恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170806115639.html
漫画好きな人によくある共通する10の特徴

漫画好きな人によくある共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
漫画好きな人によくある共通する10の特徴

漫画好きな人によくある共通する10の特徴をまとめました。



  • 創造力がある
  • 現実世界に満足していない
  • 漫画のキャラクターに自分を重ねている
  • 漫画のキャラクターに恋をしている
  • ドキドキハラハラ感が好き
  • 漫画本をたくさん持っている
  • 連載誌と単行本、二つとも読んでいる
  • アニメや実写映画もチェックする
  • インドア派も多い
  • 漫画を読んでいる時は現実世界をシャットダウンしている

1. 創造力がある

創造力がある

現実問題自分が漫画のキャラクターになれるはずがないのに、心の中でその思いを捨てきれずにいます。 漫画のキャラクターのクールキャラに憧れたり、一匹狼に憧れたり。 自分には実は不思議な力が宿っているのではないか?とすら思っています。

反抗期などで話さないのではなく、自分の世界観の中で生きている為、心の中で他の人を馬鹿にしていたりしています。 実際では適わないような相手にも、本当の自分の力を発揮すれば勝てるのだと考えたりしています。

2. 現実世界に満足していない

現実世界に満足していない

平凡な日常に満足していません。 何もないからこそ、非日常に憧れて漫画を読んでその欲求を埋めているのです。 このつまらない世界よりも漫画の中の世界では、自由に羽ばたく事が出来るからです。 現実世界で頑張って生きるよりも、漫画の中の世界で生きれれば良いと考えていたりします。

3. 漫画のキャラクターに自分を重ねている

漫画のキャラクターに自分を重ねている

漫画の中のキャラクターは生き生きとして、強く、たくましい。 そんな存在に憧れを抱いています。 漫画の主人公のように強くなりたいと願い、それを機に自分自身を強く変える事も出来ます。

現実世界での自分は漫画のキャラクターと違って弱く、卑怯な生き方をしているのに、自分とは大違いだとその差に悩まされる事もあります。 自分自身を勇気づけてくれるのも、現実を見るように気づかせてくれるのも漫画なのです。

4. 漫画のキャラクターに恋をしている

漫画のキャラクターに恋をしている

現実の男女に恋をしていても、傷つくのが怖くて行動出来ない事が多いです。 ですが漫画のキャラクターなら自分が良く知っている存在で、とても可愛らしい容姿をしています。 もちろんヒロインなら主人公を支える健気な姿、強い姿を見る事で理想の相手の女性を連想させる事が出来ます。

男性主人公なら、強くたくましく、ヒロインを命がけで守るカッコよさを持っています。 理想の男性も漫画のキャラクターに重ねてしまい、恋をしてしまうのです。 「○○は俺の嫁」「○○は私の旦那」というおう言葉があるように、漫画のキャラクターには一方的に自分の思いをぶつけることが出来るのです。

5. ドキドキハラハラ感が好き

ドキドキハラハラ感が好き

漫画を読んでいると、あり得ないような展開、予想できない結末を迎えたりします。 一ページめくるごとに、漫画の中にのめり込んでいきます。 連載誌を見ていても、単行本を見ていても次の回ではどうなるのか!?という楽しみが出来ます。

6. 漫画本をたくさん持っている

漫画本をたくさん持っている

手元に置いておけば、漫画は何度も読み直す事が出来ます。 そのたびに漫画の世界に入る事が出来ます。 何年か前に見た漫画で内容を忘れてしまってもう一度読みたいと思った時に、古本として売ってしまうと読み返す事が出来ないので、中古本として売る事もしません。 綺麗に表紙を並べて本棚に陳列する事に快感を覚えています。

自分の手元にあるだけで良いのです。 読み返す事が無くても手元にあるだけで落ち着く事が出来る宝物になります。 自分が子供の頃に読んでいた漫画を読んでみると、その時の自分がどんな思いで読んでいたのか、成長をした後で読んでみるとまた違った捉え方が出来ます。

7. 連載誌と単行本、二つとも読んでいる

連載誌と単行本、二つとも読んでいる

連載誌を読むと単行本よりも早くに読む事が出来ます。 単行本を買えば、連載誌に載っている読まない漫画は省いて、自分の好きな漫画だけを読むことが出来ます。 連載されているものと単行本になったものを細かく見てみると、ところどころ修正されている部分を見つける事も出来ます。

その点では連載されている方を読んだ方のが得な気分がしますよね。 でもそれも単行本を見てからでないとそれに気が付く事が出来ません。 結果的にどちらも呼んだほうのが多く楽しめるのです。

8. アニメや実写映画もチェックする

アニメや実写映画もチェックする

原作の熱狂的なファンだと、実写映画は見ないと批判する人が多いですが、結局見てしまう場合が多いです。 アニメの場合は平面で生きていたキャラクターがテレビにカラーで映って動いている姿を見る事が出来るので賛成派も多いです。

ただ、アニメとなると自分の思い描いていたキャラクターの声と、実際に放映されたアニメでは食い違ってしまう事もあります。 自分の好きな漫画が色々な姿に変身するのは嬉しい事でもありますよね。

9. インドア派も多い

インドア派も多い

漫画を外で遊びながら読む人なんていませんよね。 家でまったりしながら集中して読むものです。 自分の好きな空間で好きなスタイルで読むことで、幸せな時間を過ごすことが出来ます。 大量に漫画を購入した時も、何冊も読む事が出来る幸せを味わう事が出来ます。 なので漫画が好きな人はインドア派が多いのです。

10. 漫画を読んでいる時は現実世界をシャットダウンしている

より確実に漫画の世界に入るには、現実世界をシャットダウンします。 誰かに声をかけられる事もない、生活音が聞こえない方のがより良いのです。 人それぞれで、真っ暗で過ごして、手元だけ明かりをつけて漫画を読んだり、車の中で読む人もいます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!