恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170724151154.html
支配欲が弱い人の特徴

支配欲が弱い人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
支配欲が弱い人の特徴

支配欲が弱い人に共通する特徴を10選まとめました。



  • 自由になりたくて仕方がない
  • 形にこだわっていない
  • 誰とでもフレンドリーである
  • 個性を大切に生きている
  • 人を苦しめたくない
  • 他人も自分も支配で後悔させたくない
  • みんな平等だと思っている
  • ルールはあってもないようなもの
  • 誰も悲しんでほしくない
  • 自分自身で行動すべきだと思っている

1. 自由になりたくて仕方がない

女性(ベッド・楽・明)

支配欲が弱い人に共通する特徴で、自由になりたくて仕方がないという特徴があります。

人から支配されてしまうと、その分自分自身のやりたいことができなくなってしまいます。

自分はこんな考えを持っているのに、他人に自分の考えを抑え込まれてしまうとストレスを感じる人も多いでしょう。

自由でいた方が自分の意見も言いやすく、人の意見も取り入れやすくなるため、支配欲にかられない傾向があります。

2. 形にこだわっていない

心機一転(女性)

支配欲が強い人は、形にこだわっている可能性が高いです。

引っ張る人がいて、支配欲の強い人を支持することによって関係性が維持されます。

誰かリーダーがいて全体をまとめる支配者がいるからこそ、全体がまとまるんだという形にこだわるスタイルも良いと思う人もいれば、リーダーを作るのではなく一人一人が声を上げることで、全員の意見に耳を傾けることができて、さらに全体がまとまるため、形にこだわらないことで自由さを感じることができるのです。

3. 誰とでもフレンドリーである

男女(仲良10・うつ伏せ)

支配欲が強い人は、リーダーを作ったりカースト等の階級を作るなど、人をどんどん支配していくのですが、人を支配する事によって、いろんな人の意見を聞けなくなってしまいます。

そのため支配欲の弱い人はみんなからの意見を均等に聞くために、誰とでもフレンドリーに接する可能性が非常に高いのです。

支配されると言いたいことを言いたくても、言うことができないため心を閉ざしてしまうものの、フレンドリーに近づいた人には心を開きやすいものです。

これは男女の付き合いでも同じで、どちらが主導権を握るのではなく平等の関係であるからこそ、お互いの意見が言いやすくなるのです。

4. 個性を大切に生きている

女性(メイド・正面・髪触り・両手)

人を支配する事で、その人の個性ではなく支配している人の考えを押し付けていることになります。

そのため、支配欲の弱い人はそれぞれが個性だと考えている人が多いのです。

その人にはその人の個性があるからこそ、その人の気持ちを奪って支配してはいけないと考えているのです。

男女のお付き合いであっても、その人の個性を大切にしとお付き合いをすることで、お互いに認め合い助け合うことができるのです。

5. 人を苦しめたくない

女性(綺・明69・見上げ・遠)

支配欲が弱い人は、人を支配することで人を苦しめたくないと思っている人が多いのです。

人を支配すると言う事は、人の考えや言いたい事は言わせずに、全体をまとめるために同じ考えにさせるというものなので、苦しむ人がたくさん出てしまうのも事実です。

しかし支配欲が弱い人は、一人一人の気持ちを聞くことがどれだけ大切なことかわかっているため、人を支配するのではなく耳を傾けることに努力をするのです。

6. 他人も自分も支配で後悔させたくない

女性(綺・ドレス・アップ)

支配欲が強い人は、人を支配しているときに少なからず後悔も感じています。

人を支配することで自分の思い通りになる分、相手の気持ちを聞いてあげることができないため、聞けばよかったと後悔することもあるのです。

支配欲の弱い人は、人を支配することで他人も自分も間違った選択をして、後悔させたくないと思っているが故に支配欲が弱いのです。

これは男女の関係でもやったことで、どちらかが支配することで、相手に対して制限を設けてしまったり、自由を奪うことになるので、支配され続けて傷ついた状態で、支配した側は支配欲の恐ろしさに気づき後悔します。

7. みんな平等だと思っている

男女(雨回避)

支配欲が弱い人は皆が皆平等だと思っています。

支配欲が強い人は、自分が王様だという意識が強いこともあり、いろんな争いが生まれてしまいます。

人を支配することなく、皆が皆平等であれば、誰もが穏やかに過ごしていけると考えているのです。

8. ルールはあってもないようなもの

風景(人込み・多い)

支配欲の強い人と弱い人の大きな差は、どれだけルールに従っているかです。

ルールをしっかり守ること、ルールを守れない人にはそれなりのことをするなど、支配欲の強い人は権力やルールが全てだと思っていますが、支配欲が弱い人にとっては、ルールはあってないようなものです。

みんなでルールを作り上げていこうとする考えもあるので、ルールが大きく乱れたり悪いことが起こらない限りは特に縛りつけることなく自由にさせてくれます。

9. 誰も悲しんでほしくない

女性(綺・明16・目瞑り)

支配欲が弱い人は、誰も悲しんでほしくないと言う気持ちが強いのです。

人から支配されると悲しい気持ちになる人が多いです。

人を支配するのではなく、良い方向に支配する分には良いのですが、支配欲が強い人にはそのような話は通用しません。

支配欲が弱い人は誰もが幸せになる方法を考えながら規律を正すような感じなので、人を悲しませずに済むのです。

10. 自分自身で行動すべきだと思っている

足アップ(ローラースケート)

支配欲が弱い人は、支配欲の強い人に行動を制限されることを嫌います。

支配欲が弱い人は、自分自身でやりたいように行動すべきだと思っているため、その人一人一人にやりたいようにやってもらうことがベストだと思っています。

支配欲が強いだけで人の自由さえも奪ってしまうので、人の自由を奪う事なく過ごしていく事はとても大切です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!