恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170728161615.html
悲劇のヒロインぶる女性の特徴

悲劇のヒロインぶる女性の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
悲劇のヒロインぶる女性の特徴

あなたの周りに、日夜悲しみにくれる女性はいませんか。 悲劇のヒロインぶる女性にありがちなポイントをまとめてみました。

  • 世界の中心にいたい
  • ウソを平気でつく
  • ライバル心をむき出しにする
  • 孤独によわい
  • 計算だかい
  • 感情の波がはげしい
  • 腹黒い
  • 男好き
  • 自分に自信がない
  • 本気で人を愛せない
  • 子どもっぽい

1. 世界の中心にいたい

女性(綺・頭かき)

悲劇のヒロインぶる女性の特徴として、どんな時もどんな場所でも「常に自分が中心でいたい」という想いがあります。 悲劇のヒロインぶるのも、いつも注目されていたいという自己顕示欲のあらわれからきています。 会社の人間関係や、友達付き合いで自分に関心を惹きつけたいため、大げさに話を盛る傾向があります。

2. ウソを平気でつく

男女(会話・テーブル)

悲劇のヒロインでいたい女性にとって、フィクション系ストーリーはお手の物です。 次から次へと小説家のようにストーリーが頭に浮かび、それを周囲の人に本当にあったかのように真実の話として伝えます。

ココロがピュアな人ほど、本人が言った話を鵜呑みにしてビックリします。 周囲の人の気を引くためについた嘘は、尾ひれがついて次第に大きくなり、後に引けないくらい大きくなることもあります。

3. ライバル心をむき出しにする

女性(祈り2)

悲劇にはライバルや敵が付きものです。 たとえ相手は何とも思っていなくても、この手の女性はライバル心をむき出しにして、争う姿勢を明確にあらわします。

あの手この手を使っていろいろ戦略を立ててくるため、まともな人は心身ともに疲弊します。 悲劇のヒロインぶる女性が歯向かってきた場合、真正面から向き合うのはとても無理。 自分と家族の今度の生活のためにも何とかしようと想わないことが大切です。

4. 孤独によわい

女性(背・海)

悲劇のヒロインを演じる女性の多くが、誰かといつも一緒にいたい寂しがりやの女性です。 強がって孤高のヒロインぶっていても、本音をのぞくと「1人っきりになるのが怖い」性格の持ち主です。

いつも構ってほしい甘えたがり屋の性格のため、有ること無いことを言って周囲を困らせたりします。 いざ1人っきりになると何も出来ないことが分かっているため、24時間誰かと一緒にいたいのです。

5. 計算だかい

女性(綺・暗17・目線下)

被害妄想の強い女性は、かよわい私を演じることに一生懸命です。 けれども実際は鋼のようにタフな精神状態を保っていることもあります。

何も考えていそうに見えなくても、未来のことをあれこれ考え、自分の都合の良いように解釈する、計算だかい一面もあります。 自分に損な役回りは決して引き受けないため「卑怯な人」「図々しい人」と揶揄されることもあります。

6. 感情の波がはげしい

女性(悩み8・明)

自分に落ち度がないと思う女性は、泣いたり怒ったり感情の波がとても激しい人が多いものです。 さっきまで笑っていたと思ったら、次の瞬間には泣き崩れていることもあります。 もともとの性格が由来していることもありますが、うつなどの精神病が背後に隠れているケースもあります。

傍らでみていてあまりにも喜怒哀楽が激しい・周囲を敵だと思っている、言動の偏りが見られる場合は一度メンタルクリニックに付き添うのがおすすめです。 深刻なココロの病が隠れていることもあります。

7. 腹黒い

女性(雨・傘)

相手の情を引きたがる女性は、腹黒い一面があります。 自分より弱い立場の人には強く出て、自分より強い立場の人には徹底的に尽くします。 損得を考えて自分の有利なように物事を運びたい、ずる賢い性格の持ち主です。

言っていることとやっている事のつじつまが合わなくなることも多々あります。 自分の失敗を認めようとしないため、部下や後輩など弱い立場の人が被害をこうむることもあります。

8. 男好き

男女(男性頼り)

悲劇のヒロイン型の女性は「男の人が好き」です。 同性よりも異性に好かれることを前提に生きているため、ときにはライバルの女性を蹴落として、意中の彼をゲットすることもあります。

女性の前では横柄な態度を取るものの、好みの男性の前ではしおらしくか弱くなります。 飲み会や合コンなど出会いの席で、急に甘酸っぱい声になるのもこのタイプの女性の特徴です。

9. 自分に自信がない

女性(悩み22・膝抱え・側面)

いつも自分のことをストーリー立てて話す女性の多くは、劣等感に悩んでいる哀しいタイプです。 内面や外観に自信がまったく持てないため、あれこれ話を作っては周囲の人の気を惹こうと努力します。

中身が空っぽで幼稚なため、この手の作り話はいつしかバレてボロが出ます。 ボロを覆い隠すために悲劇のヒロインぶらなくてはならないため、一生をとおして辛い人生が待ち構えています。

10. 本気で人を愛せない

手アップ(繋ぎ7・全身・明)

悲劇のヒロインぶる女性は、誰かを本気で愛することができません。 権力やお金目当てで好みの男性に一時的に近づくものの「この人は、私のことを騙そうとしているのでは無いかしら」と疑うようになり、上手な関係を築くことができません。

常に疑ってばかり疑心暗鬼の気持ちでいるため、ココロが休まる所がありません。 この手の女性はいっけんお金に不自由のない裕福な暮らしをしていても、偽物のヴェールを覗くと、ココロが貧しい不幸せな暮らしを迫られていることも良くあります。

11. 子どもっぽい

男女(不仲2)

被害妄想の強い女性は、小さな子どもがそのまま大きくなったタイプの女性です。 体は大きくなっても心が十分成長していません。 そのため不幸せな出来事やハプニングに遭遇すると、テンパってしまいどうして良いか分からなくなります。

周囲を敵に回してまで悲劇のヒロインぶる女性は、子どもじみた女性です。 きちんと問題に真正面から向き合うことができず、いつも空想の世界で生きています。 現実に立ち戻ることを覚えないかぎり、一生孤独や悲しみと隣り合わせで生活しなくてはなりません。

あなたの周りに、日夜悲しみにくれる女性はいませんか。 悲劇のヒロインぶる女性にありがちなポイントをまとめてみました。


女性(綺・頭かき)

悲劇のヒロインぶる女性の特徴として、どんな時もどんな場所でも「常に自分が中心でいたい」という想いがあります。 悲劇のヒロインぶるのも、いつも注目されていたいという自己顕示欲のあらわれからきています。 会社の人間関係や、友達付き合いで自分に関心を惹きつけたいため、大げさに話を盛る傾向があります。

男女(会話・テーブル)

悲劇のヒロインでいたい女性にとって、フィクション系ストーリーはお手の物です。 次から次へと小説家のようにストーリーが頭に浮かび、それを周囲の人に本当にあったかのように真実の話として伝えます。

ココロがピュアな人ほど、本人が言った話を鵜呑みにしてビックリします。 周囲の人の気を引くためについた嘘は、尾ひれがついて次第に大きくなり、後に引けないくらい大きくなることもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!