恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170711140011.html
恋愛不適合者に共通する特徴20選

恋愛不適合者に共通する特徴20選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
恋愛不適合者に共通する特徴20選

恋愛不適合者と呼ばれる人たち。 そんな人たちには、一体、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 自意識過剰なタイプ
  • 極度の面倒くさがり屋なタイプ
  • 協調性がないタイプ
  • 人の悪口ばかり話すタイプ
  • 異常に束縛してしまうタイプ
  • 短気なタイプ
  • 恋愛すると周りが見えなくなってしまうタイプ
  • 人を追い詰めるタイプ
  • 人の痛みがわからないタイプ
  • 愛情を受けた記憶がないタイプ
  • 臆病者なタイプ
  • 自分からチャンスを逃してしまうタイプ
  • 人に弱音を見せる事ができないタイプ
  • 一人の時間が大切なタイプ
  • お金にだらしないタイプ・ケチなタイプ
  • 常に受け身の恋愛しか考えられないタイプ
  • 生活が乱れているタイプ
  • コミュニケーションが取れないタイプ
  • 相手の気持ちを考えることができないタイプ
  • 夢ばかり見ているタイプ

1. 自意識過剰なタイプ

男女(男性頼り)

自意識過剰な人は、基本的に恋愛不適合者と言っても過言ではありません。 自分の考えがすべてと思っているような自意識過剰な人の場合、相手の気持ちに寄り添わなければ成立しない恋愛を続ける事は出来ないと言えるのです。

また、彼氏、彼女と一緒にいても話の内容は、いつも、自分の自慢話が中心となり、結果、彼氏や彼女に愛想をつかれてしまうのです。

2. 極度の面倒くさがり屋なタイプ

女性(暗・海岸・黄昏れ)

恋愛というものは、時には、いくら面倒だと思っても行わなければいけない事はたくさんあります。 例えば、仕事終わりで疲れていても、電話やメール、Lineを送ると言ったひと手間。 休日の際は、どこかデートに行くと言った行動など、恋愛を行う上では欠かす事の出来ない大切な行為となります。

しかし、極度の面倒くさがり屋の場合、そんな事など面倒でやりたくない。 と思ってしまう人も多く、相手の希望に応えると言った努力を行う事もありません。 それでは、恋愛不適合者と言われても、仕方のない事と言えるのです。

3. 協調性がないタイプ

女性(髪・目隠れ・掌上向き)

協調性がないタイプ。 つまり、人と合わせる事ができないタイプの人の場合、恋愛不適合者となります。 恋愛しているという事は、ある程度、相手に合わせた行動が基本となります。

そんな基本を守る事ができないと言う協調性がないタイプの人は、結果的に恋愛にも向かない恋愛不適合者となってしまうのです。

4. 人の悪口ばかり話すタイプ

男女(男詰問)

人の悪口ばかり言うタイプの人は、友達付き合いができないうえ、恋愛においても不適合者となります。 そんな人は、恋愛相手にも人の悪口ばかり話してしまう他、彼氏や彼女の悪口も友人などに話してしまう事が少なくありません。

その結果、そんな悪口が彼氏や彼女の耳にも入ってしまい、結果、恋愛を続ける事ができなくなってしまうのです。

5. 異常に束縛してしまうタイプ

男女(椅子・顔隠れ・足組み)

異常に束縛してしまうタイプの人も恋愛不適合者となります。 ある程度の束縛は、恋愛を行う上で必要な事となりますが、それが度を超えた場合、相手に大きな負担をかけてしまう恐れがあると言えるのです。

その束縛を重みに感じたり、ストレスに感じてしまう人も多く、結果的に恋愛不適合者となってしまうのです。

6. 短気なタイプ

女性(怒1・腕組み)

短気な対応の人も恋愛には決して向いていないと言えます。 短気な人の場合、すぐに大声で怒鳴ってしまう場合やヒステリックになってしまう場合などが考えられます。

そう言った喧嘩を繰り返す事は、恋愛において、非常に大きな重荷にもなりかねません。 その結果、相手が疲れ切ってしまう場合が多く、結果的に恋愛不適合者となってしまうのです。

7. 恋愛すると周りが見えなくなってしまうタイプ

男女(シルエット・手繋ぎ・夕日)

恋愛にあまりにものめり込んでしまうような人も恋愛不適合者となります。 恋愛にのめり込んでしまうあまり、仕事や学業に支障を及ぼすほか、相手の重みとなる行動を取ってしまう事も少なくありません。

恋愛する事で周りが見えない状況となってしまい、その人中心の生活になる事で、私生活に支障を及ぼす場合、うまく恋愛を続ける事ができにくくなり、結果、恋愛不適合者となってしまうのです。

8. 人を追い詰めるタイプ

女性(指さし1)

恋愛すると相手を追い詰めてしまうタイプの人も少なくありません。 少し電話に出なかった際やメールやLineの返事が遅かった場合、「何をしていたのか?」「どうして、返事が遅いのか?」などと相手を追い詰めるような恋愛をしていると相手が抱える負担は非常に大きなものとなります。

その結果、相手が追いつめられる事から逃げるため、別れを告げると言う事が多いと言えるのです。

9. 人の痛みがわからないタイプ

女性(思考・口元に手5)

人の痛みがわからないような人は、恋愛不適合者となります。 恋愛というものは、相手の気持ちを考えることが最も大切な事となります。 そんな大切な事を行う事ができない場合、恋愛を続ける事などできません。

人の痛みがわからないような人の場合、平気で相手を傷つけるような言葉を発してしまう事も多く、自分の知らないうちに相手を傷つけてしまう事も少なくありません。 その結果、恋愛を続ける事ができないと言う人が多くなっているのです。

10. 愛情を受けた記憶がないタイプ

女性(倦怠10・見上げ)

子供の頃から十分な愛情を受けた記憶がない人は、恋愛不適合者となる場合が少なくありません。 自分が愛情を受けた記憶がないと言う事で、相手にもどのように愛情を注げばいいのかわからず、結果、すべてが悪い方向に進んで行ってしまう事もあるのです。

もちろん、愛情を受けると言った行為は、両親だけではありません。 祖父母や施設などの先生、学校の先生などでも大丈夫です。 そう言った大人から愛情を受けた事がない場合、恋愛不適合者になってしまう場合も考えられるのです。

11. 臆病者なタイプ

風景(森林・暗・川)

臆病なタイプの人は、自ら恋愛に臨もうとはせず、結果、恋愛不適合者となってしまいます。 恋愛というものは、場合によっては、自分から動き出さなければいけない事も少なくありません。

そういったチャンスがわかっていながらも、臆病なあまり動き出す事が出来なければ、結果的に恋愛に進展する事はありません。 その為、臆病者なタイプの人は、恋愛のチャンスを逃す事が多くなり、結果的に恋愛不適合者となってしまうのです。

12. 自分からチャンスを逃してしまうタイプ

手アップ(遠くへ手をかざす・男性)

絶好のチャンスを見逃してしまう人は少なくありません。 「いまだ!」と思うチャンスを見逃してしまっても、多くの場合、次のチャンスをつかんだり、次のチャンスをつかめるように努力します。

しかし、自分からチャンスを逃してしまうような人は、そうではありません。 今がチャンスとわかっていながらも、一歩踏み出す勇気が出ずに結果的にチャンスを見逃してしまう人。

そんな人は、いつまでたってもチャンスをつかむ事はなく、結果、恋愛不適合者となってしまうのです。

13. 人に弱音を見せる事ができないタイプ

風景(海1)

恋愛する場合、相手に弱音を見せる事も大切な事です。 言い換えれば、恋愛している人だからこそ、気持ちを許す事ができ、弱音を見せる事ができるのではないでしょうか。

しかし、中には、そんな彼氏や彼女にさえ、弱音を見せる事ができない人もいます。 そのような人の場合、結果、強がってばかりとなり、それが大きな恋愛の溝や疲れとなってひずみが生じ、恋愛を長続きさせる事ができない場合があります。 その為、人に弱音を見せる事ができない人は、結果的に恋愛不適合者となってしまうのです。

14. 一人の時間が大切なタイプ

腕時計(女性もの)

基本的に一人の時間が好きなタイプは、恋愛に向いていないと言えます。 一人の時間が大切な人は、彼氏や彼女に合わせて時間を作る事が苦手です。 また、一定の時間が来ると一人になりたい気持ちが強くなり、彼氏や彼女に冷たい態度を取ってしまう事も少なくありません。

それに気づいた彼氏や彼女は、とても、寂しい気持ちとなり、結果、別れを告げられる事も少なくありません。

15. お金にだらしないタイプ・ケチなタイプ

風景(湖・山・明)

お金にだらしないタイプ。 また反対にケチなタイプの人も恋愛不適合者となります。 恋愛において、お金と言うものは、深い付き合いがあり、あまりにもお金にだらしない人の場合、その人と一生一緒にいる事に不安を覚え、相手が去っていく傾向があります。

反対にあまりにもケチな場合は、一緒にいてもつまらないと感じてしまい、この場合も、相手が去っていく場合が少なくありません。 その為、お金の使い方に関しては、恋愛に大きな影響を与えると言えるのです。

16. 常に受け身の恋愛しか考えられないタイプ

女性(綺・暗24・後光・側面)

常に受け身でしか恋愛する事ができないタイプの場合、自分が本当に好きな人と付き合う事ができないと言った人も少なくありません。

その為、本当の恋愛を行う事ができないと言った点からいうと恋愛不適合者と言えると思います。 常に恋愛に対し受け身と言う事は、自分が好きな人と付き合うのではなく、自分の事を好きだと思ってくれる人と付き合うだけ。

その為、実際、自分の気持ちに素直になれる恋愛をする事ができないと言えるのです。

17. 生活が乱れているタイプ

男性(背向け・海)

生活が乱れている人は、基本的に恋愛不適合者です。 家が異常に散らかっている人。 真面目に仕事を続ける事ができない人など、生活が乱れているような人は、いい恋愛など行う事はできません。

一見、多くの人と恋愛しているように見えても、実際は、うわべだけの恋愛で本当の恋愛とは言えない場合は考えられるのです。 そう言った事から恋愛不適合者と言えるのです。

18. コミュニケーションが取れないタイプ

男女(男性拒否)

コミュニケーションが取れないような人は、恋愛不適合者となります。 コミュニケーションが取れないと言う事は、意志疎通ができないと言う事。

それでは、お互いの気持ちを理解しなければいけない恋愛など続ける事はできません。 必ず頭打ちが起こってしまい、長続きさせる事ができないのです。

また、コミュニケーションが取れないと言う事で、うまく話を進める事ができず、恋愛に発展させる事が難しい場合も少なくありません。

19. 相手の気持ちを考えることができないタイプ

風景(ビル・停留所)

相手の気持ちを考えると言う事がとても大切になってくる恋愛。 そんな基本的な行為ができない人は、恋愛不適合者となります。 相手に気持ちに寄り添ってこそ成立する恋愛。 その為、相手の気持ちを考えることができない人は、自然と恋愛不適合者となってしまうのです。

20. 夢ばかり見ているタイプ

女性(暗・目瞑り・モノクロ)

夢ばかり見ているような人は、恋愛不適合者となります。 自分が抱いている大きな夢。 また、恋愛に対しても、少女マンガのような事を夢見ている人の場合、現実的な恋愛を行う事は難しくなります。

自分の夢ばかり見ている人の場合、恋愛にまで時間を割く事ができず、恋愛不適合者となる一方、少女マンガのような夢を抱いている場合は、現実離れした理想によって、なかなか現実で恋愛する事ができなくなってしまいます。

恋愛不適合者と呼ばれる人たち。 そんな人たちには、一体、どのような特徴があるのでしょうか。


男女(男性頼り)

自意識過剰な人は、基本的に恋愛不適合者と言っても過言ではありません。 自分の考えがすべてと思っているような自意識過剰な人の場合、相手の気持ちに寄り添わなければ成立しない恋愛を続ける事は出来ないと言えるのです。

また、彼氏、彼女と一緒にいても話の内容は、いつも、自分の自慢話が中心となり、結果、彼氏や彼女に愛想をつかれてしまうのです。

女性(暗・海岸・黄昏れ)

恋愛というものは、時には、いくら面倒だと思っても行わなければいけない事はたくさんあります。 例えば、仕事終わりで疲れていても、電話やメール、Lineを送ると言ったひと手間。 休日の際は、どこかデートに行くと言った行動など、恋愛を行う上では欠かす事の出来ない大切な行為となります。

しかし、極度の面倒くさがり屋の場合、そんな事など面倒でやりたくない。 と思ってしまう人も多く、相手の希望に応えると言った努力を行う事もありません。 それでは、恋愛不適合者と言われても、仕方のない事と言えるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!