何となく怖そうなイメージ、話しかけにくい雰囲気を持っています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!