恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731170327.html
失言が多い人の特徴20選

失言が多い人の特徴20選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
失言が多い人の特徴20選

考え方が幼稚だと言われる人の特徴とは?20選でまとめてみました。 こんな風にならないようにしたいですね。



  • 人生経験が少ない
  • どうにかなるだろうと軽く考える
  • 誰かが助けてくれると思っている
  • 頭が悪い
  • 思ったことをすぐ言葉にしてしまう
  • 周りの空気を読めない
  • 答えを急ぎすぎる
  • ごまかして切り抜けてきた経験が多い
  • 感情に流される
  • 答えを出すことと出す早さが大切だと思っている
  • 正直者
  • 経験不足
  • 天然系
  • 集団行動が苦手
  • 先を読むのが苦手
  • 自信が無い
  • 好奇心旺盛
  • ボケ役が多い
  • リラックス出来ている
  • 喋る事が好き

1. 人生経験が少ない

部屋(テーブル・花)

人生経験が少ない人は苦労した経験も少ないので考え方も幼稚であったり単純であったりしてしまいます。 苦労せずに育ってしまった大人や、実際にまだ幼い子供に多く見られるのではないでしょうか。

精神的に成長しきれてない

どんなに恵まれた環境であっても支えてくれる人がいるとしてもやはりある程度の苦労と経験によって人間は成長します。 豊かな考えを持てるようになるには子供のうちから多くを経験し、親や周りの人はその機会を与えてあげるべきですね。

2. どうにかなるだろうと軽く考える

女性(人差し指立て2)

それによって問題なく乗り越えてきたことが増えれば増えるほどそれでいいんだと自分を肯定してしまい、じっくり深い考えを求めようとはしなくなるでしょう。 直感的に感じた意見ももちろん大切ですが、後悔しないためには客観的にじっくりと考える時間も必要。 それができるようになると物事を広く見れる人になれるでしょう。

3. 誰かが助けてくれると思っている

部屋(室内・植物)

人間関係に恵まれていると、困った時でも誰かが助けてくれると思って自分の考えが幼稚なままであっても話が進んで解決に向かってしまうこともあります。 逆に一人で立ち向かわなければいけない時や自分に最終結論を求められるような場面ではうまくいかずに苦労することになるでしょう。

普段からしっかり考えて答えを見つけるようにしましょう。

周りに立派な人がたくさんいても人任せでいては自分が成長できません。 自分を強くするためにも自分で答えを見つけるトレーニングをしていきたいですね。

4. 頭が悪い

女性(悩み27・頭抱え・暗)

頭が悪い人はあらゆるパターンを想定できず、見たままの答えや感じたままの意見を述べて周りをがっかりさせてしまいます。 単に学歴が低いというだけではなく物事を深く考えようとしない面倒くさがりやいつも能天気に生きている馬鹿っぽい遊び人などが当てはまりますね。

学歴が低いのではなく地頭、考えるの力が低い

逆に学歴が低くても妙に冷静に分析できるような人もいて、イメージとのギャップで努力を大きく評価されるようなこともあるでしょう。 頭の悪さを露呈してしまうことのないように頭を使える人間になりたいものです。

5. 思ったことをすぐ言葉にしてしまう

風景(ビル・エンタメ)

直情的な人は思ったことをすぐ言葉にしてしまい、考えが深まる前に公表してしまうので考え方が幼稚な人だと判断されてしまいます。 考えている途中段階言葉にしてしまうと迷いや間違いも読み取られてしまうことになるので幼稚という評価をされてもしかたがないでしょう。 そう思われないためにはある程度考えをまとめてから公表する辛抱を身に付けるしかありません。

6. 周りの空気を読めない

女性(思考・口元に手1)

周りの空気を読めない人は深刻な場面であってもいつものノリで軽く意見を述べて空気を重くしてしまうこともあります。 でもちょっとしたトラブルとは違い、大きな問題に直面した時は大抵の人は頭でじっくり考えてから意見を述べるはず。

7. 答えを急ぎすぎる

部屋(洋風リビング3)

答えを急ぎすぎるせっかちさんは幼稚な考えのままでもぺらぺらと意見を話してしまいます。 しか失言が少ない人は急いで答えを出すのではなく、相手を待たせてでもベストな答えを導こうとする人が多いのです。 いくら早く解決させようというしているのであっても相手に上手く伝わらなければ意味がありません。

8. ごまかして切り抜けてきた経験が多い

女性(雨・傘)

今までて適当な意見が通ってきた人やごまかし、うそなどで切り抜けてきた経験が多い人は意見に対してつっこまれたり議論を深め合うことをしなかったことが多いので、簡単にしか物事を考えることも見ることもできません。

話し合いは自分の意見をより良くするためにも大切な作業です。 しっかりとした考えを持てる大人を目指すなら自分から話し合いに持ち込むような気持ちで意見をぶつけ合いましょう。 人の意見を聞くことで自分の意見も磨かれます。

9. 感情に流される

クレジットカード

感情に流されやすい人は冷静な判断ができずに感情のまま幼稚な考えを持って進めてしまうこともあるので気をつけたいですね。

周りの人は本当にそれでいいのか確認し、気持ちが落ち着いた時にもう一度聞いてみる優しさを持ってあげると本人も後悔せずに済みそうです。 また、いつもそうやって迷惑をかけるわけにはいかないので感情をセーブする意識も持ちましょう。

10. 答えを出すことと出す早さが大切だと思っている

女性(綺・明2)

しかし、答えが出せない問いだってあるはず。 それにしばらく時間をもらって考えればもっといいことも浮かんでくる見えことも多いです。

11. 正直者

ウエスト測りピンク

何事も包み隠さず話すので人柄の良さは周りの人に伝わりますが、時には空気を壊してしまうことがあります。 なので自分が発言したい言葉があっても一度保留にして本当に口に出してもいいのか自分の中で確認を取るようにしましょう。 そうする事で自ずと言っていい言葉、ダメな言葉を理解できるようになります。

12. 経験不足

風景(都市俯瞰5・曇)

社会経験、人間関係のイロハが経験不足なので失言したという事がそもそもわからなかったりします。 このような人は月日を重ねるごとに良くなり、失言が減るようになります また失言したという事を深く理解する事でどんどん良くなっていきます。 経験不足は見方を変えると無垢という意味でもあるので、教えがいがあります。

13. 天然系

花・青背景

性格は余程のことがない限り簡単に変わったりはしません。 持って生まれた性質に天然系が混じっていれば、人を和ませる発言が多くなります。 ですが人によってはそのような態度、言葉がカンに触るなど失言として捉えられてしまうことがあります。

14. 集団行動が苦手

風景(人込み・多い)

学校や会社など常に人と関わる機会が多いですが、同じ事をするのを酷く嫌うなど集団行動が苦手な人は失言も多くなる傾向があります。 集団行動が苦手だから劣っているという事はなく、むしろ天才肌型であります。 なので失言の中にも的を射た言葉が含まれている事があります。 時にはそんな天才肌型が仇となってしまうので、周りの人をよく見て行動しましょう。

15. 先を読むのが苦手

懐中時計

現状の事だけではなく未来やその先のことを素早く考えられる人は失言が少ないです。 先を読むのが苦手だと行き当たりばったりの行動パターンに陥りやすいので失言が出てしまう事があります。 なので課題を与えられたら何時までに終わらせよう、資料を用意した方がいいなど前を見据えるようにします。 頑張ろうとやる気だけで突っ走ると長距離マラソンのように最初でへばってしまう事があります。

16. 自信が無い

女性(悩み1)

自信が無い人は周りの人の目を異様に気にしてしまう事があります。 嫌われてはいないか、みんなと同じようにやれてるか、など余計な事を考えがちです。 余計な思考が口をついて出てしまうと、言わなくてもいい言葉まで言ってしまい結果相手を困らせてしまうことになります。

少しずつ改善していきしょう。

自信が無い人は自分を変える努力を怠らないようにします。 自分から挨拶を行う、話しかけてみる、など自発的な行動を行う事を心がけ、話す時も姿勢を正しなるべく大きな声で話すようにしましょう。 そうする事で自然に自信もついてきます。

17. 好奇心旺盛

足アップ(女性・海辺・水蹴り)

好奇心旺盛な人は何に対しても興味を持ち、どちらかというと落ち着いていられません。 物事に対しては勿論、人に対しても興味を持つので二人で話してても話題が尽きる事がありません。 ですが好奇心旺盛が仇となって余計な事や失言を言いやすいです。 好奇心旺盛なのは良いことですが、度が過ぎてしまうと周りにも迷惑がかかるので注意が必要です。

18. ボケ役が多い

女性(驚き・演技)

お笑いで例えるとボケ役の人が多いです。 ボケ役は面白い話、アイデアを出すのが得意でツッコミ役の人に突っ込まれて話の内容が終わる事が多いです。 そんなボケ役の人は自分から話すのが好きだったり、時にはおどけて見せたりもします。 その姿勢が時には失言を見せる事があります。

場所をわきまえて発言するように心がけましょう。

このような人の場合メリハリをつけるようにしましょう。 ボケる時はボケる、きちんとする時はするというように場面を使い分ける事で失言も次第に言うことが無くなります。

19. リラックス出来ている

手アップ(両手・ろうそく)

気を張っていると失言は言いにくいものです。 ですが心を許していたり、だらける機会が多いとつい口をついて出てしまうことがあります。 リラックス、安心できている証拠だと捉えることが出来ますが、気が緩んでいる事も多いです。

20. 喋る事が好き

男女(仲良12・タブレット)

人とコミュニケーションをとる事が好き、とにかく何かの話題を口に出すのが好きな人は比例して失言も多くなります。 話す機会が多いので自然な事です。 失言を恐れてしまうと折角のお喋りが楽しく無いので、なるべく気にしないようにします。 もしも失言を言ってしまったら瞬時に謝るなど自分の非を認めるようにしましょう。

相手を見て話すのが大事

笑ってごまかしたりそのまま話を続けてしまうと相手に不快な気持ちを与えてしまう事があります。 どんな人とこれから喋るのか、年齢、性別、役職を元に話を事前に決めておくのも良い傾向です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!