恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170803182352.html
クールな人の特徴

クールな人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
クールな人の特徴

クールな人に共通する特徴を10選まとめました。



  • 大人っぽく知的!
  • あわてない対応はクール!
  • 清潔感を重視!
  • 誰にでも公平に接する!
  • お金に対し合理的!
  • まわりを気にしない!
  • 仕事もプライベートも大切にする!
  • チャレンジ精神を持っている!
  • 服装にはこだわりがある!
  • 自分なりの美学を持っている!

1. 大人っぽく知的!

女性(綺・アップ眼鏡)

クールな人というのは概して大人っぽいということ。

見た目も大人っぽいし、性格も大人っぽいでしょう。

人からも頼りにされますし、また面倒見も良い傾向にあります。

話し方はゆっくり順序立てて理論的に話しますから、知的な雰囲気が伝わります。

また、相手に対しても動作はゆっくりしていて、身のこなし方もスマートで大人っぽい雰囲気をただよわせるでしょう。

クールな女性も、ゆったりとしたペースで穏やかに話します。

周囲に流されずに自分のテンポで話すので聞いている人は大人っぽさを感じますし落ち着いて聞いていられます。

身のこなしも冷静で大人っぽさを感じさせます。

2. あわてない対応はクール!

女性(外・ジャンパー・カメラ目線)

急にトラブルが起こっても、クールな人は一人冷静に対応します。

冷静に物事を分析し対応し、問題を解決に導いてくれます。

何か問題が起こったら、答えを見つけだし実行してくれます。

クールな女性も、そのときにするべき対応を冷静沈着に考え、適格な対応を取れます。

パニックにならない自己暗示を日常的に訓練しているので、それがトラブルなどに当たっても、冷静に対応できる秘訣です。

3. 清潔感を重視!

女性(明・川辺・カメラ)

一般的にも、ビジネス上では清潔感は大切です。

クールな男性ならなおのこと、パリッとしたシャツやプレスされたズボンなどは、ファッション以前に重視される視点です。

汗臭かったりしたら、ビジネス的にもマイナスですからコロンなども利用します。

清潔に洗顔した顔、デオドランドを使用して汗予防して清潔感を守ります。

女性もきちっと洗顔をし、爪の手入れ、だらしなく見えない髪の手入れなどを整えてます。

清潔なブラウスに美しいシルエットのスカートをつけ、自然感のあるメークをして清潔感を保ちます。

4. 誰にでも公平に接する!

男性(真顔・正面2)

クールな男性は誰にでも公平に対応します。

仕事仲間でも友人でも変わらずそうした態度を取りますから、恋人でも特別扱いをされないので、クールな男性と接する女性は不服かもしれません。

一方、クールな女性も概ね、人に対しては公平に接します。

というか、クールな女性は頭の回転も良く客観的ですから、発想が男性的です。

そうあることが理想なので、それに近づきたいと努力するのです。

5. お金に対し合理的!

現金・お札と小銭

クールな男性は女性へのプレゼントでも「役立つもの」を選びますし、旅行でも見栄を張って豪華にすることもなく格安パックで済ませて平気。

クールな男性はデートプランでさえ身の丈にあわせるという合理的発想をします。

一方、女性も身の丈にあった買い物をするでしょうし、そもそも高価なブランド品に関心もなく、あくまでも自分が気に入ったものを選びますので散財することもありません。

お金は合理的に使うだけで、お金自体に頓着することはないのです。

6. まわりを気にしない!

男性(天を仰ぐ2)

クールな男性は、感情的になってしまうのは弱い証拠だと思っているふしがあります。

こういうところに「弱い自分を見せたくない」という心理が働くのと同時に、自分の心の芯も強い性格なので、まわりの状況や流行に流されまいとする強い意思を持っています。

クールな女性も周りの流行に左右されることなく、生き生きと自分の趣味や生き方を守っています。

それも周りに左右されて貴重な時間を浪費したくないというクールな女性ならではの発想です。

7. 仕事もプライベートも大切にする!

女性(仕事15・電話・笑顔1)

クールな男性は、仕事には真面目に取り組みます。

その心には人に頼りたくないとか人に負けたくないという気持ちがあります。

仕事をしっかりとこなしている自分を自己評価するので、見えないところでも久かに努力する姿勢を忘れていません。

一方、全力でプライベートでも趣味に没頭するところもあります。

何でもできる自分を目指して何事も全力で取り組み、そしてその成果も楽しむのです。

クールな女性も仕事に打ち込み、情報収集も熱心行う傾向にあります。

趣味や習い事にも熱心です。

それも、毎日少しでも前進していたいという前向きな発想から来ているのです。

8. チャレンジ精神を持っている!

男性(メモ・明)

クールな男性は知的好奇心が強いので、何事にでもチャレンジしようとする心を持っています。

人よりも新しいことをしていたいという気持ちが強いので、情報収集にも熱心です。

だからといって、それをひけらかす意図があるわけではありません。

だからこそ、傍目からもクールに見えるのです。

けれど、その心の底には、弱い部分を隠しておきたい心理があります。

そのためにも人知れず努力しチャレンジしようとしているのです。

いわば、自分がイメージしている理想の自分に近づこうとしているのです。

そういう理想があるので、行動も前向きになるのです。

クールな女性もしっかりした自意識があります。

やはり人に負けたくないという意識、また男性にも負けたくないという意識から、何とか前進したいという前向きな発想を抱いています。

こうしたことが原動力になって、いろいろなことに対してチャレンジするし、そうした精神も持っているのです。

9. 服装にはこだわりがある!

女性(綺・門前・カジュアル)

クールな人は、シンプルなファッションを好みます。

冒険した派手な服装に挑戦するより、気に入ったブランドの服を着るということが多く、そのなかで自分のセンスを感じさせるような装いをします。

クールな男性は見た目にも拘るので、自宅ではラフでも、こと人と会う場合には決して手を抜かず、自分なりのこだわりのある服装を選びます。

クールな男性には、自分が近づきたい理想像というか目標があって、それに近づけるよう努力をしているからです。

見た目も自分の理想ブランに合わせて自己演出をするのです。

クールな女性の場合も、服装も流行を追うのではなく自分の趣味や雰囲気にあった自分に似合うシンプルで飽きのこないファッションを好みます。

流行でなく、常に自分に似合う「個性的な価値観」を感じさせるファッションを選びます。

ゴテゴテした装飾品のないシンプルで飽きが来ない服を、自分の個性として上手に着こなします。

それがとてもクールに見えます。

10. 自分なりの美学を持っている!

男性(暗・背景黒・シャツ襟持ち)

シンプルなファッション、誰にでも公平、清潔感を忘れない、弱みは見せないなどこれらはクールであるための基礎美学です。

こうした美学を持っている人は向上心が強く、人に負けたくないという気持ちが心に秘められています。

この美学が自分の中ではっきりしているので、何が合っても動揺しませんしぶれたりすることがないのです。

ぶれないので前に進んで行くことができしぶれないことも周辺の人々に美しいと感じさせます。

これは見た目ということだけでなく、精神的なことにも及びますから、向上したい気持ちをしっかり支えてくれるでしょう。

クールな女性にも同じことが言えるでしょう。

自分の中に確固とした美学があります。

余り人前で涙を見せたりしないこと、口が堅いこと、他人に干渉しないなどということもクールな女性の美学から出ている発想となります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!