恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170807153207.html
美術、芸術系女性に共通する10の特徴

美術、芸術系女性に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
美術、芸術系女性に共通する10の特徴

美術、芸術系女性に共通する10の特徴をまとめました。



  • おしゃれ
  • 美術館に旅行に行く
  • 発想がユニーク
  • クリエイティブな趣味や仕事に理解がある
  • センスに自信がある
  • ミステリアス
  • 相手にあわせず我が道をいく
  • 自分の夢に向かって努力をおしまない
  • 変人と思われることもある
  • 恋愛に不器用

1. おしゃれ

おしゃれ

美術、芸術系女性といってイメージするのは、おしゃれな人ではないでしょうか。 感性が豊かで、髪型やメイクなどにも抜かりはありませんし、流行にも敏感ですから必然的におしゃれになります。

また、ファッションだけではなく、インテリアや料理などすべてに対しておしゃれなことも少なくありません。 おしゃれな美術、芸術系女性は、おしゃれで不思議な魅力を持っていますから男性にももてます。 こういったおしゃれで感性のままに生きている美術、芸術系女性は、センスをほめられるのがもっともうれしく一番喜びます。

2. 美術館に旅行に行く

美術館に旅行に行く

美術、芸術系女性は、美術館などに行くために旅行をすることも少なくありません。 もちろん、一緒に行く人も芸術が好きな人が多く、国内だけではなく海外にもアートのイベントの為に出かけていきます。 もし、自分も芸術、美術系女性になりたいと思っているなら、美術館やアート作品を数多く見て、感性を豊かにするとよいでしょう。

同じアート系男子や美術などに興味のある男性なら問題はありませんが、全く美術に興味のない男性は、共通の話題がなくつきあっていても苦痛に感じてしまうかもしれません。 特に、現代アートなどは人によってはゴミのようにしか見えない場合もありますから、いやがられるパターンも少なくありません。 また、相手が素人でもアートの議論を仕掛けてくるため、敬遠されるケースも少なくありません。

3. 発想がユニーク

発想がユニーク

美術、芸術系女性は、発想がユニークです。 ユニークな発想をもっているので、既製品を使ったり、型にはまったことをするのが嫌いで、プレゼントを手作りしたり、イベントなどを企画して、人を喜ばせるのが好きなのが特徴です。 ただ、自分の発想が通らない場合、怒ってしまったり不機嫌になる傾向があります。

4. クリエイティブな趣味や仕事に理解がある

クリエイティブな趣味や仕事に理解がある

美術、芸術系女性は、自分も芸術が好きで、クリエイティブな仕事をしていますから、そういった仕事や趣味にも理解を示してくれます。 クリエイティブな仕事がすべてお金になるとは限りませんが、美術、芸術系女性は、お金をそれほど気にせず、感性を好きになってくれるのも特徴です。

逆に、お金を持っていても、芸術やアートに全く興味がないような男性には、興味を示さないのも特徴といえます。 また、男性だけではなく、女友達もクリエイティブな人が多いといえます。

5. センスに自信がある

センスに自信がある

美術、芸術系女性は、自分のセンスに自信があるという人が少なくありません。 日常的にたくさんの美術品やアートに触れていますから、センスが磨かれていき、自分のセンスにも自信をもつようになります。 特に、独特のファッションセンスですから、一般的な服装からかけ離れていることも少なくありませんが、こういった美術、芸術系女性のセンスを否定してはいけません。

独特なメイクやファッションをすることが多い、美術、芸術系女性は、そのセンスが理解できない男性の場合、一緒に歩くのが恥ずかしいと思ってしまいます。 そのため、同じ感性のアート系男子の方が恋愛はうまく行くといえます。

6. ミステリアス

ミステリアス

美術、芸術系女性の中には、自分の世界をもっていて、人前ではあまり話さない人も少なくありません。 そのため、周囲からミステリアスな人だと思われることも多く、一度会っただけではどんな女性なのかが理解されないことも少なくありません。 こういったミステリアスな雰囲気は、男性からの第一印象がよく、もてる人も多いのが特徴です。

7. 相手にあわせず我が道をいく

相手にあわせず我が道をいく

美術というのは、一人で自分の作品を造り出していきますから、どうしても自分のペースを一番に考えてしまう傾向にあります。

8. 自分の夢に向かって努力をおしまない

自分の夢に向かって努力をおしまない

美術、芸術系女性は、自分の夢や目標に向かって、常に努力しています。 そのため、向上心や忍耐力も強く、想像力豊かで優れた感性を持っているのが特徴です。 基本的に職人気質で、集中すると寝る間を惜しんで作品を作り出し、なにもないところから作品を生み出す才能にあふれています。

9. 変人と思われることもある

変人と思われることもある

美術、芸術系女性はミステリアスでおしゃれな人も多い反面、個性が強く、我が道をいくタイプでもあるので、変人呼ばわりすることもしばしばです。

ただ、これは、なにもないところから芸術を生み出すためには必要な感性で、新しく何かを生み出すためには、一般の人とは異なる角度から感覚や技術をとらえ、表現力を養うことが大切ですから、仕方ありません。

10. 恋愛に不器用

おしゃれで異性からもてる要素はありますが、美術、芸術系女性というのは、意外と恋愛に疎く、恋愛に対して不器用な人も少なくありません。

作品作りに熱中している時には、ほかのことが全く手につかないため、忍耐力があり包容力を持っている男性しか長続きしないかもしれません。 そのため、つきあうなら同じアート系の男性の方が、感性も似ていて長続きする可能性が高いといえます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!