恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721090729.html
頭の悪い男性の特徴10選

頭の悪い男性の特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
頭の悪い男性の特徴10選

「この人は頭が悪い」と付き合った後で知るなら後悔します。 そのため事前にこの点を見分けることが非常に重要なわけです。 ここでは頭の悪い男性の特徴について述べたいと思います。

  • 自信過剰
  • 決断が遅い
  • 見当違いのことを行う
  • 計算ができない
  • 人に影響される
  • 周りの人のことを考えない
  • 人の好意に気づかない
  • 自分のミスに気づかない
  • 学習能力がない
  • 友達も頭が悪い

1. 自信過剰

男性(真顔・側面2)

言っていることは支離滅裂であったり、明らかにっ間違ているにもかかわらず、自信満々に語る男性がいます。 このような人は頭が悪い可能性がかなり高いといえます。 加えて人よりも優位に立ちたいという欲望が強く、周りの人から嫌われてしまう傾向にあります。

場合によっては人を激怒させてしまうこともありますし、誰も口を挟むことがなくても「あの人は何を考えているのだろう」と思われてしまいます。 そのためそのような男性とお付き合いすると後々恥ずかし思いをすることになります。

2. 決断が遅い

男性(悩み7・調べる)

頭の中で情報を素早く処理し、正しい決断を即座に行える男性は頭のいい人です。 それとは対照的にいつまでも悩んでおり、挙句の果てに納得できないような決断を下す男性がいます。

このような男性は情報処理能力がなく、尚且つ正しい決断を下せない、頭の悪い男性である可能性が高いといえます。 男性は女性を引っ張っていく存在であるべきです。 そのためこのような態度は女性から嫌がられてしまうことがあります。

3. 見当違いのことを行う

風景(森林2・太陽光)

「なぜ今これを行うの?」と思わせるような謎の行動を取る人がいます。 たとえば風邪をひいているわけでもないのにお見舞いとも思える果物やお菓子を持ってきたり、何の記念日でもないのにプレゼントをくれるなどの行動です。

もちろんこれは男性が相手のことを思って行っていることであるために、感謝して受け止めるべきです。 しかし理由もなしに突然このようなことを行われると、この人は何を考えているのだろうという疑問が生じます。

4. 計算ができない

男性(後ろ姿・黄昏れ・夕日)

生活していると計算を行うシーンが多々存在します。 たとえばスーパーマーケットなどで買い物をするとき、ある商品をまとめ買いするといくら安くなるのかといったことや、内容量と値段の違う同じような商品のどちらを購入したほうがお得なのかといった状況です。

このようなシーンで計算ができない男性と一緒にいると、恥ずかしい思いをすることがあります。 大きな声でどちらがお得かを考慮し、挙句の果てにお得ではないほうを購入するなら、周りの人から頭の悪いことがばれてしまいます。

5. 人に影響される

足アップ(波打ち際)

頭の悪い男性は自分で決断することが苦手です。 そのため誰かの真似をしたり、決定すべきことを他の人にゆだねることがあります。

とりわけ服装に関しては身近な人が着用しているものと同じものを購入し、それを着用することが多々あります。 そのような人は決まって「友達が着ているのを見て、かっこいいと思った」といいます。

6. 周りの人のことを考えない

男性(後ろ姿・複数・街歩き)

頭が悪い人は周りの人のことを考えられません。 そのため周りにいる人が不快に思うような話を平気で行うことがあります。 そのためこのような人は次第に友達を失うことになります。 しかし最後までこのような人を支える人もいます。 そうした友人は本当に心が広い人で、優しさにあふれています。

7. 人の好意に気づかない

足アップ(男性・水飛沫)

頭の悪い人は周りの人に支えられていることが多々あります。 このような人たちのヘルプがなければ様々なトラブルに巻き込まれている可能性があるために、支えてくれている人たちには感謝しなければなりません。

しかし頭の悪い人は自分が多くの人に支えられているという事実に気づきません。 そのためそうした助けを当たり前のことのように感じ、感謝を示しません。 このような状況が長期間続くことになれば、心優しい友達は次第に離れていくことになります。

8. 自分のミスに気づかない

男性(真顔・近)

頭の悪い人は自分が犯したミスに気づきません。 そのため「何で自分は怒られているのだろう」とか「あの人は何を怒っているのだろう」という疑問を抱くことが多々あるのです。 このような状況は周りにいる人たちをさらに不快にします。

そのため場合によっては堪忍袋の緒が切れた人が頭ごなしに怒鳴ることもあり、このような状況に陥って初めて自分が大きなミスを犯したことに気づくのです。 頭が悪い人は鈍感であるという欠点も有しているのです。

9. 学習能力がない

足アップ(女性・脚立上・ズボン裾触り)

頭が悪い人は根本的に学習能力がありません。 そのため同じようなミスを何度も繰り返すのです。 多くの人は一度犯したミスを二度と犯さないように気をつけます。 このような思考が人間を育て上げるのです。

しかし学習能力のない人はミスから学びません。 そのため気を付けようという意識が働かず、再び同じミスを犯すのです。 そのため頭の悪い人に対して「またやった」と感じる人が大勢いるのです。

10. 友達も頭が悪い

男性(座・暗・目線下)

類は友を呼ぶといいますが、頭が悪い人の友達も頭が悪いことが多々あります。 もちろんこのような頭の悪い人を何とか支えようとする賢い人もいますが、基本的には頭の悪い人は頭の悪い人同士で集まります。 そのため友達をよく観察することで、その人がどのような人であるのかをある程度知ることができます。

当然のことながら頭の悪いもの同士が集まればよい影響力が及ぶことは滅多にありませんので、お互いが鼓舞し合うことはありません。 このような悪循環を断ち切るためには、頭が悪いことを認めて変化を遂げる努力が必要となるわけです。

「この人は頭が悪い」と付き合った後で知るなら後悔します。 そのため事前にこの点を見分けることが非常に重要なわけです。 ここでは頭の悪い男性の特徴について述べたいと思います。


男性(真顔・側面2)

言っていることは支離滅裂であったり、明らかにっ間違ているにもかかわらず、自信満々に語る男性がいます。 このような人は頭が悪い可能性がかなり高いといえます。 加えて人よりも優位に立ちたいという欲望が強く、周りの人から嫌われてしまう傾向にあります。

場合によっては人を激怒させてしまうこともありますし、誰も口を挟むことがなくても「あの人は何を考えているのだろう」と思われてしまいます。 そのためそのような男性とお付き合いすると後々恥ずかし思いをすることになります。

男性(悩み7・調べる)

頭の中で情報を素早く処理し、正しい決断を即座に行える男性は頭のいい人です。 それとは対照的にいつまでも悩んでおり、挙句の果てに納得できないような決断を下す男性がいます。

このような男性は情報処理能力がなく、尚且つ正しい決断を下せない、頭の悪い男性である可能性が高いといえます。 男性は女性を引っ張っていく存在であるべきです。 そのためこのような態度は女性から嫌がられてしまうことがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!