恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170725111955.html
空回りする人の特徴

空回りする人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
空回りする人の特徴

空回りする人にはいくつかの特徴が見られますが、ここではそのうちの10個を取り上げたいと思います。



  • いつも全力
  • 緊張をほぐすため
  • 初めてのことには一生懸命
  • 期待しすぎる
  • 自分をアピールする
  • 人に好かれたいと願う
  • チャンスに熱くなる
  • 頑張りを装う
  • 好きな人の前にいる
  • オーバーリアクション

1. いつも全力

女性(明・髪触り・正面・待ち合わせ?)

いつでも、そして何にでも全力で取り組む人がいます。

このような人は周りの人の熱の入れ方を無視する傾向にあります。

そのため自分以外はそれほど熱くなっていない事柄に対しても、全力で取り組むのです。

このような状況に陥ると一人だけ熱心であることから、周りの人からは空回りしていると判断されてしまいます。

中にはこのような状況に気づいたとき、寂しい思いをする人もいます。

2. 緊張をほぐすため

女性(綺・頬触り・座)

何かに熱心になっていないと緊張してしまうという人がいます。

このような人は自分を鼓舞して物事に一生懸命に取り組みます。

そして周りの人が覚めているような状況でも、物事を熱心に行おうとするのです。

たとえばみんなの前で何かを説明すなければならない場合、緊張して声がかすれたりするのを防ぐために、大声で面白おかしく説明を行おうとします。

しかし聴衆がおとなしい場合、笑い声などが聞かれることがないために説明している人が一人で熱くなっているとみなされ、空回り状態となってしまいます。

3. 初めてのことには一生懸命

女性(綺・明79・窓の前)

多くの場合、初めて行うことには一生懸命になるものです。

しかしこのような思いが強い人も、空回りしてしまう傾向にあります。

しかし場数を踏めば力を抜くポイントを学ぶことができるようになるために、次第に空回りすることは亡くなります。

それでもまた新たなことを始めると熱が入って空回りすることは繰り返されます。

4. 期待しすぎる

女性(悩み24・机うつ伏せ)

何かを行うときに大きな期待を抱いていると、空回することがあります。

たとえば大きな仕事が与えられ、その準備を念入りに行っていたものの、実際に行ってみるとそれほど大変な仕事ではなかったと感じることがあります。

そのような場合は気持ちが高ぶっていたために、ついつい空回りしてしまうことがあるのです。

そのため物事に対して大きな期待を抱く傾向にある人も、空回りすることがあります。

5. 自分をアピールする

男女(顔合わせ寝そべり1)

いつでもどこでも自分をアピールしたいと考えている人は、空回りすることがあります。

自分を大きく見せたり、目立つように行動するためには熱心であるべきだと考え、一生懸命に行動するのです。

そして場合によってはそれほど熱心に行動しなくても物事がスムーズに行われるような状況や、周りの人が冷静であるような状況で熱く行動してしまい、「この人は空回りしている」と思われてしまうのです。

6. 人に好かれたいと願う

女性(祈り1)

いい人をアピールして人から好かれたいと感じている人も、空回りすることがあります。

このような人は小さなことでも即座に行動し、人のためになること何でも行おうとします。

しかしこのような行動は場合によっては人を怠惰にしてしまうことがあるために、注意が必要です。

そのため状況によっては「あの人が行っていることは余計なお世話であり、人のためになっていない」と感じさせてしまうこともあるのです。

このような状況には注意しなければなりません。

7. チャンスに熱くなる

男女(手繋ぎ・草原・顔隠れ)

仕事などで昇進のチャンスが訪れると、誰でも気持ちが高ぶるものです。

そしてとりわけそのような強い気持ちが湧きおこってくる人は、空回りする傾向にあります。

「このチャンスは自分の将来を左右すると思うと、熱くならずにはいられない」と感じ、いつも以上の頑張りを見せるようになるのです。

昇進が一定期間の業績などで決定される場合などはその期間内での仕事を頑張りすぎてしまい、周りからは空回りしていると見られてしまいます。

8. 頑張りを装う

女性(両手ガッツポーズ)

手を抜いていると思われたくないために、頑張っていることを装う人もいます。

そのような人の中にも空回りしていると見られる人がいます。

とにかく一生懸命に働いているように思われればそれでいいと感じ、行っている物事に対して余計な力を注いでしまうのです。

このような状況は見抜かれてしまうこともあるために、忙しさを装うことはお勧めできません。

9. 好きな人の前にいる

男女(眺める・夕日・ビル)

好きな人を前にすると緊張と自分を良く見せようという思いが混ざり合い、明るくなったりオーバーリアクションを取るようになる人がいます。

このような人も空回りしていると感じられてしまうのです。

中には緊張による汗をかきながらオーバーリアクションを取る人もおり、見ている人が痛々しさを感じる状況さえあるのです。

しかし中にはこのような異性を可愛らしく思う人もおり、恋愛に発展することもあります。

10. オーバーリアクション

男女(腕組み・顔隠れ)

誰かの機嫌を取るためにオーバーリアクションを取る人がいます。

このような場合は頼まれたことに対して大げさな言葉づかいや大きな声での返事などが伴うために、不必要なエネルギーを使っていることが周りの人に知れてしまうのです。

そしてこのような人も空回りしていると見られてしまい、多くの場合なぜこのような行動を取っているのかが知れてしまいます。

もちろんご機嫌を取られている本人が気づかなければ問題はありませんが、オーバーリアクションによるご機嫌取りはばれてしまうと逆効果を生じさせることがあるために、注意が必要です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!