恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721154404.html
本気で人を好きになるということのリスク10選

本気で人を好きになるということのリスク10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
本気で人を好きになるということのリスク10選

本気で人を好きになることは素晴らしいことですがリスクもあります。 その10選を学んで役立ててください。



  • 他のことが手につかなくなる
  • 相手にウザい、重いと思われる
  • 仕事や勉強が疎かになる
  • 睡眠時間が減る
  • お金がかかる
  • 心が狭くなる
  • 別れる事が怖くなる
  • 過去を全て知りたくなる
  • 抱いていた夢もどうでもよくなる
  • 騙されても気づけない

1. 他のことが手につかなくなる

女性(悩み6・横顔・明)

あまりにも誰かを好きになってしまうと四六時中相手のことが頭から離れなくなり、それまで頑張ってきたこともどうでもよくなってしまいます。 またはどうでもよくないのに集中できず苦しんでしまうということもあります。

そこまで真剣に思う相手がいるならなおさら頑張って自分を磨くべきなのですが、恋に恋した状態ではなかなかコントロールが難しいでしょう。 一番は相手に助言してもらうのが効果があると思うので相談して優しく叱ってもらうといいかもしれません。

2. 相手にウザい、重いと思われる

女性(綺・暗14・黒髪)

本気で人を好きになると愛情が重すぎて相手にウザがられることも。 連絡の頻度が多すぎるとか、いちいち愛情表現を求めてくるとか、最初はそれらが可愛いと感じていた相手も徐々に疲れてくると思います。

相手も同じくらいの愛の深い人ならまだうまくいくのかもしれません。 でも愛情をアピールしすぎて嫌われてしまったら意味がないのでかけひき上手を目指したいですね。

3. 仕事や勉強が疎かになる

女性(綺・落ち葉・思考)

本気で人を好きになると意識が相手に向いてしまい、仕事や勉強にも影響が出ます。 相手に会うために職場や学校を休んでしまったり、デートを優先させるせいで職場の人に迷惑をかけてしまったり、進路を落として相手との結婚や相手の近くに住むことを目標にしてしまったり。

でも相手は努力する姿も好きなはずですし、自分を言い訳にされてはたまったものではありません。 恋愛と他のことをしっかり区別できるのが理想ですね。

4. 睡眠時間が減る

女性(綺・暗19・寝・カメラ目線)

相手に会いたいがために連絡が増え、会う時間も増えると寝不足にもなるでしょう。 その後家のことをしたり勉強したりする時間もとれなくなってしまいます。 プライベートを削ってまで会いたい人からすると睡眠時間なんてどうでもよくなってしまうのかも。

しかし健康でいきいきした表情は魅力のひとつでもありますし、元気でなければ考え方も卑屈になったりすることもあります。 相手だって健康であってほしいと願っているはずです。

5. お金がかかる

お金

本気で好きな相手になら高価なプレゼントを贈って驚かせたいとか喜ばせたいと考えます。 だから当然毎回お金もかかります。 高価な贈り物なら愛が大きいと言えるわけではないですが、やはりリアクションがいいと高価な方がいいんだなと思ってしまいますからね。

お金がかかる恋が嫌なら最初からどんな価値観の相手なのかをしっかり見ておくと良さそう。 逆に遠慮してしまい、ストレスを与えることのないように相手の気持ちに合わせた贈り物を考えるようにしたいですね。

6. 心が狭くなる

足アップ(男性・水飛沫)

本気で好きになっている時は相手のちょっとした連絡ミスや異性との付き合いもやきもちや不安によって許せなくなってしまいます。 だからたとえ両想いだとしても、夢中であればあるほど辛い恋になってしまう可能性もあるでしょう。 でもだからこそ恋愛はステキとも考えることができます。

自分が見えなくなってしまうほど誰かを好きになるということは、経験のない人からするととても羨ましく思ってしまうからです。 どうか相手に嫌われることがないよう、時に自分と向き合ってみてくださいね。

7. 別れる事が怖くなる

男性(後ろ姿・黄昏れ・夕日)

誰かのことを好きになりすぎてしまうと別れることを想像した時に怖くなってしまいます。 カップルなら別れたらどう立ち直るの?と未来が恐ろしくなったり、夫婦なら相手が亡くなった時自分はやっていけるの?と切なくなったりです。

どんな二人にも別れは訪れます。 しかしそれをわかっていながら「こんなに不安になるなら出会わなければよかった」と感じてしまうこともあるのは恋の悲しさですね。

8. 過去を全て知りたくなる

女性(ハグ・女性カメラ目線)

本気で人を好きになると相手の全てを知りたくなり、過去にどんな異性と交際していたかを聞き出したくもなります。 それでケンカになったりいらないやきもちをやいて辛い思いをしてしまうこともあるでしょう。

過去を知ったせいで相手を信用できなくなってしまうこともありますし、あまり詳しく聞くべきではないと思います。 相手も楽しかった前の恋人との時間を思い出してこちらに冷めてしまうこともあるかもしれません。 自分が不利にならないように気をつけなくてはいけませんね。

9. 抱いていた夢もどうでもよくなる

女性(胸元に手を当てる3・片手・暗)

恋愛に夢中になりすぎると夢を追いかけている熱い気持ちもその人に向いてしまい、抱いていた夢がどうでもよくなって努力も疎かに。 そのせいで掴みかけていた何かがすっとなくなってしまい、さらに恋愛しかないという思い込みが始まってしまうことも想定できます。

しかし夢は夢です。 恋愛と比べて諦めたり捨ててしまうとその恋がもし終わった時に虚しくなりますよ。

10. 騙されても気づけない

女性(悩み3・膝抱え)

一人の異性に夢中になりすぎてお金を貸してと言われても浮気をされていても騙されていることに気づけなくなったりもします。 信じすぎや手放したくないという思いから鈍くなるのです。 でも他人は他人なので厳しい目を持っておくことも忘れてはいけません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!