恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170717143618.html
写真ばかり撮る女性の特徴10選

写真ばかり撮る女性の特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
写真ばかり撮る女性の特徴10選

写真ばかり撮る女性にありがちな特徴10選まとめました。



  • スマホ依存症
  • SNS中毒
  • 男が途切れない
  • 浮気や不倫をしている
  • かまってほしい
  • チヤホヤされたい
  • 整形に興味があるもしくは経験者
  • 流されやすい
  • 自分に酔っている
  • 単純に思い出を残したい

写真を撮るのが大好きな女性は承認欲求が人一倍強いんです。 負けず嫌いで、物事に熱中しやすいという、とてもいい面もあります。 主婦の方は、誰も自分のことを評価してくれないという悩みをかかえがちです。 そのため料理の手順などを写真に撮ってネットにあげている方も多いです。 もしかしたらそれも承認欲求のあらわれかもしれませんね。

みんな心の奥底に、ほめてもらいたいというのが生まれながらにしてあります。 プロの写真家さんなどはお仕事としてやってらっしゃいます。 これは、趣味の範疇をこえていますし、見る人の立場にも立って撮っておられると思います。 本日はお仕事以外で写真を撮るのがやたら好きな女性の特徴についてご紹介します。

1. スマホ依存症

手アップ(スマホ操作・女性9・クレカ)

スマホが四六時中気になって仕方がない。 ラインを送ればすぐ既読になる。 返信がはやい。 家でも電車でもスマホを片手に持っている。 最新のアプリなどに詳しい。

などの特徴があります。 スマホ時代にはなりましたが、常にユーザーからのイイネやコメントを期待している状態になっていますので神経が休まらないです。 承認欲求が強いことが原因です。

2. SNS中毒

手アップ(携帯操作・女性8・座)

ツイッター、インスタ、フェイスブックなど使っている場合が多い。 暇さえあれば投稿している。 どうやったら可愛く写真を撮れるかということをよく考えている。 写真の加工も趣味。 いいね!などを集めるための努力は惜しまない。

というような特徴があります。 SNSは誰が見ているかわからないのでプライベートを公開しすぎてトラブルになることは避けるべきです。 ただ、自分が注目されたいのでこんなことはあまり考えていないことが多いです。

3. 男が途切れない

風景(森林・暗・川)

彼氏がいない時期があまりない。 喜怒哀楽がわかりやすく、素直でもともと性格はいいので男を見つけやすい。 といった特徴があります。 基本的にはさみしがり屋なので、男が途切れません。

4. 浮気や不倫をしている

男女(ハグ・額合わせ・明)

現状に少しでも満足いかない場合、すぐに他に移ろってしまう。 罪悪感がないわけでもないが、自分のせいだとはあまり思っていない。 愛をくれない、かまってくれない、合わせてくれない相手が悪いのだと思っています。 考えが甘くいつまでも大人になりきれないのかもしれません。

5. かまってほしい

女性(祈り2)

かまってほしいというのが根底にある。 自分をもっと見てほしい。 注目されたい。 という欲望が強いです。 一歩間違えばもうメンヘラです。

6. チヤホヤされたい

女性(両手頬あて・明)

チヤホヤされることが生きがい。 チヤホヤされたいがために、自分の時間を犠牲にしてまでSNSに入り込んでしまったりします。

7. 整形に興味があるもしくは経験者

女性(綺・落ち葉・思考)

かわいいものや美しいものがすき。 かっこいい人もすき。 多少コンプレックスがあるため、自分にないものを求める。

外見にこだわるあまり、人の中身を見れていない時がある。 最低な中身のイケメンなどに散々遊ばれて捨てられると少しは懲りるかもしれません。

8. 流されやすい

女性(綺・明16・目瞑り)

自分をもっているようにみえて、実は流されやすい。 人の意見に左右されやすく、自分をあまりもっていないです。 自分に自信があまりないのも特徴です。

9. 自分に酔っている

足アップ(女性・砂浜)

悲劇のヒロインぶることがある。 かわいそうな自分、痛い自分、うまくいかない自分に酔っていることがあります。 わざと体調が悪いことをSNSで写真付きで投稿してしまったりします。

10. 単純に思い出を残したい

女性(明・川辺・カメラ)

テーマパークや遊園地などにいった時にたくさん写真を撮ることは、単純に思い出をのこしておきたいという気持ちが強い。 自分の写真に限らず、景色や子供、動物の写真などを撮るのも好きです。 この場合に限り、承認欲求とはすこし違います。

あまり深刻な問題ではないことが多いのでこちらは心配ありません。 むしろ、一日一日を大切にしようという心のあらわれといえます。 また、撮った写真をSNSにアップしようという目的ではないことが多いので、特にかまってほしいなどといった願望はありません。

承認欲求が強すぎる人は、徐々にこのような思考に変わっていくことができれば、穏やかな毎日を送ることができますよね。 承認欲求とは人間なら誰しもがもっている欲の一つですが、これが行き過ぎると写真ばかり撮る女性になってしまいます。 育った環境が大きいといえます。 両親からの無償の愛を存分に受けてきた人は、自分の中にある愛を知っています。 それがない場合、思春期からかまってちゃん行動が目立つようになり、異性関係でトラブルを起こしがちになってしまったりします。

チヤホヤされたい願望は若いうちに顕著で、色々経験して痛い目見て失敗を重ねて年をとっていくと落ち着く場合が多いですが、稀にアラサーになってもチヤホヤされたい女性というのがいます。 年をとってからのチヤホヤされたい女性は、とても厄介です。 人の男を奪ったりすることに罪悪感もないです。 このような承認欲求が強すぎる女性には距離をとり、関わりすぎないようにするのがベストです。

このような女性は、自分を心から大切にしてくれる男性に出会っていい恋愛、結婚をすると落ち着くことができると思います。 そうすれば、やたら日常的に写真と撮りすぎることも減るでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!