恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170709094623.html
機械に強い人の特徴

機械に強い人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
機械に強い人の特徴

機械に強い人の特徴10選まとめて見ました。



  • 頭がいい
  • 男らしい、自分で調べるのが好き
  • 探求心のある負けず嫌い
  • 恋愛が苦手な方も多い
  • オタク系、休日は一人でいるのが好き
  • 意思が強く信頼度が高い
  • 本を読むのが好き、調べ物が好き
  • 機械のことで困っている人を見過ごせない
  • 機械に弱い方にモテる
  • 眼鏡をかけている、目が悪い方が多い
  • シンプルなものを好む
  • 部屋の暑さ寒さに敏感

1. 頭がいい

男性

単純に頭が良く、切れる人です。 機械の構造を理解しているので、例え故障しても直し方を熟知しています。

昔から機械に触れている事も理由で、馴染みがあったので、比例して頭が良くなったという事も考えられます。

2. 男らしい、自分で調べるのが好き

男性(背向け・ビル・リュック)

女性脳よりも男性脳に近い人の方が機械に強く、性格も男らしい一面を持ちます。 誰かが困っていたら直ぐに助ける、積極性があるというようにたくましい人が多いです。 女性でも男性脳に近い人が機械に強い一面を感じられます。

3. 探求心のある負けず嫌い

男性

機械は時に人に理解できない動きをする事があります。 大抵の人わからないとお手上げし、機械を扱っている店舗に相談します。 負けず嫌いの人は、何故そうなったのか突き止めたい執着心を持つため、向上心があります。

極め過ぎてしまい、機械に強くなったという傾向が見られます。 誰かに頼る前に自分でわかるところまで突き止めたいと考えている事が多いです。

4. 恋愛が苦手な方も多い

女性

機械に強いのに比例して恋愛がどうも苦手な人が多いです。 機械のように仕組みがきちんと組み込まれたものは得意なのですが、恋愛は一筋縄ではいきません。 相手に振り回されたり、選択によっては違う結末になったりと恋愛が苦手な人が多いです。

なので異性に対して消極的だったり、人との距離感がわかりにくかったりします。 人と付き合って見ても面倒だと考える節がある為、結局一人でいた方が楽だという思考を持ちやすいです。

5. オタク系、休日は一人でいるのが好き

男性

夢中になれるものがあるので、休日は一人で機械のお店を訪ねたり、黙々と一人で仕上げる事が多いです。 なので人付き合いが悪いと見られる事も多いですが、本人はさほど気にしていません。 むしろ構わないでくれという気持ちを持っている事があるので、自分から休日に遊ぼうと誘うことは稀です。

機械に強い人は休日も機械と共に過ごしたいと感じています。 むしろ寝る間も惜しんで向き合いたいと考えています。 なので休日はわざわざ人と関わろうとは思いません。

6. 意思が強く信頼度が高い

風景(空4・青空・太陽光)

人と向き合う時間が少ないため、良くも悪くも人から影響されにくいです。 周りに流されないということは素敵なことです。 なので自分の価値観をしっかり持っていて説得力があります。

説得力があるということは鶴の一声で周りの人が意見に従う事があり、信頼も厚いです。 例え間違っている事でさえも、指示を送れば、みんな疑う事なくついてきてくれます。

7. 本を読むのが好き、調べ物が好き

本(開き・落ち葉)

機械が強い事と頭がいいことは比例します。 頭がいい人は読書を常に心がけて好んでいる人が多いです。 専門書、純文学であったり、たまには漫画も好みます。

活字が好きで様々な本を生きている間に読んで見たいと野心が高いです。 このような人には自分のオススメの本を貸したりシェアしてあげる事で喜びを見出してくれます。

8. 機械のことで困っている人を見過ごせない

風景(森林・暗・川)

機械が故障したので直してくれないかと頼まれるとつい引き受けてしまいがちです。

自分のためにもなるし、機械に強いので直ぐに直すことが出来ますが、時にはノーと断れない時があります。 自分の時間も取れない中引き受けてしまうと、日常生活を疎かにしたり趣味に励むことができません。

そこがいいところでもありますが、時には思い切って断ることでストレスを抱えることも少なくなります。

9. 機械に弱い方にモテる

風景(ラベンダー)

機械に強いという事実は頼もしくかっこよく感じられます。 なので良いアピールポイントとなり、何をしてなくても好印象を持ってもらえます。

女性にとっては胸キュンポイントとなります。
機械に強いということは真面目そうに見えるので、大事にしてくれそうという先入観を持つ人も中にはいます。

10. 眼鏡をかけている、目が悪い方が多い

メガネ

日々勉強して機械に向かっているので、よく使う部位として目が挙げられます。 目を使いすぎると疲れてしまい、視力が落ちることがあります。

なので機械に強い人は眼鏡をかけている人が多く、それらの理由は目が悪くなった事の他にら機械がよく見えるからという理由が挙げられます。 メガネというアイテムは時にギャップを醸し出すこともできます。

コンタクトでも良いのですが、付けたり外したりするのが面倒だという意見も見られます。

11. シンプルなものを好む

男性

どちらかというと派手な柄は好まず、落ち着いたデザインを好みます。

服装、インテリア、持ち物に対しても言えることで冒険しようとも考えません。 物持ちも良いので、長年同じものを使用していたり、貰ったものは壊れるまで使ってくれる一面もあります。

12. 部屋の暑さ寒さに敏感

男性

機械は暑い場所だと正常に作動しないので、日頃から暑さ寒さに非常に敏感になりやすいです。

雨が降ってきそう、午後から暑くなりそうという予感も働くので神秘的な人だと周りの人は感じます。 暑いと感じたら部屋を涼しくするための調節を、寒い時と感じたら微調整を的確に温度を高めます。

自分の体温調節は二の次にして、テキパキと部屋の温度に対して躍起になりがちです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!