恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170718150047.html
人混みが苦手な人の心理や特徴

人混みが苦手な人の心理や特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人混みが苦手な人の心理や特徴

お祭り、コンサート、ショッピング、楽しい場所には人が沢山集まります。 人混みが苦手な人はちょっと苦痛ではないでしょうか。

  • 自分の部屋にいるのが一番好きだから
  • 人嫌い、一人の方が気楽な方
  • ネットで買える物以外の物欲がない
  • 他人の香水、体臭などが嫌いだから
  • 家でゆっくり休みたい
  • 知らない人が多いと落ち着かない
  • 人に見られるのがいや
  • 静かな場所が好き
  • 街中に行く用事がないし面倒くさいから
  • 混雑で並ぶのが嫌
  • 人混みを歩くのは疲れるから
  • 最後に一言

そんな人混みが苦手な人の心理や特徴をまとめてみました。

1. 自分の部屋にいるのが一番好きだから

いわゆるインドア派、家が大好き、引きこもり体質の人は人混みの中にわざわざ出かけていくのは苦手です。 休みの日は家にいて本を読んだり、ゴロゴロしたり、家事をしたり、そんなことが一番好きでリラックスできるのです。

無理をして出かける必要もない

人混みが好きな人はその逆で外に出ることで気分がリフレッシュできたり刺激を受けることができるのですが、人混みが苦手な人はただただそれは苦痛なのです。

2. 人嫌い、一人の方が気楽な方

女性(暗・海岸・背1)

人混みが苦手な人の心理に、人が嫌い、一人でいたいという思いがあります。友達や恋人と一緒に過ごす、または家族と一緒にいることをそんなに重視していません。 それよりも一人でぼーっとしたり、趣味に熱中したり、自由気ままに動く方が気楽な性質なのです。

3. ネットで買える物以外の物欲がない

女性(楽10・ビーチ・帽子)

人混みといえば、街中のイメージです。 セール中のデパートや駅ビルなど人でごった返しています。 人混みの嫌いな方はわざわざ出かけて人混みの中にいるより必要な物だけをネットショップで購入する方がいいと考えています。

買い物好きではないことが多い

買い物好きな人はそんな中お目当ての物を見つけたり、掘り出し物をゲットしたり、そんなことが楽しくて仕方ありません。 買い物ならば一日中歩き回っても疲れを感じないのですが、人混みが苦手な人はそこまでネットで買える物以外に物欲がない人が多いのです。

4. 他人の香水、体臭などが嫌いだから

女性(鼻つまみ)

コンサート、イベント、お祭りなど人が多く集まり一か所で動けない時など、気になるのが他人の香水や体臭です。 きつい香水、汗臭さなどが気持ち悪くなってしまう敏感な体質の人もいます。 そういう人はわざわざ暑い中人混みの中に混ざりたいとは思いません。

5. 家でゆっくり休みたい

女性(祈り1)

日頃、仕事で忙しい、またサービス業、接客業などで沢山の人に囲まれて仕事をしている人は貴重な休みぐらいゆっくりしたいと思います。 またあえて、人混みの中へ出かけたいとは思いません。 休みの日ぐらいは一人で静かに過ごしたい、そういう気持ちが強いのです。

6. 知らない人が多いと落ち着かない

女性(綺・暗22・階段)

知らない人だらけの電車やバス、通りなどやはり人混みが嫌いな人は落ち着きません。 人にはパーソナルスペースというものがあります。 他人とくっついても平気な人もいれば、他人と距離が近いと居心地が悪く不快になる人もいます。

7. 人に見られるのがいや

女性(露出・明・座・カメラ目線)

自意識過剰というわけでもなく、やはり人にじろじろ見られる人というのはいます。 背が高い、スタイルがいい、容姿がいい、お洒落である、そういう人を街中で見かけるとついつい目がいくのが人というものです。

そういった他人の視線を快感と感じる人もいて、わざとに目立つ服装、露出度の高いファッションをする人もいます。

めんどくさいことは嫌い

人混みが苦手な人というのは良くも悪くも目立つことは好みません。 人にじろじろ見られる、もしくは見られているような気がしてどうにも苦手意識があるのです。

特に容姿がいいけど性格が控えめというタイプは苦労するようです。 見られたくなくても、どうしても目立ってしまって 注目を集めるからです。

8. 静かな場所が好き

部屋(喫茶店内・女性)

人混みは苦手、それよりも人里離れた静かな場所が好きというタイプです。 誰もいない海、山など景色を独り占め。 ぼーっと景色を眺めたり、植物の写真を撮ったり、そういう方が向いているし癒されるというタイプなのです。

刺激の強い街中、人の多いにぎやかな場所は楽しいかもしれないけど、そんなに行きたいとは思わない、そう考えています。

9. 街中に行く用事がないし面倒くさいから

女性(明・外・学校?)

人混みが苦手な人の心理に面倒くさいというのがあります。 人混みの中を歩くというのは、自分のペースでは歩けません。 また車も混雑してなかなか目的地まで着かないイライラしてしまいます。 また、街中に用事もない限りは行く必要はないと思っています。

10. 混雑で並ぶのが嫌

風景(人込み・多い)

人混みが苦手、嫌いな理由に、混雑するからということがあります。 どこへ行っても、混雑です。 車を駐車場に入れるのも空車が出るまでしばらく待たされ、ちょっとコーヒーでも飲もうかと思ってもずらりと人が並んでいる状態。

食事をしようにも、1時間待ちですなんて言われたり。 どこへ行っても並ばなくてはならないのが非常にストレス、イライラ。 そんな状態が大嫌いでもあるのです。

11. 人混みを歩くのは疲れるから

トイレ

最後に、人混みが苦手な理由をあげるとしたら、単純に疲れるからです。 人が多ければ、ぶつからないように気をつけなくてはいけないし、気をつけていてもドンっとぶつかってしまう時もあります。

品物をゆっくり見たくても、ずっと場所をふさいでいる人がいたり。 トイレに行けばトイレの外の廊下までズラリと人が並んでいてどっと疲れが出てしまいます。 人混みの中で出かけてきたことを後悔、家にいれば良かったと思います。

最後に一言

風景(ビル・エンタメ)

以上人混みが苦手な人の心理、特徴でした。 人混みは苦手、嫌いでも、好きな人とのデートのためならば!と気合を入れて出かけている人もいるのかもしれませんね。

もしも好きな人が人混みが苦手な場合は、静かな場所でデートする、家でゆっくり過ごすなど気を使うといいと思います。

お祭り、コンサート、ショッピング、楽しい場所には人が沢山集まります。 人混みが苦手な人はちょっと苦痛ではないでしょうか。


そんな人混みが苦手な人の心理や特徴をまとめてみました。

いわゆるインドア派、家が大好き、引きこもり体質の人は人混みの中にわざわざ出かけていくのは苦手です。 休みの日は家にいて本を読んだり、ゴロゴロしたり、家事をしたり、そんなことが一番好きでリラックスできるのです。

無理をして出かける必要もない

人混みが好きな人はその逆で外に出ることで気分がリフレッシュできたり刺激を受けることができるのですが、人混みが苦手な人はただただそれは苦痛なのです。

女性(暗・海岸・背1)

人混みが苦手な人の心理に、人が嫌い、一人でいたいという思いがあります。友達や恋人と一緒に過ごす、または家族と一緒にいることをそんなに重視していません。 それよりも一人でぼーっとしたり、趣味に熱中したり、自由気ままに動く方が気楽な性質なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!