恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170709164248.html
暗い雰囲気の人の特徴

暗い雰囲気の人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
暗い雰囲気の人の特徴

暗い雰囲気の人は近寄りがたく誤解されがちです。 そして自分もどんどん自信がなくなっていくでしょう。 どんな人がそう言えるのか、またその改善方法をまとめました。



  • 自分に自信がない
  • 親に愛されていない
  • 恋人から暴力を受けている
  • いじめにあっている
  • 単に物静かなだけ
  • 人と接するのが苦手
  • 人を信用できない
  • 仕事が忙しくて疲れている
  • 体調が悪い
  • 暑さや寒さが極端に苦手
  • 世の中を冷めた目で見ている
  • 悪いことばかり考えてしまう
  • 周りに影響されやすい
  • 明るくいることがいいことだと思っている
  • お金がない
  • ファッションの色合いが暗い
  • 髪型が暑苦しい
  • 猫背である

1. 自分に自信がない

女性

自分に自信がない人はそれが表にも出やすいものです。 発言や行動が自然とそうなっていくもの。

ネガティブな思考になればなるほどそれもどんどん悪い方向へ進むでしょう。 自分に自信を持つために成功する経験を積むよう意識します。

まずはできそうなことからやってみてできたという実績とつくり、少しずつ挑戦していくように自分を変える努力をしましょうね。 前向きになれる本を読むのもいいでしょう。

2. 親に愛されていない

風景(森林・暗・川)

親に愛されていない子供は暗い雰囲気がありますし、大人になってもどこか影のある場合があります。

心のよりどころを見つけられるといいのですが…。 子供のうちは友達と楽しく過ごせるようにがんばりましょうね。

大人ならあまり考えないようにすることもできるかと思います。 仕事や趣味に打ち込んで自分の時を充実させていきましょう。 闇が深いようなら病院で相談することだってできるんだと頭に置いておいてください。

3. 恋人から暴力を受けている

DV

恋人や結婚相手から暴力を受けている人はいつも暗い雰囲気を感じます。 解決できなければそれも続くでしょうからまずは解決する方法を見つけたいですね。

身内や警察に相談する、お互いちゃんと話し合うなどでしょうか。

4. いじめにあっている

足アップ(女性・脚立上・ズボン裾触り)

いじめにあっている子供や職場内でのいじめを受けている大人は暗く沈んだ感じが出ます。

周りは気づいたらそっとするのではなく声をかけて話をきいてあげたいですね。 自分でも現状を打開するように相談窓口に話したり職場を変えるなども検討しましょう。

5. 単に物静かなだけ

男性

単に物静かなだけでも喜怒哀楽が表に出ないと暗い雰囲気に思われてしまいます。 時ににこっと笑ったり心を許せる人くらいには楽しい話をできるように変えていく努力も大事。

ファッションや髪型なので爽やかさを出して外見の印象を操作することも考えてみてください。

6. 人と接するのが苦手

風景(都市俯瞰1)

人と接するのが苦手な人は人と目を合わせずに話したり人を避けるようになります。 そのせいで暗い印象を受けることもありますね。

少しずつでも人に慣れていけるといいですね。 まずは小さいグループで過ごしながら練習し、最終的には接客業もこなせるくらいを目指しましょう。

同じように人と接するのが苦手な人は意外と多いんです。 でも避けてばかりいてはいつまでも慣れることなんてできません。

7. 人を信用できない

男性

人をどこか疑っている場合は暗い印象を受けることもありますね。 それが言動に出るからです。

実在の人間が信用できないなら映画や漫画でもいいので感動できる体験をすると良さそう。 人を信用できるようになれば人の輪に入るのも抵抗がなくなり、いい人間ともどんどん出会えるようになると思いますよ。

ただ、人と関わりが増えることでいやな経験も増えるかもしれません。 そこでまた引っ込んでしまわないように「そういうものだ」と思えるポジティブさも大切です。

8. 仕事が忙しくて疲れている

風景(海・波2)

仕事が忙しくて疲れていると顔もやつれ、考え方も暗くなっていきます。

忙しくてもやりがいを感じていたり一時的な忙しさの場合はそうでもないと思うので、このままでいいのかたまに自分に問いかけてみるといいですね。

あまりにも辛いなら自分に合った仕事を探すのも検討しましょう。 働き方を改善できるように上司に相談したり、通勤手段を検討してみるという方法もあります。

9. 体調が悪い

男性

鏡を見てなんだか暗いなと感じたら体調が悪いのかも。 健康診断を受けたり体重計にのったりしてみましょう。 血行が悪いせいで暗そうに見えることもあるので軽いストレッチやヨガの習慣も身に付けるといいですね。

10. 暑さや寒さが極端に苦手

足アップ(男性・歩行2)

暑さが苦手だと夏はだらりとして暗い印象を受けますし、寒さが苦手だとちぢこもってばかりで元気なようには見えません。

快適な家で過ごすために引きこもりがちになり、人づきあいを避けるようになれば社交的とも言えませんしね。

体質改善を心がけ、暑い日に涼しく過ごせるアイテムや寒い日でも暖かく過ごせる洋服などを揃えておきましょう。

11. 世の中を冷めた目で見ている

女性

辛い経験が多いと世の中を冷めた目でみるようになり、暗い雰囲気が染み付いてしまいます。

また、かっこつけがクセになってクールぶっていると考え方も冷たくなっていくことも。 時には熱くなれる時間を持つのも大切ですね。

自分の夢中になれる趣味を楽しんだり、恋愛を充実させて熱く生きましょう。 冷ややかな人は冷静でかっこいいと思ってもらえる時と、つまらない人間味のない人だと思われる時があります。

12. 悪いことばかり考えてしまう

風景(湖・山・明)

考え方がネガティブで起こる前から悪いことばかり考えてしまうような人は暗さを背負っているかのようです。

馬鹿だなと思うくらいポジティブな人って隙かどうかは別として暗いとは思いませんから。 ネガティブ思考はあまりいいことがありません。

慎重が考えすぎにならないように境目をしっかり決めて考えるようにしましょう。 そこがうまくコントロールできない人は本を読んで考え方を変えようとしたり、ポジティブな人から意見を聞いて参考にするといいですよ。

13. 周りに影響されやすい

男性

周りに影響されやすい人は人から相談を受けた時に自分のことのように落ち込んでしまいます。

また、暗いニュースを見てどんよりしてしまうこともあります。 優しい人なのだと思いますが、自分にとって得をしているとは思えません。

相談を受けても流されすぎないようにすること大切で、流されることにより冷静なアドバイスもできないということを頭に置いておきましょう。 本当にその人のことを思うなら感情に任せて落ち込んでいても始まらないのです。

14. 明るくいることがいいことだと思っている

風景(空5・青空・太陽光・雲)

明るくいなければと思えば思うほど無理をしてしまい、ふとした瞬間にどっと疲れが出て暗くなってしまうことでしょう。

もちろん明るくいることで明るい思考になれたりもしますが、心のどこかで迷いがあればただ無理しているだけ。 その反動で思い悩むのは辛いです。

なぜ明るくいるべきなのかを理解するところから始めましょうね。 また、無理なら泣いてさっぱりすることもいいように転ぶ時もあります。 人を頼って一人で悩むのはやめましょう。

15. お金がない

お金

お金がないと心に余裕がなくなって世の中も嫌になってきたりします。

そうならないように貯金する習慣や節約があたりまえの生活を常に心がけておくといいですね。 お金持ちはなくても少しでも蓄えがあれば安心できます。

また、お金がないのが嫌なら自然とお金の使い方も上手になってきますので、今失敗しているならこの苦しい時期を忘れないでおきましょう。

16. ファッションの色合いが暗い

風景(都市俯瞰5・曇)

茶色や黒などといったファッションの色合いが暗い人はそれだけで暗い印象を与えることもあります。

モノトーンでまとめたつもりがそんな悪印象になってしまっていないかよく全身を確認してみてください。

暗い色合いでも清潔感があったり挿し色を加えるだけでもずっと華やかになりますよ。

17. 髪型が暑苦しい

女性

髪型が暑苦しいと清潔感がなくて暗そうです。 くせ毛の人や髪の量が多い人もバサバサして汚らしく見えることもありますね。 髪を束ねたり短くすっきりさせるようにしてください。 それだけでも爽快に見えますよ。

18. 猫背である

風景(都市俯瞰3・夜)

猫背の人は自分に自信がないように見えますし、健康的にも見えません。 そして歳よりも老けて見え、暗い印象を受けます。

背筋を伸ばしましょう。 歩く時も座る時も忘れずに。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!