恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170804171418.html
常にニヤニヤしてる人の10の心理や特徴

常にニヤニヤしてる人の10の心理や特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
常にニヤニヤしてる人の10の心理や特徴

常にニヤニヤしてる人にはいくつかの特徴があります。 ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 状況が面白い
  • ワクワクしている
  • 他のことを考えている
  • いいことがあった
  • 成功について思い巡らす
  • 笑顔を絶やさない
  • 思い出し笑い
  • そういう顔
  • 自分のため
  • 怒りを抑える

1. 状況が面白い

女性(喜5)

見たり聞いたりした事柄をどう感じるかは人それぞれ異なります。 そのため「この人はなぜ今ニヤニヤしているのだろう」と感じる場合、一般の人にとっては面白くもなんともない状況が、その人にとっては面白いということがあります。

中には我慢できずに大声で笑いだしてしまう人もいます。 極端な場合、お葬式中にも笑いが起こってしまうという人もいます。

2. ワクワクしている

女性(仕事13・喜び)

ワクワク感が抑えられないとき、ニヤニヤしてしまうことがあります。 もしかするとワクワクするような状況ではないのにニヤニヤしている人を見かけることあがあるかもしれません。

しかし上記でも述べたように、人の感じ方はそれぞれ異なります。 そのため特定の人にしか感じないワクワクがそこにはあるのです。 たとえば好きな人が目の前にいる場合、ワクワクする人がいます。 このようなワクワクはその人本人しか感じないものです。 そのため周りの人は不思議に思うかもしれません。

3. 他のことを考えている

風景(葉・カラフル)

ワクワクするような状況は誰にでも生じます。 たとえば楽しみにしていたスポーツの大会がもうすぐ開催される場合など、それについて考えるだけでワクワク感が生じます。

このようなとき、ニヤニヤしてしまう人がいます。 このような考えは突然沸き起こることもあります。 そのため場違いな状況でニヤニヤしてしまうこともあり、このような場合は周りから怪しまれてしまうこともあります。

4. いいことがあった

女性(喜4・ピース)

何かいいことがあり、それについて思い出すとついついニヤニヤしてしまうという人がいます。 たとえば学校のテストでいい成績を収めたり、会社で上司に認められるような業績をあげたり、何かの大会でトップになったというような状況を挙げることができます。

このような嬉しい記憶は簡単に消え去りません。 ましてや今さっきこのような状況を経験したのであれば、それを思い出すたびにニヤニヤが止まらなくなることでしょう。

5. 成功について思い巡らす

風景(空4・青空・太陽光)

自分が計画していることについて考え、それが成功したときの結果を思い巡らすときにニヤニヤしてしまう人がいます。 中には悪だくみをしているときにニヒルな笑いが起こってしまう人もおり、このような人は周りから敬遠されてしまうこともあります。

6. 笑顔を絶やさない

女性(楽6)

笑顔を絶やさないようにしている人がいます。 このような人も常にニヤニヤしていることがあります。 確かに笑顔はその場を和ませますし、緊張している人をほぐしてくれます。 そのため笑顔を絶やさない努力は素晴らしいことと言えます。

しかし場違いな状況での笑顔は、逆効果を生じさせることがあります。 また笑顔が上手に作れない場合は変にニヤニヤしていると思われがちです。 そのため笑顔でいるべき状況をしっかりと理解できるようにし、尚且つ上手に笑顔を作れるように努力するべきです。

7. 思い出し笑い

風景(花・グラス・外)

面白いことが好きであり、そのようなことばかり考えたり、何か面白いことはないかと周りをキョロキョロと見回す人がいます。 このような人も常にニヤニヤしていることがあります。

少し気持ちが悪いと感じてしまうかもしれませんが、このタイプの人は心の状態が常に明るい人です。 そのため裏表がなく、楽しい人なのです。 このような性格がわかれば近寄りやすくなりますので、見た目で判断するのではなく、一度積極的に近づいて見ることをお勧めします。

8. そういう顔

女性(明・振り返り・エスカレータ)

ニヤニヤしているような顔つきの人がいます。 このような人はニヤニヤしていなくてもニヤニヤしていると思われてしまいます。 もちろんものすごくシリアスな表情をしたり、一生懸命に物事を行っているときなどはニヤニヤしていると感じさせるような表情はしないかもしれませんが、リラックスしているときなどは「またあいつ笑ってる」と思わせることがあります。

9. 自分のため

風景(人込み・交差点前)

笑顔を作ることはストレスの解消や幸福感を自らのうちに生じさせます。 そのため自分のことを考え、笑顔を作るようにしている人もいます。 このような人は人と目を合わせるときには意識して笑顔を作るものです。

そのため「あの人はいつもニヤニヤしている」といった印象を抱かせることもありますが、その反面「笑顔が爽やか」とか「明るい人」といった好印象を抱かせることもあります。 また近づきやすいと感じてもらえることもあるために、笑顔には様々なメリットがあるのです。 しかし上記でも述べたように状況判断や上手な笑顔が必須条件となりますので、この点はしっかりと意識しておくべきです。

10. 怒りを抑える

女性(綺・明40)

何かに不満を感じるということはよくあります。 そのような怒りを鎮めることは容易ではありません。 しかし意識して笑顔を作るようにしていると、怒りは和らぎます。

このような理由ゆえに、笑顔を絶やさないようにしている人がいるのです。 このタイプの人は怒りによって周りの人に八つ当たりするなどの苦い経験をしている可能性が高いと言えます。 このようなことを繰り返すことがないよう、笑顔によって怒りを抑えているのです。

常にニヤニヤしてる人にはいくつかの特徴があります。 ここではそのうちの10個を取り上げます。


女性(喜5)

見たり聞いたりした事柄をどう感じるかは人それぞれ異なります。 そのため「この人はなぜ今ニヤニヤしているのだろう」と感じる場合、一般の人にとっては面白くもなんともない状況が、その人にとっては面白いということがあります。

中には我慢できずに大声で笑いだしてしまう人もいます。 極端な場合、お葬式中にも笑いが起こってしまうという人もいます。

女性(仕事13・喜び)

ワクワク感が抑えられないとき、ニヤニヤしてしまうことがあります。 もしかするとワクワクするような状況ではないのにニヤニヤしている人を見かけることあがあるかもしれません。

しかし上記でも述べたように、人の感じ方はそれぞれ異なります。 そのため特定の人にしか感じないワクワクがそこにはあるのです。 たとえば好きな人が目の前にいる場合、ワクワクする人がいます。 このようなワクワクはその人本人しか感じないものです。 そのため周りの人は不思議に思うかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!