恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170803182604.html
強情な性格な人の特徴

強情な性格な人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
強情な性格な人の特徴

強情な性格な人の特徴を10選まとめました。



  • プライドが高い
  • こだわりが強い
  • 自己中心的である
  • 自分を変えることが苦手
  • 成功者である
  • 妥協ができない
  • 負けず嫌いである
  • 融通がきかない
  • ナルシストである
  • 几帳面である

1. プライドが高い

女性(明・ふくれっ面)

強情な性格の人は自分に自信があり、承認欲求も強いので、プライドが高い場合が多いです。

面倒見が良い場合が多く、相談などをすると非常に頼りになりますが、自分は絶対に正しいという思い込みが強いので、そこには注意が必要です。

また、自分の弱い部分やかっこ悪い部分を人に見せることがなかなかできないので、時に苦しい思いをしてしまうこともあります。

2. こだわりが強い

女性(綺・明74・横・カメラ目線)

強情な性格の人は、何事に対しても自分なりのこだわりが強く、自分のやり方にこだわってしまうところがあります。

実直に仕事に取り組むので、信頼できる人ではあります。

また、一流の仕事に憧れがあり、プロフェッショナルな姿勢を持っていることが多いでしょう。

そのこだわりが「個性」として良い方向に左右することも多々あるのですが、融通がきかない部分があるため、時には自分なりのこだわりを捨てて、他人の意見に耳を傾けてみると、今よりもさらに成長できるかもしれません。

3. 自己中心的である

女性(明・自転車置き場)

そもそも、自分に自信のある人間でないと強情な性格にはなりません。

自分が言うのだから間違いはないだろうと本気で思っているので、なかなか他人の意見に耳を傾けません。

これまで努力を重ねて、結果を出してきた人が多いので、自分の考えが絶対という思考になりがちですが、今一度自分の意見が本当に正しい、適当なものであるかどうか、客観的に判断する冷静さが持てるようになると、人間としてもう一皮むけるのではないでしょうか。

4. 自分を変えることが苦手

女性(暗・振り返り・風呂?)

今までの生き方、やり方で特に不自由なく生きてきた場合、自分のやり方で成功体験を積み重ねてきた場合、強情な性格の人は変化を必要としなくなる傾向があります。

自分なりの必勝パターンがすでに確立されているのでしょう。

歳をとってくるとこれがだんだん強くなりますね。

しかし、時代や環境によって、今までの自分を捨てて、自分を変えなければいけない場面は必ず出てきます。

どんな場面や状況にも臨機応変に対応できる柔軟さも持っていたいところですね。

5. 成功者である

風景(都市俯瞰4・ビル夜景)

社会的に成功を収めたり、若くして人の上に立つような成功者になると、強情な性格になりがちです。

常に自分で決断し、成功してきた。

そんな人生を送ってきているのだから当たり前ですよね。

自分に絶対の自信があるので、他人の意見を軽視してしまいがちです。

上へ行けば行くほど。

他人の意見を素直に聞き入れることは難しくなってきますが、耳を傾ける余裕は常に持っておきたいですね。

6. 妥協ができない

女性(暗・外・寂)

人と人とが対立して話し合いを行うとき、お互いの主張が100%通るようなことはまずありえません。

それぞれが妥協できるラインを探し、折り合いをつけて、ある程度のラインで自分を納得させるのが一般的ですが、強情な性格の人は妥協が苦手です。

自分の意見に自信があり、こだわりも強いので、他の人よりも譲れない部分が多くなってしまいがちだからです。

いくら自分の方が正しいと思っていても、相手の立場に立って物事を考える姿勢が必要かもしれません。

7. 負けず嫌いである

風景(空1・暗)

元来負けず嫌いな性分なので、何事に対しても「自分」VS「敵」という構図にしてしまいがちです。

敵の意見に耳を傾ける人はいませんよね?こういう図式になってしまっていると、そもそも対話すら困難になってしまいます。

むやみに敵をたくさん作っても自分が疲れてしまいますし、そもそも、周囲の人は敵ではありません。

そんなに意識しているのは自分だけで、相手はなんとも思っていなかったりもします。

戦うべきなのは自分自身です。

8. 融通がきかない

女性(暗・カメラ目線・手すり顔載せ)

礼儀正しかったり、義理堅い性質の人が多く、職場や上司から信頼される人が多いでしょう。

ただ、規則やルールの遵守を徹底してしまい、融通がきかない人だと思われてしまうことがあります。

社会人、大人としてはなんら間違っていないのですが、もう少しくだけた考えたをしてみると。

今までになかったような、新たな出会いや発見に結びつくかもしれません。

9. ナルシストである

男性(綺・素1)

自分のことが大好きなナルシスト的な面がある人も強情になりがちです。

自分のことが大好き、大切であるため、行動基準は常に自分中心です。

こんなに素敵な自分を、このままの姿で周囲に理解してほしいと考えているので、基本的に人の意見はあまり聞きません。

ただ、自分を客観視することはできているので、何かきっかけがあればすんなりと意見を聞いてくれることもあります。

10. 几帳面である

女性(綺・頬触り・座)

強情な人は、基本的に几帳面であったり、粘り強い傾向があります。

自分のやり方に強いこだわりがありますが、誠実に物事に取り組むタイプなので、間違った方向へ進まず、丁寧な仕事ができるはずです。

そのため、周囲からは、安心して物事を任せる人だと認識されているでしょう。

ただ、自他共に厳しい視点で物事を評価しがちなので、時には張り詰め過ぎずに、リラックスして仕事に取り組むことも必要かもしれません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!