恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170805135443.html
人見知りする人の特徴

人見知りする人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人見知りする人の特徴

人見知りする人、10の特徴や性格をまとめてみました。



  • コミュニケーションが苦手
  • 初対面の人が苦手
  • 性格がおとなしい
  • 警戒心が強い
  • 傷つきやすい
  • 自己主張が苦手
  • 嘘が苦手
  • 人間関係が狭い
  • マイナス思考
  • 人を信用しない

1. コミュニケーションが苦手

女性

もともと人と話すことが苦手な人や、コミュニケーションをとることが苦手な場合、臨機応変に対応することができなくなる場合があります。

相手から話しかけてもらえば、会話をすることはできますが、基本的に人見知りの人は、他人の目を見て話すことが苦手な人が多く、相手にしゃべりたくないのか、嫌われているのかなどと誤解されがちで、悪印象を与えてしまうこともあります。

決してあいてに対して悪意を持っているわけではありませんが、怒ったような態度に見える場合もあり、誤解されやすいというデメリットがあります。

2. 初対面の人が苦手

女性(悩み8・明)

人見知りの人で多いのが、初対面の人との接し方がわからず、苦手に思っている人が少なくありません。

初対面の人とどのような会話をしたらいいのか、その人がどのような人かがわからないため、質問をしようとしますが、その質問が相手に不快な思いをさせないかと不安になり、結局沈黙したまま時が流れてしまったりして、ますます初対面の人が苦手となってしまいます。

ただ、いったん心を許し、打ち解けた人に対しては、何でも話せるようになり、うわべだけのつきあいや広く浅くといったつきあいはしないのも特徴となっています。

3. 性格がおとなしい

女性

人見知りの人は、もともと明るい性格の人は少なく、おとなしい人が多いのが特徴です。

おとなしい性格の人は、どんどん悪い方へ考えてしまいがちで、ますます人と話すことが苦手になってしまいます。

4. 警戒心が強い

女性(暗・目線横)

人見知りの人の特徴としては、警戒心が強く、防衛反応を起こしやすいのもあげられます。

いつも誰かを疑ったり、警戒心を強くすることで自分を守っている部分もあり、なかなか人と打ち解けることができなくなってしまいます。

警戒心が強いため、人と打ち解けるまでには時間がかかってしまいますが、ただ、警戒心が強いということは、簡単に人を信用しないため、人にだまされたり、裏切られるということも少ないというメリットもあります。

仕事面でいうと、慎重に物事をおしすすめていくことができますから、失敗が少なく、周囲から信頼されるケースもあります。

5. 傷つきやすい

女性

人見知りの人が警戒心が強い原因として、傷つきたくないということが考えられます。

もしかしたら、過去にトラウマがある場合もあるかもしれませんし、感受性が強くて、ちょっとしたことでもすぐに傷ついてしまう場合もあります。

こういったタイプの人は、人の顔色をうかがって自己防衛反応や警戒心が強くなってしまいます。

人見知りをする人は、子供の頃からの性格の場合もありますが、大人になってから人見知りになる人も少なくありません。

こういった場合、誰かに騙されたり、裏切られたといったようなトラウマがあり、人に対して恐怖をもつようになってしまい、徐々に人見知りになっていくというケースもあります。

繊細で傷つきやすい面を持っている人見知りの人は、何気なく相手が言った言葉に落ち込んでしまうことが多く、デリカシーのない人が言った言葉を、いちいち気にしてしまい、ますます人と話すことが苦手になってしまいます。

人から反対意見や文句、批判を言われるのが怖いと感じるのも特徴となっています。

6. 自己主張が苦手

女性(悩み9・明)

コミュニケーションが苦手だったり、初対面の人が苦手という性格は、人の意見に反論できなかったり、自分の意見を伝えられない場合が少なくありません。

そのため、自分の意見を他人に話すことが苦手で、傷つくのが怖くて自己主張せずに自分の殻に閉じこもってしまう傾向にあります。

7. 嘘が苦手

女性

人見知りをする人は、基本的に正直者ですから、お世辞をいったり嘘をつくことが苦手です。

ただ、正直者は誠実な印象を与えますが、ある程度出世をしていくためには、上手に嘘をつくことも必要となる場合があります。

8. 人間関係が狭い

男女(接近4・セピア)

人見知りの人は、初対面の人が苦手で、コミュニケーションをとることも苦手な人が多いので、深いつきあいをするまでには時間がかかってしまいます。

基本的に特定の人間関係しか構築することができませんが、人間関係が狭いことが苦痛とは感じているわけではなく、その距離が心地よい場合もあります。

9. マイナス思考

女性

基本的に人見知りの人は、自分に自信がないがなく、マイナス思考になってしまいがちです。

明るい人は、誰とでも話すことができ、その場の雰囲気を明るくすることができますが、人見知りの人は性格的にもマイナス思考で暗いところがありますから、周りのことを考える余裕もありません。

また、人からどういう風に見られているかも気にしてしまい、さらにネガティブなことばかり考えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

10. 人を信用しない

女性(暗・ブランコ・目線横)

警戒心が強く、初対面の人が苦手ですから、人を信用したり心を許すことはほとんどなく、自分が傷つくのを極端に嫌います。

本当は人を信用したいと思っていても、人を信用できないのが人見知りの人の特徴といえます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!