恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170730165951.html
現状維持を好む人に共通する特徴10選

現状維持を好む人に共通する特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
現状維持を好む人に共通する特徴10選

仕事、恋愛、結婚など現状維持を好み変化を起こさない人がいます。 周りはヤキモキしてしまうこともあるかもしれません。 そんな現状維持を好む人に共通する特徴をまとめました。

  • 変化したくない、保守的
  • 今より悪くなったらという恐れがある
  • 何も考えなくていいので楽
  • 自分から行動したくない
  • 責任をとるのが嫌
  • 面倒くさいからこのままでいいという考え
  • 努力するのが苦しい、嫌だ
  • 考えが足りない
  • 先を見る目がない
  • 慎重、小心な性格

1. 変化したくない、保守的

変化したくない、保守的

現状維持を好む人は、それまでの決められてきたことをこなす方が向いています。 変化を好みません、どちらかといえば保守的な傾向にあります。 ルールは守る、伝統は大事にするところがあるので、仕事や生活において大きな失敗をすることは少ないでしょう。 ただし、ちょっと頑固、視野が狭いという短所もあります。

2. 今より悪くなったらという恐れがある

今より悪くなったらという恐れがある

現状維持の利点は、今より悪くなることはないということです。 安全策、リスクを抱えたくない場合は現状維持が一番であるといえます。 でも現状維持を続ければ、それより上へ行くこと、さらなる成功を収めることはできません。

ですから恐れずに冒険できる人の方が大きな成功を手にすることができるともいえますよね。 現状維持を好む人は今より悪くならなければそれでいいと納得もしくは諦めがついている人です。 また恐怖心を持っていることも考えられます。

3. 何も考えなくていいので楽

何も考えなくていいので楽

仕事でもプライベートでも現状維持というのは楽なものです。 新しいことを始める、これまでと何かを変えるというのは、体も精神的にも疲労しますし、時間もとられます。 現状を維持することは慣れていることであり、何も考えずにできることばかりです。 そこそこ満足できているし、楽なのが一番、そう思っているのです。

4. 自分から行動したくない

自分から行動したくない

現状維持に留める人、それは自分からあえて行動をとりたくないという理由もあります。 人に言われるままのことをこなすだけで精一杯という人もいます。

また自分から行動を起こすと「出しゃばっている」など反感を買う恐れもあります。 また失敗するかもしれません。 そんなリスクを抱えるぐらいなら現状維持に留めておくのが一番無難だという心理があります。

5. 責任をとるのが嫌

責任をとるのが嫌

現状維持を好む人は、何かを変化させる、新しいことを取り入れるなどが嫌いです。 それは自分が始めたことには責任というのが生じるからです。 何か不都合、失敗が起きた時にそれが自分のしたことが原因になると責められますし、後処理など余計な仕事も増えます。

責任をとりたくない、それゆえに昇進試験を受けずに現状の平社員のままでいいと考える人もいます。 管理職になると責任が重くなるから、それならばこのままでいいという考え方なのです。

6. 面倒くさいからこのままでいいという考え

面倒くさいからこのままでいいという考え

現状を変えると、何かいい方向に変わるはず、そう頭でわかっている場合でも。 結果が見えている場合でも、あえて動かず現状維持でのらりくらりしている人もいます。 それは現状維持では良くないと思っていても、動くのが面倒だからという性格からです。 いい方向への変化を求める気持ちよりも、面倒くさいが、勝ってしまうのです。

7. 努力するのが苦しい、嫌だ

努力するのが苦しい、嫌だ

現状維持を好む人の特徴、それは努力すること、苦しいことが嫌いという性格です。 誰だって苦しい思いは嫌です。 でもいい方向へ変わりたい、良くしたい、そんな思いから時には歯を食いしばって頑張る、耐えるものです。 現状維持を好む人は、何もそこまでする必要はないと思ってしまいます。

今の状況で満足である、これ以上望むのは欲張りだ、不平不満を持つのは良くないなど都合のいい言い訳を並べます。 まるで現状を変えようとしている人が反乱を起こそうとしている、混乱させようとしている悪者であると言わんばかりです。

8. 考えが足りない

考えが足りない

現状維持は確かに安全です。 失敗することはほとんどないのです。 ですがこのまま現状維持ではいずれ困ることが起こる、ダメになるとわかっている場合もあります。 未来のことは誰にもわかりませんが、いいことばかりではなく悪いことも時にはあるのです。

それを思えば現状維持だけでなく何か別のことを取り入れる、新しいやり方を試すなど、何かしら行動を起こすことが大事ですし、また対応策など考えることもしておいた方がさらに安心です。 現状維持を好む人というのは危機管理能力はあるのかもしれません。 ですがリスクマネジメントはあまり考えていないともいえます。

9. 先を見る目がない

先を見る目がない

現状維持を好む人は、今が良ければいい、今問題が起こっていないのだからこれでいいといった考え方。 新しいことを取り入れようとする人に反発しますし、文句を言うこともあるでしょう。

ですが、現状維持にこだわる人に限って後で困ったことになった時に人に頼ったり愚痴を言ったりします。 散々人のアドバイスを無視した結果なのに反省もないことが多いのです。 先のことを考えればこうなることはわかっていたという事がほとんどなのです。 先を見る目がない、考えが及ばない、そういう特徴があります。

10. 慎重、小心な性格

何だかマイナス面ばかりのようですが、実は現状維持を好む人のいいところもあります。 それは、慎重なところがあることです。 現状を打破するのはそれなりに時間やお金、労力など出ていく場合もあります。 失敗してしまうこともあります。

大きな冒険はしたくない、地道にやっていきたいという慎重派の人は現状維持にこだわります。 多少小心な面もありますが、それゆえに大胆な行動はとることが少なく、結婚相手としては堅実にやっていける相手ともいえますね。 たとえ話ですが、勝手に脱サラしてしまい商売を始めて借金を作り妻に苦労をかける、というようなことは少ないでしょう。

仕事、恋愛、結婚など現状維持を好み変化を起こさない人がいます。 周りはヤキモキしてしまうこともあるかもしれません。 そんな現状維持を好む人に共通する特徴をまとめました。


変化したくない、保守的

現状維持を好む人は、それまでの決められてきたことをこなす方が向いています。 変化を好みません、どちらかといえば保守的な傾向にあります。 ルールは守る、伝統は大事にするところがあるので、仕事や生活において大きな失敗をすることは少ないでしょう。 ただし、ちょっと頑固、視野が狭いという短所もあります。

今より悪くなったらという恐れがある

現状維持の利点は、今より悪くなることはないということです。 安全策、リスクを抱えたくない場合は現状維持が一番であるといえます。 でも現状維持を続ければ、それより上へ行くこと、さらなる成功を収めることはできません。

ですから恐れずに冒険できる人の方が大きな成功を手にすることができるともいえますよね。 現状維持を好む人は今より悪くならなければそれでいいと納得もしくは諦めがついている人です。 また恐怖心を持っていることも考えられます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!