恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721142406.html
気遣いのできない男性の特徴

気遣いのできない男性の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
気遣いのできない男性の特徴

気遣いのできる男性に対して気遣いのできない男性がいます。

いったい、どこが違うというのでしょうか。

気遣いのできない男性に共通する残念な特徴について考えてみました。



  • 視野が狭い
  • 気持ちの余裕がない
  • 優しくされた経験に乏しい
  • 損得勘定ありき
  • 思考が幼稚
  • 媚を売っていると思われたくない
  • 俺様タイプ
  • 気が弱い
  • いつも、その他一名
  • 口下手

1. 視野が狭い

足アップ(男性・歩行2)

気遣いができないとうことは、周囲で何が起こっているのかを正確に把握できないということ。

つまり、視野が狭すぎて、広く見渡すことができないのです。

そのため、気遣いがしたくてもできません。

気付いた時には、既に物事が解決へ向かっていることが殆どという始末。

このタイミングで「やってあげようと思ったのに」という後出し親切は役に立ちません。

気遣いができる人との違いは「気付きのスピード」であることが明らかです。

2. 気持ちの余裕がない

男性(綺・暗)

いつも自分のことで精いっぱい。

そんな人は気遣いするに至りません。

気遣いというのは、他人に対して思いやりを持つということ。

つまり、こういう人は他人のために何かをする余裕が生みだせないという欠点があるのですを持っています。

それは時間的にも精神的にも余裕がないということを表します。

他人への気遣いをしようと意識するならば、まずは自分自身のことにもっと余裕を持って対処することから始めるべきでしょう。

3. 優しくされた経験に乏しい

女性(綺・鏡前・背・視線横)

人の行動は経験値に左右されます。

即ち、してもらった経験を生かし、誰かに対してしてあげるのが基本です。

だから、優しくされた経験に乏しい人は優しくしようという気遣いが生まれません。

この場合、本人の気質の問題というよりも単に恵まれなかったという過去がポイント。

性格に欠陥があるのではなく、されたことがないのでできないのです。

これから学ぶ機会があることに期待しましょう。

4. 損得勘定ありき

男性(白背景・素・正面)

自分が損をするか得をするかが全ての指標になる人がいます。

「この人を気遣ったらどんな得が生まれるのか」 「気遣わなかった時のダメージは?」 「気遣いをする労力と時間は見返りに見合うか」 こんな思考なので、「無駄」と判断した時には気遣いする素振りさえ見せません。

非常に現金で、解りやすい性格。

いざという時に自分が無条件では助けてもらえない可能性について考えたこともありません。

また、「あの人って・・・」という陰口を叩かれている可能性大!

5. 思考が幼稚

風景(空5・青空・太陽光・雲)

小さい頃から母親がいたせりつくせりの世話を焼いた男性に多いようです。

母親は無償の愛を息子に注ぎましたが、息子に対して「みんなに優しくしないといけない」という教育をしなかった結果です。

みんなが自分に親切にするのは当たり前。

でも、自分がしてもらって嬉しいことを誰かのためにしてあげようという気持ちにはなれないのです。

ある意味、不幸なパターン。

誰かのためになるという幸福感や充足感とは無縁のままに人生を過ごすことになってしまいます。

6. 媚を売っていると思われたくない

男性(暗・背・窓際)

誰かに親切にしている人を見ると「下心がある」と穿った見かたをしてしまいます。

だから、自分が何かをしてあげるということは、見苦しいこと。

下心があると思われたくないから、何もしない。

歪んだ考え方故に、誰かに対して気遣いをするということはありません。

7. 俺様タイプ

風景(橋・明)

ご都合主義の人も誰かに対して気遣うことがありません。

何かをしたい、してあげたいと思うのはその人それぞれの勝手。

好きな時に好きなだけ他人のために献身すればいい。

でも、自分はそんなことをするつもりは一切ない。

ただし、してくれるというなら拒むつもりもない。

だって、してくれるというのだから、したいのだろう。

その些細な希望を叶えてやるのも親切というもの。

こんな恐るべき「俺様」思考の持ち主です。

できないというよりも、しないといったほうが正しいかもしれません。

8. 気が弱い

男性(暗・背・外)

「こんなことをしたら迷惑と思われるかもしれない」 「このくらいは自分でやってもらったほうがいいのかもしれない」 気が弱すぎる人は、誰かを気遣う際にも過剰な遠慮をしてしまいます。

普通の人であれば、「お手伝いしましょうか」と声を掛けるところを躊躇してしまうのです。

全てにおいて遠慮がちで、気遣ってもらった方が異常に恐縮してしまうパターン。

気が小さく、内向的な男性に多い傾向です。

9. いつも、その他一名

男女(シルエット・手繋ぎ・夕日)

大勢いる時でも控えめな存在で、その他一名になりがちな人は気遣うチャンスにも恵まれません。

いつも人の輪の外側にいるので、気が付いても実行するのには具合の悪いポジションにいるからです。

だから、他人が何をしているのか、何について困っているのかを観察していても話しかけることはせず、傍観しているだけで終わります。

ただし、一対一の付き合いの場合には人並みの気遣いができるので、周囲から「気遣いのできない人」認定はされていません。

単なる遠慮がちな人と思われているだけです。

10. 口下手

男性(悩み9・海・視線下

気付いているけれど、口が重いので結果的にその他の人が手助けをしてしまい、自分の出番が無くなってしまう人がいます。

人に声掛けをする度に躊躇してしまうので、速やかな対応が求められる時には役に立てません。

とても残念ではありますが、その性格を理解してくれている仲間内では問題なく過ごしています。

口下手なだけで無神経ではないときちんと承知してくれているからです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!