恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731132222.html
お金のことばかり言う親の特徴

お金のことばかり言う親の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
お金のことばかり言う親の特徴

お金のことばかり言う親にはある種の特徴が見られます。

ここではそのような親について述べたいと思います。



  • 子供が心配
  • お金の大切さを知っている
  • お金が全てであるという思い
  • お金稼ぎが好き
  • お金に困っている
  • 将来楽をしたい
  • 貧しい私生活からの脱却
  • 物質主義
  • 節約が好き
  • お金があると安心する

1. 子供が心配

子供が心配

お金を稼ぐことは生活能力と大きく関係します。

その点を子供に教えるためにお金のことを頻繁に述べる親がいます。

「こんなことをしていると将来お金を稼ぐことができないよ」とか「もっと勉強して、お金を稼ぐようになりなさい」という親がいますが、これは子供の将来を考えている親の気持ちの表れなのです。

もちろんお金が幸せの全てではありませんが、親が子供を思う気持ちを汲み取り、感謝するべきです。

2. お金の大切さを知っている

お金の大切さを知っている

お金を大切に使いなさいと述べる親がいます。

このような親の多くはお金の大切さを身をもって経験しています。

幼いときに貧しい生活をしていたり、借金をやっとの思いで返済したという人は、お金の無駄使いを子供に許しません。

このような親を口うるさいと感じることがあるかもしれませんが、お金の大切さについて理解しておくことは非常に重要であるために、親の助言に耳を傾けるようにします。

そうすることでお金の大切さに加え、お金のやりくりに関する知識も得ることができるのです。

3. お金が全てであるという思い

お金が全てであるという思い

親の中にはお金さえあれば何でもできる、お金が全てであると考える人がいます。

このような人はいつもお金のことばかりを口にするようになります。

そのためこのような状況に嫌気がさしてしまう子供もいるのです。

また子供に対してもお金を稼ぐようにせかすことがあります。

こうした状況が続くと子供もお金が大好きになってしまうために、注意が必要です。

4. お金稼ぎが好き

お金稼ぎが好き

お金を稼ぐことが好きであるという人がいます。

このような人は貯金通帳を何度も見たり、「お金がこんなに貯まった」と言って子供に貯金ができていることを告げることがあります。

このタイプの人はお金が貯まっている状況に喜びを見出しているために、嬉しさのあまりついついそのことを子供の前で述べてしまうのです。

もちろんお金を堅実に貯金することは良いことですが、いつも「お金お金」と言っていると欲の塊のように思われてしまうことがあります。

5. お金に困っている

お金に困っている

今現在、お金に困っている人もお金について頻繁に口にします。

このような親の中には自分が必要とするお金を子供に稼いでほしいと感じることもあるために、子供が学生であるならアルバイトをしてほしいと頼んだり、すでに成人している場合はお金を少し分けてほしいとの述べることがあります。

またこの点をはっきりと口にすることができない親は、お金についての発言を頻繁に行って現在の状況を子供に理解してもらおうとします。

6. 将来楽をしたい

将来楽をしたい

お金をしっかりと稼ぐように子供に述べる親がいますが、その中には将来子供にたくさんのお金を稼いでもらい、楽な生活を送りたいと願っている人がいます。

そのため高等教育を受けさせ、その後に有名企業に就職できるよう、子供をサポートします。

そして子供がそこで一生懸命にお金を稼ぐことができるよう、お金に対する気持ちを高めるためにお金のことを頻繁に口にするのです。

7. 貧しい私生活からの脱却

貧しい私生活からの脱却

とにかく貧しい生活から抜け出したいために、子供に希望を託す親がいます。

このような親はお金の大切さや貧しい生活から抜け出すには子供の助けが必要であることを頻繁に口にします。

その際にお金というキーワードを連発し、子供にお金を稼がなければならないという意識を植え込むのです。

このような状況にある親はギリギリの状況に追い込まれていることもあり、子供が容易にそれを察することもあります。

8. 物質主義

物質主義

とにかくたくさんのものを購入したいと感じる人がいます。

このような人はものを得ることによって喜びを見出すために、お金についての発言が必然的に多くなるのです。

こうした影響を子供は容易に受けることがあります。

そして高価なものを何のためらいもなく購入する癖がついてしまうと、借金をしてでもものを購入しようとします。

そのためこのような親はお金やものに対する見方を調整する必要があります。

さもないと子供に悪影響が及ぶのです。

9. 節約が好き

節約が好き

節約することが好きな人も、お金について頻繁に口にする傾向にあります。

このような人は安いものを購入すると上機嫌になります。

そして「今日はこんなに節約できた」といった仕方でお金について語るのです。

節約が好きな親から、子供は節約の大切さについて学ぶことができます。

しかしお金のことばかり口にすると周りの人から冷たい目で見られてしまうことがあります。

そのため節約に励むのは褒められることですが、その額にちて頻繁に口にすることは避けたほうが無難です。

10. お金があると安心する

当然のことですが、お金がなければ苦労します。

食べ物や飲み物を購入したり、電気やガスを使用するにもお金が必要です。

また体調を崩して病院へ行ったり、虫歯の治療のために歯医者に行くためにもお金が必要です。

こうした状況により、お金があると安心するという人がいます。

そして親に立場にある人の中にはこの点を強調し、子供にお金の大切さを語る人がいるのです。

お金は生活していくうえでの必需品で、それを稼ぐように努力しなければならないことをことあるごとに述べるのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!