恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170711135401.html
言葉遣いが丁寧な人に共通する特徴

言葉遣いが丁寧な人に共通する特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
言葉遣いが丁寧な人に共通する特徴

言葉遣いが丁寧な人というのは男女共に好印象を与えますよね。 できればそんな人になりたいと思いませんか。 言葉遣いが丁寧は人に共通する特徴を見ていきましょう。

  • 落ちつきがある
  • 上品である
  • 知性を感じられる
  • 育ちの良さを感じる
  • 本をよく読んでいる
  • おだやかな性格である
  • 冷静さがある
  • 人に対して思いやりがある
  • 優しい人間性である
  • 仕事ができる
  • 周りの環境が良い
  • 恋愛や生活など上手くいっている
  • 前向きである
  • 誰に対しても平等に接する
  • 仲のいい人とはラフに話せる
  • 口調がゆっくりである
  • 内向型が多い
  • 生活も丁寧
  • 幸せそう
  • 人に感謝できる性格
  • 人の悪口は言わない

1. 落ちつきがある

男女(眺める・夕日・近・側面)

言葉遣いが丁寧な人は常に余裕がありゆったりとした雰囲気を醸し出します。 常に忙しくセカセカしている人間とは違うところで生きているかのように。

そういうタイプからは「暇をしている」「遊んでいる」と思われがちで時にバッシングされることもあるかもしれませんが、言葉遣いが丁寧なだけで仕事をさばくスピードは速かったします、よく見ている人はそれがわかるかと思います。

2. 上品である

女性(綺・花1)

言葉遣いが丁寧な人というのは優雅で品があります。 女性は上品な方がもちろんいい印象を相手に与えますし、男性も丁寧は話し方は紳士的で落ちつきと威厳を与えることができるのでやはりいい印象です。

また上品な人というのは乱暴な物言いをしませんから、言葉遣いが丁寧な人=上品ということで認識されます。

3. 知性を感じられる

女性(室内・暗)

言葉遣いが悪い、流行り言葉ばかりで会話をしますと、正直なところ「馬鹿っぽいな」「年の割に言葉遣いも知らないな」と感じさせてしまいます。 丁寧な言葉遣いができる人というのはそれだけで相手に安心感といい印象を与えて、さらに知性もあると思われます。

別に、言葉遣いが丁寧な人すべてが知性がある人ばかりではないかもしれませんし、言葉遣いが悪くても頭の回転が素晴らしく良い人というのもいるでしょう。 あくまでも「感じ」を与えるということです。

4. 育ちの良さを感じる

女性(バイオリン1)

言葉遣いが丁寧な人というのはおっとりとしてお嬢様、お坊ちゃま育ち?と思われますよね。 ドラマや映画の世界からのイメージもあるかと思いますが、実際に言葉遣いが丁寧な人というのは家庭でのしつけが行き届いていた。

親も丁寧な話し方をする、常識がちゃんとあるということが多いと思いますし、判断材料にはなります。

5. 本をよく読んでいる

風景(空4・青空・太陽光)

読書をする習慣がある人というのは、そうでない人と比べて違いがあります。 読書量が多いとそれだけ色々な文章を頭の中に取り込んでいるので、色々な知識があります。

乱暴な言葉遣い、丁寧な言葉遣い、どちらも使おうと思えば使えるでしょう。 でも、丁寧な言葉遣いの方が優雅で上品ですし、聞いても話しても気持ちの良い響きですよね。 自然と上質な話し方が身についていきます。

6. おだやかな性格である

女性(綺・明16・目瞑り)

人間、イライラしていると表情に口調にそれは出てしまうもの。 察しのいい人であれば「今あの人は機嫌がいい、悪い」と判断できますようにどうしても内面は外に出てしまうもの。

言葉遣いが丁寧は人というのは、おだやかで落ち着きがあって、またそういう自分でありたいと思って心がけている人だといえるでしょう。

7. 冷静さがある

女性(目隠れ・帽子・正面)

とっさに出る言葉というのはあります。 いくら上品にふるまっている人であっても感情的になれば時として乱暴な言い方になることもあることなのです。

言葉遣いが常に丁寧な人というのは、感情に波があってもそれを自分の中で消化していくことができる人です。 感情にすぐに流されない、冷静になれる、そういう人なのです。

8. 人に対して思いやりがある

女性(綺・手差し出し3)

お店などで店員さんに対して乱暴に「おい」「ちょっと」など声をかけている人を見ることがあります。 自分は客だから立場が上だと言わんばかりに。

確かにそれはそうかもしれないのですが、人間性が見えてしまいます。 言葉遣いが丁寧な人というのは誰に対しても思いやりがあるのです。

ですから店員さんにも丁寧に問いかけますし、乱暴な言い方を人にしようとは 思わない、というかそういう概念はないのです。

9. 優しい人間性である

男性(後ろ姿・座・黄昏れ)

顔が整っている人、しゃべらせたら品がない、意地が悪い話し方で幻滅・・・こういうことは男女問わずあることですよね。 特に若いうちは、性格が表に出にくいのです。

内面が顔に現れやすくなるのは30近くなってからという説もあります。 とにかく、若いうちは性格の難は若さによる美しさで隠せることが多いのですが、ですが話し方というのは年齢に関係ありません。

優しい人は優しい話し方ですし、そうでない人はそういう話し方になるものです。 言葉遣いが丁寧、優しいという人はまあそういう性格であることがほとんどですね。 それを悪用して振舞う輩もいますが、顔つきや雰囲気などに違和感が出てしまいますね。

10. 仕事ができる

男性(スーツ4)

言葉遣いが丁寧な人というのは相手に好印象を与える確率が高いです。 また知性があるからこそ丁寧な話し方ですので、仕事ができる人が多い印象です。

言葉遣いがなっていない人は電話応対、接客などで相手に不快感を与えたり、ちぐはぐな受け答えをしたりとミスも多いもの。

また多少ミスをしても言葉遣い、物腰が丁寧だと相手からも許されることって多いですから、やはり丁寧な話し方は身を守るものともいえます。

11. 周りの環境が良い

女性(祈り1)

今、置かれている環境で周りの人たちもきっと丁寧で落ち着いた方が多いのだと想像できます。 やはり朱に交われば赤くなるということわざもありますように、似た者同士は一緒にいる傾向があります。

周りの環境というのは非常に大事。 言葉遣いが丁寧な人はいい環境を作っているのだろうなと思います。

12. 恋愛や生活など上手くいっている

男女(仲良12・飲み)

余裕がないと恋愛も生活も上手くいきにくいものです。 また恋愛や生活が上手くいけば、落ち着きがゆとりが出てくるというものでもあります。 言葉遣いが丁寧な人はいい恋愛、いい私生活ができている人だと考えらえます。

13. 前向きである

女性(背・ブロンド)

人間、投げやりになりネガティブになるとどうしても吐き捨てるような物言い、乱暴な言葉遣いになりがちです。 言葉遣いを丁寧にすれば、不思議とネガティブな事象であっても、どことなく前向きに感じられたりするものです。

言葉には言霊というものがあると言われます。 いい言葉を言えばいいことが起こるものです。 言葉遣いが丁寧な人というのは前向きに頑張っていける人、多いです。

14. 誰に対しても平等に接する

男性(楽1)

人によって態度や言葉遣いを変える、これは誰にでもある程度はあることでしょう。 例えば上司と友達とでは同じ話し方はしませんよね。

ところが、言葉遣いが丁寧な人というのは人によってあまり言葉遣いが変わらないという特徴があります。 常に丁寧語で話していて、誰に対しても平等に見えます。

すごくいい人・・・という印象を周りに持たれます。 口の悪い人は「腹を割らない奴」などと言うかもしれませんが・・・。

15. 仲のいい人とはラフに話せる

心機一転(女性)

言葉遣いが丁寧な人でも、さすがに仲良しの友達や心許した恋人、家族などとはラフな話し方をします。 です、ます調でなくても、それでも丁寧な語尾、不必要に語尾を伸ばしたり、流行り言葉を使ったりは・・・あまりしないかもしれませんが。

16. 口調がゆっくりである

女性(綺・内緒4)

基本的に、言葉遣いが丁寧な人というのは口調がゆっくり、速く話さない、話せないという傾向があります。

口調がゆっくりであれば多少の小言であってもそこまできつくもなりません。 ただ、せっかちな人、話を聞くのが苦手な人はすぐに話を切り上げようとするので、言葉遣いが丁寧な人の真意は伝わらず人間関係が上手くいかないこともあります。

もともと、せっかちで言葉遣いが悪い人と言葉遣いが丁寧な人は性格が反対なので、合わない場合があっても仕方ないかなと思います。

17. 内向型が多い

男性(後ろ姿1・複数・街歩き)

言葉遣いが丁寧な人というのは、思ったことをすぐにぽんっと口にするよりは自分の中で考えている時間があるもの。 内向型の人が多いという印象があります。

一方、思ったことは後先考えずぽんぽんと話す外向型の人は、言葉にあまり深い意味を持たせないことが多いので内容や口調などにはあまりこだわらないという印象があります。

どちらがいい、悪いということではなくあくまでも特徴といったことですが、言葉遣いが丁寧な人というのはよく考えて話すというイメージがあります。

18. 生活も丁寧

眼鏡(本の上)

言葉遣いが丁寧な人、部屋も綺麗にして、食生活も気を使ってと、生活全般においても丁寧なんだろうなという印象を与えますし、大体そういうタイプが見てきて多いなと感じます。

またちょっと話はそれますが、部屋を綺麗にしている人は体も綺麗(ダイエットが必要でない)とも言われています。

19. 幸せそう

女性(海・側面・モノクロ)

丁寧に言葉を選んで話す人というのは落ち着き、ゆとりを感じられます。 満ち足りているんだろうなという雰囲気を出すのです。

幸せに暮らしているのだろうなと私もそう思ってしまいます。 やはり人間切羽詰まると早口で吐き捨てるような物言いになりがちですので、言葉遣いは丁寧にを常に心がけることは大事だなと感じます。

20. 人に感謝できる性格

thankyou2

「ありがとうございます」「すみません」「お忙しいところ恐れ入ります」など丁寧な話し方をする人は当たり前のようにこういった言葉が言えます。

相手のことを思いやる、また人に対して感謝できるそういう性格であるからこそ、相手に失礼を与えてはいけないと丁寧に話すのでしょうし、また感謝の言葉が自然と口から出てきます。

感謝という気持ち、これは当たり前のように持てる人と、何をしてもらっても「当たり前」とばかりに持てない人と分かれます。 感謝の気持ちがない人というのは、どうしても上から目線の話し方であったり、態度であったりと言葉遣いもいいとは言えないのです。

性格というのはどうしても顔に話し方にしぐさに出るものですから丁寧な言葉遣いができる人というのはしっかりとした常識はある人だと言えるのですね。

21. 人の悪口は言わない

風景(森林・山間・日差し)

言葉遣いが丁寧な人というのは好んで人の悪口は言わないものです。 悪口というのはどうしても、罵り言葉や乱暴なことを言ってしまうものですし、きれいな言葉とは言えません。

言葉遣いが丁寧な人はそれよりも楽しいこと、素敵なことに興味が大きいのです。 ネガティブなことよりもポジティブなことの方が話も弾みますし、誰も傷つかないと知っています。

言葉遣いが丁寧な人というのは男女共に好印象を与えますよね。 できればそんな人になりたいと思いませんか。 言葉遣いが丁寧は人に共通する特徴を見ていきましょう。


男女(眺める・夕日・近・側面)

言葉遣いが丁寧な人は常に余裕がありゆったりとした雰囲気を醸し出します。 常に忙しくセカセカしている人間とは違うところで生きているかのように。

そういうタイプからは「暇をしている」「遊んでいる」と思われがちで時にバッシングされることもあるかもしれませんが、言葉遣いが丁寧なだけで仕事をさばくスピードは速かったします、よく見ている人はそれがわかるかと思います。

女性(綺・花1)

言葉遣いが丁寧な人というのは優雅で品があります。 女性は上品な方がもちろんいい印象を相手に与えますし、男性も丁寧は話し方は紳士的で落ちつきと威厳を与えることができるのでやはりいい印象です。

また上品な人というのは乱暴な物言いをしませんから、言葉遣いが丁寧な人=上品ということで認識されます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!