恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170724110736.html
控えめな人に共通する特徴10選

控えめな人に共通する特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
控えめな人に共通する特徴10選

控えめな人にはいくつかの特徴が見られます。 ここではそのうちの10個をご紹介したいと思います。



  • 自信がない
  • 人の話を聞くのが好き
  • 性格を隠す
  • 苦い経験をした
  • 控えめの美学を心得ている
  • 他の人を尊重する
  • 注目されたくない
  • 落ち着きたい
  • 時期を心得ている
  • 引け目を感じる

1. 自信がない

女性(綺・暗23・腕枕・カメラ目線)

自分自身に自信がなく、堂々と振舞うことが苦手であるという人がいます。 このような人は常に控えめに振舞うのが一般的です。 しかし気心の知れた仲間とは包み隠さず話ができるために、このような仕方でストレスを発散します。 もっと自分をアピールしたいのにそうできないという人とは異なり、ある特定の人の前では控えめでも構わないと感じているのです。

2. 人の話を聞くのが好き

女性(綺・明21・カフェ座)

自分が積極的に話しをしてその場を盛り上げるよりも、人の話を聞くことが楽しいと感じる人がいます。 このような人も控えめに行動するのが一般的です。 興味深い話にしっかりと耳を傾け、場合によっては雑音を立てることさえせずに集中します。 このタイプの人も自分が話をすることができないためにストレスを感じることはありません。

3. 性格を隠す

女性(倦怠2)

自分の性格をよく理解している人がいます。 そして中にはいつもの自分を表現すると人から敬遠されてしまうために、あえて控えめに行動するという人がいます。 このタイプの人は自分を分析する能力を有しており、尚且つどのようにしたら協調性が生じるかを瞬時に考えます。 そのため平和な関係を作り出すことに長けており、空気を読むことができる貴重な存在となることもあります。

4. 苦い経験をした

女性(綺・暗27・側面・光)

これまでに出しゃばったことで周りの人から嫌な顔をされるなどの失敗を経験したことのある人は、控えめに行動するようになります。 二度とあのような失敗はしたくないという思いが働き、自分を制するのです。

このようなタイプの人は失敗を通して学習することができる人です。 出しゃばることで人気者となる人もいますが、このような状況は誰にでも生じるわけではありません。 この点をしっかりと心得ているからこそ、自分の立場やリスクについて冷静に見ることができるのです。

5. 控えめの美学を心得ている

女性(綺・花4)

控えめに行動する人はつつましさを示しており、このような特質は魅力的に映ることがあります。 そのためこのような特質を培いたいと感じ、控えめに行動する人もいます。 中には様々な能力を有しているにもかかわらず控えめに行動する人もおり、そのような人は謙遜さを示していることにもなりますので、人間的に尊敬できる人として知られることもあります。

6. 他の人を尊重する

女性(祈り1)

誰かが話をしていたり、注目すべき事柄があると出しゃばることをせず、黙って耳を傾ける人がいます。 このような人も控えめに行動する人として知られています。 このタイプの人は人を重んじることの大切さを理解しています。

そのため目立たない存在ではあるものの、周りの人を大切にしたいという気持ちを抱いているのです。 そのためこのような人の本質が理解されたとき、多くの人からの尊敬を集めることとなります。

7. 注目されたくない

女性(綺・カメラ目線・手すりに肘置き1)

もともとおとなしい性格であり、注目されるのが苦手であるという人もいます。 このような人も控えめに行動するのが一般的です。 このタイプの人の中には注目されると緊張してしまって落ち着いて話せないという人もいます。 そのため黙って人目につかないところにポジションを構えるということもあります。

8. 落ち着きたい

女性(口元隠し・フード・暗)

誰かに注目されると自分の行動が監視されたり、様々な質問が投げかけられたりします。 そのためいつでも気を張っていなければならず、落ち着いて生活することができないこともあります。 このような状況が好きではなく、あえて自分を目立たなくしている人もいます。

しかし一度存在がばれてしまうと、一度に多くの人に囲まれたり質問されたりという状況に陥りかねません。 そのためいつまでも目立たない存在でいられるというわけではないのです。 注目されるべき能力を有しているものの、自分は落ち着いた生活が好みであるという人にとって、どのようにして控えめを装うかは大きなポイントといえます。

9. 時期を心得ている

女性(綺・暗25)

人前で目立ちたいという気持ちはあるものの、今の自分はそれほどの存在ではないと感じている人がいます。 そのような人は自分を訓練し、人前で目立つことのできる状態になるまで一生懸命に努力します。 人は誰かにちやほやされると気持ちよくなるものです。

しかしそのような気持ちをただ楽しむのではなく、それに見合った人間になりたいという強い思いを抱く人がいるのです。 そのような人は「自分はまだまだである」と感じている間は控えめに振舞います。

10. 引け目を感じる

女性(背・ブロンド)

自分の周りに完璧と思えるような人物がおり、そのような人と自分とを比べてしまって「自分は劣っている」と思い込み、目立つことを嫌がる人もいます。 また抱いているコンプレックスがネックとなり、誰の目にも触れたくないと感じる人もいます。

このような思いが導く「控えめ」は消極的な思いによるものですので、どこかで断ち切る必要があります。 決して簡単なことではありませんが、自尊心を培えるように努力してするべきです。 また他の人と比べたりコンプレックスに注目することはマイナス思考を生じさせるために、これらには注意が必要です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!