恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170723141838.html
押しの強い女性の特徴

押しの強い女性の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
押しの強い女性の特徴

あの人結構強引かも…… 気付かないうちに彼女にいろいろ決められていた…… ぐいぐい引っ張るタイプの人は時にトラブルを生みますが、リーダーの気質は社会に必要とされています。

そんな押しの強い女性にありがちな特徴をまとめてみました。



  • リーダー気質が強く、引っ張っていきたいタイプ
  • パートナーが頼りないがために、強引にならざるをえない
  • 自分に自信があるため、他者の助言を聞こうとしない
  • 自分に自信がないために、誰かを操ったり思い通りに動かしたい。
  • 自己中心的で、思いやりがない
  • おせっかいで、何かと世話を焼きがち
  • デリカシーがなく、相手の内面に踏み込みがち
  • 良く言えばおおらか、悪く言えばおおざっぱ
  • 空気の読めない自由人
  • 正義感が強く、曲がったことが大嫌い
  • まとめ

1. リーダー気質が強く、引っ張っていきたいタイプ

女性

押しの強い女性はリーダー気質の人が多い傾向にあります。

学校や職場では先頭に立ち、行事や仕事の計画や運営を積極的に行います。

単にワガママなだけではなく、大勢の人を動かすために、考え決断するのです。

時として強引になってしまうのが、たまにキズですが、リーダー的性格は、社会にとって必要なものです。

家庭においても、妻が主導権を握る時は、そうした性格に由来することもしばしばです。

パートナーが一歩引くことで、上手くいっているカップルも多くいます。

2. パートナーが頼りないがために、強引にならざるをえない

男女(眺める・夕日・ビル)

もともとチームやグループを引っ張る性格ではなかった、リーダーなんて無理…… そうした性格の女性が、パートナーの性格が影響して豹変することもあります。

頼りなくリーダーシップに欠ける夫や恋人についていくのが不安を抱いて、自分が前に立たなくてはという気持ちになるのです。

特に産後、母親としての自覚を持った時、そうした強い女性になる傾向があります。

3. 自分に自信があるため、他者の助言を聞こうとしない

女性

自分に自信があり、決定や決断に迷いの無い女性は、強引になりがちです。

そういう方は他人からのアドバイスを聞こうとしません。

失敗しても、その辛さや悲しみをはねのけるほどのバイタリティがあるので、挫折感を感じにくいのです。

何かを一人で成し遂げることはできますが、誰かと協力する時に摩擦を生んでしまうので注意が必要です。

4. 自分に自信がないために、誰かを操ったり思い通りに動かしたい。

部屋(室内・植物)

逆に自分に自信がない人も、強引になりがちです。

ありのままに自分の性格や気質、容姿、能力を受け入れられないため、常に不安や不信感がつきまといます。

その感情は他者へも向けられており、『こんな自分には誰も寄ってこない』『離れていかないでほしい』といった恐怖を抱いています。

したがって、高圧的で命令口調になり、強引に誰かを傍に置こうとするのです。

5. 自己中心的で、思いやりがない

女性

自己中心的で思いやりに欠ける人も、強引になりがちです。

自分の思い通りにならないと気が済まない性格なので、他人に強要したり、要求することが多くなります。

また、自分勝手であることに気づかなかったり、後めたさがなかったりするので、とても厄介です。

相手の立場になって考えられないので、敬遠され、嫌われる性格と言えます。

あまり関わらない方が、身のためです。

6. おせっかいで、何かと世話を焼きがち

足アップ(ローラースケート)

おせっかいで世話焼きタイプの人が、押しの強い性格だと捉えられることもあります。

よくあるお母さんやおばちゃんのような性格で、困っている人や孤独な人をみるとつい声をかけたくなります。

彼氏の自堕落な生活が見ていられなくて、食事を作ってあげたり、掃除や洗濯をしてあげたりすることが多いです。

恋人というより、母子のような関係になってしまい、その安心感や油断から彼が浮気をしてしまうことがあるので注意が必要です。

また、度を越して、余計なお世話にならないように気をつけましょう。

7. デリカシーがなく、相手の内面に踏み込みがち

女性(綺・手差し出し3)

押しの強い人によくある失敗は、相手の内面に踏み込み過ぎて、傷つけたり怒らせたりしてしまうことです。

前述のおせっかいがすぎたり、自分の気持ちを押し通しすぎて、触れてはいけないことに触れてしまいます。

全てを開け透けにできるような人間はなかなかいません。

誰もが、恥や弱点、トラウマなど、周囲に見せたくないもの抱えているのです。

友人だから、恋人だから、家族だからといって、づけづけと踏み込み意見することはモラル違反です。

相手を思いやって行動することが大切なのです。

8. 良く言えばおおらか、悪く言えばおおざっぱ

男女(眺める・夕日・近・側面)

押しの強い女性は、繊細というよりも、雑な方が多いです。

良く言えばおおらかで、細かいことを気にせずにコミュケーションをとることができます。

悪く行ってしまえば雑な面も出てしまい、そうした気配りのなさが強引さに繋がってしまうことがあるのです。

時には、周囲に配慮して行動するようにしましょう。

9. 空気の読めない自由人

女性

TPOが分からない、空気が読めない人の行動が、強引でわがままに見えてしまうことがあります。

本人は悪気がないですし、相手の表情や場の雰囲気を感じ取ることが苦手という方もなかにはいます。

そういう方には、空気を読めというよりも、はっきりと自分の感情や場の状態を直接教えてあげることが、もっとも早くて正確な解決方法です。

10. 正義感が強く、曲がったことが大嫌い

足アップ(男性・水たまり)

大らかさとは逆に、厳格で真面目すぎる人や正義感の強い人も、強引になることがあります。

自分の中の正義や信条を一番に考え、そうした生き方を他人に強要しがちです。

誰もが受けいれられる正義や、信条というのは、どこにもありません。

思想を強要することもまた大きな罪であり、ハラスメントです。

相手の考えも大切にする柔軟性が、社会で生きる上で大切なことなのです。

まとめ

風景(海・波3・大きい)

いかがでしたか。

押しの強い女性といっても、生き方や考え方など、さまざまにあります。

相手によっては良い関係もできますし、もちろん破たんする時もあります。

押しの強さは時に武器になり、また凶器にもなることを胸に、人間関係を構築していきましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!