恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170803133637.html
酔っ払いに共通する特徴12選

酔っ払いに共通する特徴12選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
酔っ払いに共通する特徴12選

人は酔っ払うとこんな風になりがち、という特徴を12にまとめました。 心当たりがある特徴はありますか?

  • 声が大きくなる
  • 同じ話を何度も話す
  • 力加減がわからなくなる
  • まっすぐ歩けなくなる
  • 人に甘えたくなる
  • 感情的になって怒ったり泣いてしまう
  • お酒の味がわからなくなる
  • 眠くなる
  • 吐き気をもよおす
  • 涙目になる
  • 馴れ馴れしくなる
  • 人に触れたくなる

1. 声が大きくなる

マイク

お酒が回ってくると声が大きくなってきます。 それに本人は気づきません。 飲み屋では周りの人もみな同じような感じなので全体的にどんどん声を張り上げるようになり、どんどんお店中がうるさくなっていきます。

酔っ払っている人からすると自然な雰囲気ですが、お酒を飲まない人が混ざっているとうるさくて不快な思いをするでしょう。 それが酔っ払い嫌いの理由のひとつということも考えられます。

2. 同じ話を何度も話す

男女(見つめ合い・真剣・明)

酔っ払うと同じ話を何度もするようになりますね。 周りも陽気になるのでいちいち気にせずリアクションをとってくれたりすることで本人は繰り返していることにもなかなか気づかないでしょう。

しかし酔っ払い同士は話の内容よりも雰囲気を楽しんでいるところがあるので成立してしまいます。 同じ話を繰り返していると指摘された時はお酒が回ってきたかな?と疑ってみるといいですね。

3. 力加減がわからなくなる

男女(不仲3・男性拳)

酔っ払うと力加減がわからなくなってバシっと隣の人を強く叩いてしまったり、お酒をテーブルにドンっと強く置いてしまうこともあります。

豪快な酔っ払いの態度は人によっては威圧的で不快感を与えることもあるので力をセーブする意識ができると理想的。 でも酔っ払っているとそんな意識も持てないでしょうね。

4. まっすぐ歩けなくなる

足アップ(男性・歩行1)

酔っ払うと千鳥足になると言いますが実際にまっすぐ平気なふりをして歩くのは難しくなります。 本人はまっすぐ歩いているつもりなので見ていると滑稽です。

周りの人は目を離さないように支えてあげましょう。 また、酔うつもりで飲みに行くなら少しでも歩きやすい状態で帰れるような靴選びも忘れずにいたいところです。

5. 人に甘えたくなる

男女(ハグ・暗・目線下)

酔っ払うと人恋しくなったりすることも多いものです。 だから隣の人に甘えたり、「可愛いね」などと甘い言葉をかけてしまうこともあります。

気のない異性に誤解されることもあるので気をつけましょう。 また、友達の彼氏に甘えてしまう危険もあるので酔っ払ってもいい席かどうかを意識しなければ楽しいお酒にはなりません。

6. 感情的になって怒ったり泣いてしまう

女性(怒3・明)

酔っ払うと感情的になって怒ったり泣いたりしてしまう人も多いです。 何故なのかお酒が入るといつも許せることに妙に熱くなってしまったり、妙に重く受け止めて感情が抑えられず涙が溢れてきたり. でもそれですっきりする人もいて、それを狙ってお酒を飲むような人もいます。 周りは迷惑ですが仲のいい友達なら受け止めてもらえそう?!

7. お酒の味がわからなくなる

料理(酒・グラス・ピンク)

酔っ払ってくるとお酒の味がよくわからなくなる人もいて、好きなお酒にこだわらず飲み続けてしまう人もいます。 あまりにひどい場合はお水を混ぜても気づかないなんていうことも。

呆れられないようにそこまでにはならないでおきましょう。 お酒の味がわかってこそお酒を楽しんでいると言えるのではないでしょうか?

8. 眠くなる

女性(寝・明)

酔っ払うと眠くなる人も多いです。 本人からすると気持ちのいい酔い方。 周りはしらけるかもしれませんが、からまれるよりはずっとましなのであたたかく見守ってあげましょう。 こんな人は宅飲みがお似合いです。

9. 吐き気をもよおす

女性(明・困?・前かがみ)

酔っ払うと吐き気をもよおす人もいますから、そのタイプだとわかっている人は酔わないようにお酒の量をセーブすることが多いです。 酔った時の辛さをよくわかっていますし、デートの時なら恥ずかしい思いをしますからね。

完全に酔ったことがない人はこうなる可能性もあると思って少しずつお酒になれていく方が安全でしょう。 吐き気までいってしまうとせっかくの楽しいお酒の席が台無しになってしまうので避けるようにしたいものです。

10. 涙目になる

女性(綺・涙目・カメラ目線)

酔っ払うと涙目になる人もいて、異性から見るとその姿はセクシーに見えたりします。 ただ酔っているだけなのにムードが高まって困ってしまう展開にならないようにしたいですが意識的に涙目を治すのは難しいこと。

目薬をさしてすっきりするといいでしょうか。 でも、涙目で酔う姿はちょっと可愛くもあります。 理性を保てるなら可愛さを見せ付けるのもいいのかもしれません。

11. 馴れ馴れしくなる

男女(仲良6・マウント)

酔っ払いは相手との距離感が縮まって馴れ馴れしくなることも多いですね。 会社の人と飲む時は失礼なことがないように酔い過ぎないよう気をつけなくてはいけません。 馴れ馴れしくなってOKなのは気のある異性とのお酒の席でしょうか。 お酒の力を借りて距離を縮めて恋を進展させるのもヨシです。

12. 人に触れたくなる

女性(ねだる)

酔っ払うと欲情したり単に甘えたくなるのか人に触れたくなったりもします。 異性に限らず同性にもそう。 腕を組んだりくっついてしまいがち。 酔っ払い同士でそんな光景をよく目にしますね。

しかし誰にでもしていいことではないのでそうなることがわかっているならお酒の量をセーブして気をつけましょう。 酔っ払いにべたべた触られるのを露骨に嫌がる人も多いです。 それをきっかけに嫌われてしまったら悲しいですね。

人は酔っ払うとこんな風になりがち、という特徴を12にまとめました。 心当たりがある特徴はありますか?


マイク

お酒が回ってくると声が大きくなってきます。 それに本人は気づきません。 飲み屋では周りの人もみな同じような感じなので全体的にどんどん声を張り上げるようになり、どんどんお店中がうるさくなっていきます。

酔っ払っている人からすると自然な雰囲気ですが、お酒を飲まない人が混ざっているとうるさくて不快な思いをするでしょう。 それが酔っ払い嫌いの理由のひとつということも考えられます。

男女(見つめ合い・真剣・明)

酔っ払うと同じ話を何度もするようになりますね。 周りも陽気になるのでいちいち気にせずリアクションをとってくれたりすることで本人は繰り返していることにもなかなか気づかないでしょう。

しかし酔っ払い同士は話の内容よりも雰囲気を楽しんでいるところがあるので成立してしまいます。 同じ話を繰り返していると指摘された時はお酒が回ってきたかな?と疑ってみるといいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!