恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731115210.html
ツンデレの特徴

ツンデレの特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ツンデレの特徴

ツンデレの特徴を30選まとめてみました。



  • 返信が遅い
  • 人前では冷たく当たる
  • 滅多に褒めない
  • 優しさをごまかす
  • 信頼されている
  • 繊細
  • 真の姿を見せることがある
  • 全力で助けることもある
  • 弱みを見せたくない
  • 照れ屋
  • 見栄っ張りの傾向がある
  • 文章のみで愛情表現
  • 誰もいないところで手をつなぐ
  • 特定の人の前で泣く
  • 恋人以外には優しい
  • ありがとうが言えない
  • 自信がない
  • 半信半疑
  • 慎重
  • 機会を探す
  • ギャップがある
  • 素直ではない
  • 気分屋
  • 経験がない
  • 言葉選びが下手
  • 話慣れていない
  • ふとした笑顔を見せる
  • 適度な距離感が好き
  • ルックスがいい方も多い
  • 意味深い言葉を述べる

1. 返信が遅い

返信が遅い

メールやLINEの返信が遅い人がいます。

しかしツンデレの人は必ず返信をするのです。

このように少しじらすことで相手を引き離すように感じさせ、実は気にかけていることを示すのです。

このような状況は返信を受け取った人がお付き合いしている彼氏や彼女に会いたいという気持ちを強めることになります。

2. 人前では冷たく当たる

人前では冷たく当たる

人前では自分の彼氏や彼女に冷たく当たる人がいます。

しかしこれはお付き合いしている人を嫌いになったわけではなく、人前でイチャイチャするのが恥ずかしいだけであるのが一般的な状況です。

そのため二人きりのときは優しくしてくれるために、このような状況がツンデレとなるわけです。

こうした状況は男性によく見られます。

やはり男性はクールである印象を持ってほしいと感じるために、人前で彼女に優しさを示すことに抵抗を感じることがあるのです。

3. 滅多に褒めない

滅多に褒めない

自分の彼氏や彼女を滅多に褒めないという人がいます。

このような人は何事も努力して成功を収めてきたタイプで、それゆえにお付き合いしている人が何かを行っても滅多に褒めてくれないのです。

しかし本当に努力したことが明らかになる場合、その点をしっかりと褒めてくれます。

普段褒めてくれない人からお褒めの言葉をもらうと、非常に嬉しくなるものです。

このような状況がツンデレとなり、落ち着き愛している人への愛情が強まることがあります。

4. 優しさをごまかす

優しさをごまかす

とにかく恋人と二人きりであってもクールを装う人がいます。

そのような人は優しさを思い切り表現するわけではないものの、お付き合いしている人を好きであることには変わりありません。

そのため優しく接した後に、それをあたかも偶然生じたことのように述べる人がいます。

たとえばお付き合いしている人が風邪をひき、風邪薬を購入して持って行ったときに、「たまたま家に風邪薬の余りがあったから」と述べてついでを装うのです。

お付き合いしている人のことを本当に思って行動したのではないことをなんとなくアピールしつつも、本当は気を使っていることを示す行動であり、このような状況にツンデレを感じる人がいます。

5. 信頼されている

信頼されている

ツンデレはお付き合いしている人の好きという気持ちを高める効果があります。

しかし中には不器用な性格がツンデレを引き起こすことがあります。

たとえば先にも考慮したように、優しさに気づかれるとなんだか恥ずかしく思ってしまし、「あなたのためにしたのではなく、偶然そうなった」というような状況を装うのです。

しかしそのような優しさに気づく人は大勢います。

そしてその優しさは自分に注目を集めるためのものではなく、他の人を考えて示されたものであることが理解されることがあります。

このようなことが知れ渡ると、「この人は本当に優しい人」という理解が得られるために、人から信頼されることになります。

6. 繊細

繊細

上記でも述べたように、計算されたツンデレも存在します。

そのような人はお付き合いしている人の気持ちをもっと自分に向けようと考えるのです。

そのためツンデレには綿密な計画がなされていることもあり、このような人は非常に細かなところにこだわることがあるのです。

そのためこのタイプの人は繊細であることが多々あるのです。

7. 真の姿を見せることがある

真の姿を見せることがある

計算されたツンデレを実行する人も、不器用ゆえに知らず識らずのうちにツンデレを示す人も、お付き合いしている人のことを好きであることに変わりありません。

そのためふとした拍子にこの感情が人前で現れてしまうことがあります。

たとえばお酒を飲んでいるときに気持ちが緩んでしまい、ついつい人前でお付き合いしている人に対する気持ちを述べてしまうことがあります。

また信頼できる友達にお付き合いしている人に対する愛情を述べることもあります。

8. 全力で助けることもある

全力で助けることもある

冷たく感じるような行動を取ることがあっても、ツンデレな態度を取る人はお付き合いしている人のことが大好きです。

そしてお付き合いしている人が本当に困っているような状況では、ツンデレにこだわっている場合ではありません。

そのためこうした状況では、ツンデレを止めて全力でサポートするように心がけるのです。

このようなシーンがきっかけで結婚に至るカップルもいます。

9. 弱みを見せたくない

弱みを見せたくない

お付き合いしている人が好きであり、愛情を示したいと感じるものの弱みを見せることに抵抗を感じる人がいます。

そのため普段の行動は非常に素っ気ないものとなりますが、心の中では深い愛情を抱いているのです。

このような人も言葉や行動によって愛情を示すことが少なくなるために、ツンデレとなります。

10. 照れ屋

照れ屋

自分の思いを言葉や行動に示すことが苦手であるという人がいます。

このような人の性格は恥ずかしがり屋であり、自分を上手に表現することができません。

そのためお付き合いしている人に深い愛情を抱いているものの、それをたまにしか表現できないのです。

また照れ屋を隠すためにあえて冷たく振舞うことを心得ている人もおり、このような場合はツンデレが加速することになります。

11. 見栄っ張りの傾向がある

見栄っ張りの傾向がある

お付き合いしている人を好きであるという気持ちを抱いているものの、できることなら相手が自分の気持ちを超えるぐらいの愛情を抱いてほしいと感じる人もいます。

このような人はあえて素っ気ない態度を取り、優しさをたまにしか示しません。

このような行動に出る人は見栄っ張りな性格の人が多く、ツンデレによってお付き合いしている相手の愛情を高めようとするのです。

12. 文章のみで愛情表現

文章のみで愛情表現

二人でいるときは素っ気ない態度を取るものの、メールやLINEなどで文章を打つときは愛情表現をストレートに示す人がいます。

多くの人は愛情表現を示す言葉を本人の口から聞きたいと感じます。

そのためデートをしているときに、まだかまだかと待ち構える人もいるのです。

このような状況で愛情を示す言葉を聞くことができなければ、がっかりしてしまうことでしょう。

しかし家に帰ってからメッセージで愛情表現がなされると、落ち込んだ気持ちが一気に高まります。

13. 誰もいないところで手をつなぐ

誰もいないところで手をつなぐ

仲の良いカップルは手をつなぎます。

そのためデート中に手をつなぐことを楽しみにしている人もいます。

しかしこのような行動によって仲の良い様子を誰かに見られてしまうのを快く思わない人がいます。

このような人は人前でお付き合いしている人と手をつなぐことはしません。

しかし二人きりになった場合、手をつなぎます。

このようなツンデレも大きな驚きと喜びを生じさせます。

14. 特定の人の前で泣く

特定の人の前で泣く

これまで見てきたように、中にはツンデレを望んでいないものの自分の性格ゆえに、ツンデレが生じてしまうという人もいます。

このような人の多くは自分の性格を好んではおらず、改善したいと感じています。

そのため信頼できる人の前ではついつい気持ちがあふれ出てしまい、緊張が緩んで泣いてしまうことがあるのです。

こうした状況はツンデレ女性に多く見られます。

15. 恋人以外には優しい

恋人以外には優しい

お付き合いしている人にはツンデレを示すものの、それ以外の人には優しく接する人がいます。

このタイプの人も自分では望んでいないのにお付き合いしている人に対してツンデレを示してしまう人です。

好きという気持ちはときに意志とは真逆の行動を取らせることがあります。

このような状況にある人はお付き合いしている人以外には真の自分を示すことができるために、周りの人からは「親切な人」という良い評判を得ることがあります。

16. ありがとうが言えない

ありがとうが言えない

ツンデレの人は「ありがとう」の一言が言えないことがあります。

このような状況はお付き合いしている人の優しさにとても感謝していることを示すものです。

しかしツンデレによって自分に対する愛情を高めてほしいと思っていたり、恥ずかしさゆえに自分の気持ちを正直に表現できない人は、「ありがとう」をなかなか言うことができません。

17. 自信がない

自信がない

お付き合いしている人に嫌われてしまうのではないかという心配をしている人がいます。

このような人は自分に自信が持てない状況にあります。

そのため自分の気持ちを上手に表現できず、感謝の言葉や優しさを上手に示すことができなくなるのです。

しかし状況によっては素直になれるときもあり、このような場合は感謝や優しさを示せるためにツンデレとなるのです。

18. 半信半疑

半信半疑

「現在お付き合いしている人がいるものの、この人は本当に自分のことが好きなんだろうか?」と感じている人がいます。

このような人はメールやLINEで自分の気持ちを表現しようとするものの、思わず手が止まってしまうのです。

そのため返信が遅くなり、結果的にツンデレが生じてしまいます。

しかしこのような状況が相手の愛情を強めることがあります。

また相手が本当に自分のことを好きでいてくれると分かった場合、ツンデレから解放されます。

19. 慎重

慎重

これまでも再三述べてきたように、計算されたツンデレではなく自分の性格ゆえにツンデレになってしまう人がいます。

このような性格を心得ている人の中には、何事にも慎重に行動する傾向にあります。

なぜなら自分では位置していなくても、相手に失礼な態度を取ってしまうことがあるからです。

またこのようなツンデレが二人の距離を広げてしまうこともあるために、言葉や行動に対して慎重になるのです。

20. 機会を探す

機会を探す

性格ゆえにツンデレが生じてしまう人は、自分が気持ちを正直に打ち明けることができる機会を探し求めます。

中には何かの記念日やイベントのときには比較的容易に自分の気持ちを語れるという人がいます。

そのため記念日やイベントに敏感になっている人もいます。

21. ギャップがある

ギャップがある

ツンデレの人は素っ気ない態度を取ることが多いわけですが、それゆえにその人の特技や意外な一面を見逃していることが多々あります。

そのためそのような人が思わぬところで特技を披露すると、それに驚くことがあります。

このようなギャップは人を引き付けることが多いために、お付き合いしている人への愛情が高まることがあるのです。

22. 素直ではない

素直ではない

これはお付き合いしている人だけに限らず、全ての人に対してツンデレ行動を取る人に言えることです。

素直でなければ自分の気持ちを上手に表現することができません。

そのため常にツンデレが生じてしまうのです。

このタイプの人はお付き合いするのが難しいと感じられがちです。

またエスカレートするとわがままばかりを言うようになり、振り回されてしまうこともあります。

23. 気分屋

気分屋

23の項目とは全く逆の性格であるものの、ツンデレが生じてしまうこともあります。

非常に素直な性格であるものの、気分屋であるためにツンデレと感じられてしまうのです。

このタイプの人は気分が乗らないときは周りの人に冷たく接するものの、気分が高揚しているときは自分の気持ちを素直に表現します。

このような状況がツンデレを生じさせるのです。

24. 経験がない

経験がない

異性とお付き合いするのが初めてであるという人がいます。

このような人はお付き合いしている人にどのように接していいのかがわからない場合があります。

そのため常に愛情を言葉に表したほうがいいのか、それとも需要なシーンでのみ表現したらよいのかで迷ってしまうのです。

そのため愛情や感謝の気持ちを述べる機会が極端に少なくなってしまうのです。

しかし常に言葉による愛情表現が大切であると感じているために、それを述べるときには非常に丁寧で、心のこもったものとなります。

25. 言葉選びが下手

言葉選びが下手

言葉選びがあまり上手ではないために、ツンデレが生じてしまうことがあります。

お付き合いしている人に感謝の気持ちや愛情表現の言葉を述べたいと感じるものの、どのような言葉をチョイスすればよいのかがわからないために、ついつい無口になってしまうのです。

しかし無口を長い間貫くことは良くないと理解しているために、時々心のこもったメールや手紙を送ることがあります。

このようなものをもらう人は非常に嬉し気持ちになります。

またお付き合いしている人が言葉選びの点で悩んでおり、それゆえにツンデレになっていることを理解してくれる人もおり、このような場合は愛情が薄れることはありません。

26. 話慣れていない

話慣れていない

普段からおとなしい人が話をするというのは、意外とエネルギーを消費するものです。

そのためもともと無口であり、話をすることが苦手な人もツンデレになることがあります。

このような人も文章を作る能力には長けていることがあり、それゆえにデートが終わって帰宅した後にメールで愛情表現したり、感謝の言葉を述べることがあります。

このようなツンデレもお付き合いしている人の理解があれば、問題ありません。

また慣れてくれば会話は弾んできますので、それほど深く考える必要はないかもしれません。

27. ふとした笑顔を見せる

ふとした笑顔を見せる

意図的にツンデレを装っていようとも、性格的にツンデレが生じようとも、お付き合いしている人から喜ばしい言葉をかけてもらうと嬉しく感じるものです。

そのため素っ気ない態度を取っていても、そのような言葉を聞くとふとした笑みがこぼれることがあります。

このような表情に敏感にあるならば、ツンデレ彼氏、そして彼女の本当の気持ちを知ることができます。

28. 適度な距離感が好き

適度な距離感が好き

誰とでも適度な距離感を保つことが好きであるという人がいます。

このような人は親しすぎる態度を取ることはなく、それでいて自分の気持ちをふさわしいときに表現します。

その結果ツンデレが生じるのです。

このタイプの人はお付き合いしている人に対してもツンデレを示すことがあります。

しかし「この人は本当に自分の彼氏、または彼女にふさわしい」と判断された場合、その距離を急速に縮めることがあります。

そのためこのタイプの人が自分の気持ちを包み隠さずに話すようになったとき、それは恋人として認められたことを意味しています。

29. ルックスがいい方も多い

ルックスがいい方も多い

意図的にツンデレを示す人は、自分が素っ気ない態度を取ってもお付き合いしている人が離れていくことはないと確信しています。

その理由の一つはルックスが優れているからです。

このような状況が自分がモテるという気持ちを生じさせ、余裕をもってツンデレに移行されます。

しかし当然のことながらこのような自信が打ち砕かれることもあります。

30. 意味深い言葉を述べる

感謝や愛情表現の言葉を述べるとき、短い言葉でそれを伝えることができるのもツンデレを示す人の特徴です。

このようなものはその人の気持ちを上手く表現するものであり、聞く人の心を掴むものです。

このようなことができるからこそ、ツンデレの人は人を引き付ける要素を持っているといえます。

また言葉がたどたどしくても気持ちを伝える術を有している人もおり、このような人の言葉には誠実さが加わるために、それを受け取る人は心を引かれるのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!