恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721155441.html
彼女を愛しく感じる時・瞬間10選

彼女を愛しく感じる時・瞬間10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼女を愛しく感じる時・瞬間10選

彼女への愛情故に愛しく感じる瞬間が訪れます。 さて、どんな時にそのような優しい感情が生まれるのでしょうか。

  • 「大好き!」とストレートに伝えてくる瞬間
  • 「ずっと一緒にいてくれる?」と見つめられる瞬間
  • 抱きしめたら「幸せだね」と言う瞬間
  • 第三者に「いい子だね、大事にしなさいよ」と彼女のことを褒められた時
  • 喧嘩をしても「好きだから絶対に別れない」と意地を張る時
  • 「キスしてもいい?」とおねだりする時
  • 友人の前で彼氏自慢をしている時
  • 夢はお嫁さんと語る時
  • サプライズに本気で感動してくれた時
  • 自分の大切にしているものを無条件で大切にしてくれたと感じた時

1. 「大好き!」とストレートに伝えてくる瞬間

男女(ハグ・女性後ろから・モノクロ)

お互いに好き合っているからこそ付き合っているのですが、いつまでも最初の頃の「この子を傷つけるようなことは絶対にしない」という気持ちを失わないのは、彼女からのストレートな気持ちが伝わってくるからこそ。

その伝え方の手段として「大好き!」と言葉にして伝えられたら、本当に嬉しさがこみあげてきます。 気持ちは通じあっている二人でも、伝え合わないカップルの方が多いのではないでしょうか。

敢えて言葉にすると気持ちが鮮明に伝わるものなのです。 そんなふうに気持ちを伝えてくれる彼女の存在は掛け替えのない宝物。 一際、愛しさを感じさせてくれる瞬間です。

2. 「ずっと一緒にいてくれる?」と見つめられる瞬間

女性

愛されて当たり前と考える女性が多い中で、気持ちの駆け引き無しで愛情を伝えてくる純粋な彼女。 そして、「ずっと一緒にいたい」と請われたら、「No!」と言える男性はいないでしょう。 ここまで思われたら、本望。

自分だけはいつでも彼女の味方でいようと心に固く決めるはず。 更に彼女のために全力で生きようと思えます。

3. 抱きしめたら「幸せだね」と言う瞬間

女性(祈り2)

愛していたらスキンシップは当たり前。 中でもギュッと抱きしめたくなる時は気持ちを相手に伝えたいと考えている時です。

その行為と気持ちを全身で受け止めて、「幸せだね」と言ってくれる彼女。 この女性をこれからもずっと幸せにしてあげようと気持ちを新たにできる瞬間でもあります。

4. 第三者に「いい子だね、大事にしなさいよ」と彼女のことを褒められた時

男性(後ろ姿2・複数・街歩き)

自分では愛している、大切にしていると思っていても、日々過ごしているうちにそういった感情はマヒしてしまうもの。 なんとなくおざなりになってしまいます。 気持ちを伝えることが少なくなったり、自分の中でも大事な存在だと意識することが少なくなったり。

そんなタイミングで第三者から彼女のことを褒められたら、「大事にしなくちゃいけないな」と改めて思いを強くするきっかけになります。 第三者が褒める素敵な女性に愛されている自分。 彼女への気持ちがぐっと高まります。

5. 喧嘩をしても「好きだから絶対に別れない」と意地を張る時

女性

どんなに仲が良くても喧嘩はつきもの。 時には言葉を荒げて言い合いをしてしまうことも避けられません。 そんな時には別れ話が持ち上がることもあるでしょう。 売り言葉に買い言葉で収拾がつかないままに別れてしまうカップルは珍しいわけではありません。

そんな時にでさえ、「私はあなたのことが好きだから、絶対に別れない」と言い張られたら、愛しく思う気持ちを抑えることは不可能レベル。 謝罪の言葉に加えて、「そうだね、絶対に別れないよ」と心からの言葉で応えるのが男たるものではないでしょうか。 こんなドラマティックな場面でこそ、彼女への気持ちはもっと募ります。

6. 「キスしてもいい?」とおねだりする時

女性(思考・口元に手1)

全てにおいて男性がリードする関係ならば尚のこと。 彼女から「キスしてもいい?」なんて聞かれたらメロメロになってしまいます。 100回でも1,000回でも10.000回でも。 彼女の気が済むまで極上のキスをしてあげましょう。

7. 友人の前で彼氏自慢をしている時

女性(仲良4・会話・背)

自分、彼女、彼女の友人もしくは自分の友達。 こういった面々が揃うシチュエーションで、「この人ってとっても優しいの」と人目を憚らず彼氏自慢をする彼女。 恥ずかしい反面、本当に愛されているなあと感じてしまいますよね。 「なに言ってるんだよ」と彼女を窘めつつ、愛しく感じてしまいます。

8. 夢はお嫁さんと語る時

女性(ウェディング1)

愛している女性が「私の夢はお嫁さんになること」と言っているのを聞いたら、「自分は愛されてるなあ」と実感します。 誰のお嫁さんになるとわざわざ言わなくても、現在進行形でお付き合いをしている彼氏の前で発言しているのですから、相手は決まっています。 客観的に見ると、これは逆プロポーズなんだと解ります。 自分の感情を包み隠さず無邪気に結婚したいと公言されたら、もう嬉し過ぎますよね。

9. サプライズに本気で感動してくれた時

女性(喜3・万歳)

大好きな彼女を喜ばせたくて、一生懸命に考えたサプライズ。 そのことに気付いた彼女が想像以上に喜んで、感動していると感じた時。 「この彼女を選んで正解だった」としみじみ思います。

サプライズは喜んでくれるか否かは賭けのようなものですから、相手が気付く瞬間まではハラハラドキドキ。 でも、頑張って仕込んだ甲斐があったと思えたら、これからもこの女性を喜ばせ続けたいと考えることでしょう。

10. 自分の大切にしているものを無条件で大切にしてくれたと感じた時

男女(男性頼り)

友人、家族。 男性であれば、車やそれ以外の趣味に関するものかもしれません。 とにかく自分が愛情を注いでいるものに対し、彼女がその気持ちを尊重して同じように大切にしてくれたら本当に嬉しいもの。

自分もそうありたい。 そうならなければ、彼女の誠意に応えることができない。 そして、彼女を心から愛しく感じることでしょう。

彼女への愛情故に愛しく感じる瞬間が訪れます。 さて、どんな時にそのような優しい感情が生まれるのでしょうか。


男女(ハグ・女性後ろから・モノクロ)

お互いに好き合っているからこそ付き合っているのですが、いつまでも最初の頃の「この子を傷つけるようなことは絶対にしない」という気持ちを失わないのは、彼女からのストレートな気持ちが伝わってくるからこそ。

その伝え方の手段として「大好き!」と言葉にして伝えられたら、本当に嬉しさがこみあげてきます。 気持ちは通じあっている二人でも、伝え合わないカップルの方が多いのではないでしょうか。

敢えて言葉にすると気持ちが鮮明に伝わるものなのです。 そんなふうに気持ちを伝えてくれる彼女の存在は掛け替えのない宝物。 一際、愛しさを感じさせてくれる瞬間です。

女性

愛されて当たり前と考える女性が多い中で、気持ちの駆け引き無しで愛情を伝えてくる純粋な彼女。 そして、「ずっと一緒にいたい」と請われたら、「No!」と言える男性はいないでしょう。 ここまで思われたら、本望。

自分だけはいつでも彼女の味方でいようと心に固く決めるはず。 更に彼女のために全力で生きようと思えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!