恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170707130119.html
空気が読めない人の特徴

空気が読めない人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
空気が読めない人の特徴

空気が読めない人、本当に困ります。 人間関係を円滑にするのは空気を読むです。 これができない空気が読めない人のよくある特徴まとめて見ました。



  • 自分勝手な人
  • 視野が狭い人
  • 冗談が通じない人
  • 頑固な人
  • 絵にかいたような真面目な人
  • 孤独な人
  • 常識のない人
  • 自尊心が高い人
  • 思った事をすぐ口に出してしまう人
  • 人の話を聞かない人
  • 気遣いができない人
  • 見栄っ張りな人
  • なぜか孤立してしまう人
  • 挨拶ができない人
  • 友達が少ない人
  • 頭の回転が遅い人
  • 他人に厳しい人
  • 口が軽い人
  • 自分は面白い人と勘違いしている人
  • 自分を常識人だと思っている人
  • 周りが興味のない話でも話し続ける人
  • 人の話しに平気で割り込む事ができる人
  • 人の顔色と言うものを感じる事ができない人
  • タイミングの悪い人
  • かまって欲しい人
  • 時間に厳しい人
  • 時間にルーズな人
  • 下ネタ全開の人
  • 過去の栄光を引きずっている人
  • オヤジギャグの連発

1. 自分勝手な人

男性

自分勝手な人は、空気が読めない傾向があります。 自分勝手な人の場合、基本的に人に合わせると言う事ができません。

その為、その場の空気に関係なく、自分本位の行動、言動を繰り返してしまうのです。 その結果、周りから見れば、空気の読めない人と思われがちとなってしまいます。

2. 視野が狭い人

女性

視野が狭い人も空気が読めない傾向があります。 視野が狭いという事は、周りの事を見る事ができないと言う事。

その為、自分が話している時、周りの人たちが、どのような表情をしているのか?などと言った事にまで目を向ける事ができず、結果、周りの事を考えず、話し続けてしまうと言う事が多くなっています。

3. 冗談が通じない人

女性

日との会話の中では、時には冗談を言い合って話を盛り上げると言った事も少なくありません。

しかし、空気が読めない人の中には、この冗談が通じない人も多く、冗談で言ったつもりの事でも真面目に受け取ってしまい、結果、話が続かないといった場合があります。 その為、冗談が通じない人の場合、空気が読めないと言った人が少なくありません。

4. 頑固な人

男性

頑固な人も空気が読めない傾向があります。 頑固な人は、周りに何を言われようと自分の意見を曲げる事はありません。 その結果、周りからは空気が読めない人と見られてしまうのです。

5. 絵にかいたような真面目な人

男性

絵にかいたような生真面目な人の場合、冗談も通じず、話を盛り上げると言った事ができません。 その結果、会話していても相手が楽しいと思う事はなく、結果、空気が読めない人と言う扱いになってしまいます。

6. 孤独な人

男性

空気が読めない人は孤独な人が多くなっています。 空気が読めないから孤独になるのか、孤独だから人と話す機会がなく、結果、孤独になってしまうのかは微妙な所ですが、結果的に孤独な人が多いという事に間違いはありません。

7. 常識のない人

風景(空1・暗)

常識のない人は、基本的に空気の読めない人となります。 常識があってこそ、みんなと楽しい会話を行う事が可能です。

その為、常識がなければ、会話の中でもピントの外れた事を話すようになり、結果的に空気が読めない状況を作ってしまうと言えるのです。

8. 自尊心が高い人

男性

自分は何事においても、一歩上の立場にいると思っているような自尊心の高い人の場合、空気が読めず話を進めて行ってしまう傾向があります。

自尊心が高い人の場合は、何事も自分が言っている事が一番!だと思ってしまう傾向があり、周りから空気の読めない人扱いをされている事すら全く気付かず、ひどい場合、自分は人気者だ!と勘違いしている人も少なくありません。

9. 思った事をすぐ口に出してしまう人

女性

思った事をすぐに口に出してしまう人っていますよね。 そして、その多くが、「今、それを言う?」と言った場合となっています。

そんな、思った事を何も考えず、すぐに口に出してしまう人の多くは、周りから見れば空気が読めない人と言う事になり、あまり、付き合いたくない人扱いされてしまうのです。

10. 人の話を聞かない人

女性

人の話を聞かず、自分の意見ばかり主張する人。 また、自分の為と思ってアドバイスしてもらっているにもかかわらず、そのアドバイスを全く聞かないような人は、空気が読めない人となります。

会話と言うものは、自分一人が話せが良いというものではありません。 会話のキャッチボールができず、人の話を聞く事ができないような人は、結果的に空気が読めない人と言う事になってしまうのです。

11. 気遣いができない人

女性

人と付き合う中で気遣いと言うものは、非常に大切になります。 そして、そんな気遣いができないような人の場合、空気が読めない人が多く、周りの人を不快にしてしまっている場合があるのです。

ちょっとした気遣いができてこそ、空気の読める大人だと言えるのではないでしょうか。

12. 見栄っ張りな人

風景(砂漠・足跡)

基本的に見栄っ張りな人は、空気など関係なく自分を大きく見せるために必死になります。 見栄を張る為なら、周りがどう感じているかなど一切興味がなく、自慢し続ける事もできるのです。

そんな見栄っ張りな人は、自分の事を話してばかりの傾向があり、結果、空気の読めない人となってしまうのです。

13. なぜか孤立してしまう人

女性

空気が読めない人は、自分でもなぜかわからないうちに孤立してしまっています。 やはり、空気が読めない人とは距離を置く人が多く、結果、孤立してしまうと言えるのです。

14. 挨拶ができない人

風景(海2)

挨拶ができないような人は、空気を読む事などできません。 人としての常識だと言える挨拶。 そんな最低限の事すらできない人は空気を読む事など出来ないと言えるのです。

15. 友達が少ない人

女性

空気が読めない人は、基本的に友達が少ない傾向があります。 空気の読めない同士が集まった友達のみしかいない場合や空気が読めない事を理解してくれるような昔からの友達としか仲良くする事ができない人も多く、新しい友達を作る事ができない人が多くなっています。

16. 頭の回転が遅い人

女性

頭の回転が遅い人は、人と話している時、今、何を話せばいいのか?などと言った事を考えることが苦手となります。

話に関係のない事を言い出してしまったりと周りを驚かせてしまう事も少なくありません。 その結果、空気が読めない人扱いとなってしまうのです。

17. 他人に厳しい人

足アップ(男性・水飛沫)

他人に厳しい人は空気が読めない傾向にあります。 その中でも得に他人に厳しく自分には甘い人の場合、周りの空気など関係なく、人に注意したりする事で、扱いにくい、関係を持ちたくない人と言った扱いとなってしまうのです。

18. 口が軽い人

女性(綺・微笑・カメラ目線)

口が軽い人も空気が読めない傾向があります。 口止めされた事でも平気で違う人に話してしまう人。

話してはいけないとは思いながらも、ついつい「ここだけの話…」などと言って話してしまう人の場合、話の内容によっては、周りから見れば、空気の読めない人となってしまいます。

口が軽い人の場合、その場を盛り上げようとした気持ちから話してしまう人も少なくありませんが、その事が結果的に空気の読めない人となってしまうのです。

19. 自分は面白い人と勘違いしている人

風景(空3・青空・雲)

自分の事を面白いと自画自賛の人は、空気を読む事などできません。 自分が話した事で周りがどれだけシラケていたとしても、それに気づくことなく、面白い事を言った!を勘違いしてしまうのです。

それが周りから見れば鬱陶しく感じる場合も多く、結果的に空気が読めない人と周りから見られてしまうと言えるのです。

20. 自分を常識人だと思っている人

女性

自分の事を自分で常識人だと思っているような人は、空気を読む事などできません。 自分が言っていることすべてが常識ある事。

反対に自分の意見とは違い事を言っている人は常識のない人という目で見てしまう事から、結果的に周りから偏屈者、勘違いしている人と言った目で見られてしまい、空気が読めない人となってしまうのです。

21. 周りが興味のない話でも話し続ける人

風景(森林・桜・ピンク)

周りの人があからさまに興味がないような話でも、気にすることなく話し続ける事ができる人は空気が読めない人となります。

他人と会話を楽しみたいのなら、相手も興味がある事を話す必要があります。 それができず、相手が自分の話に全く興味がないようでも、自分が話したい事だからと話し続けるような人の場合、空気を読む事ができず、話し続ける事ができる人と言った目で見られてしまうのです。

22. 人の話しに平気で割り込む事ができる人

女性(腕組み・カメラ目線)

人が話しているのも関わらず、平気で話しに割り込むような人は、空気を読む事ができない人となります。

人が話しているにもかかわらず、間に平気で割り込み、その上、自分の話にすり替えてしまうような人は、話していた人からも良く思われないうえ、その話を聞いていた周りの人からも、空気の読めない人だと言う目で見られてしまうのです。

23. 人の顔色と言うものを感じる事ができない人

足アップ(女性・パソコン回り)

人は人の顔色を見ながら話をするといった手段を自然と身に着けるものとなります。

自分が話している時、相手の顔色をうかがい、相手がどう思っているのか?感じているのか?などを見極めながら話の内容を考えるのですが、それができない人は一方的に話を続けてしまい、結果、空気も読めず話し続ける人と思われてしまうのです。

24. タイミングの悪い人

女性

何事においても、タイミングの悪い人の場合、空気が読めない傾向があります。 話が盛り上がっている最中に平気で席を立とうとする人。

また、人とは違ったところでツッコミを入れたり笑ったりしてしまうような人は空気が読めない人となってしまいます。

25. かまって欲しい人

女性

自分の事をかまって欲しいと思う人ほど、空気が読めない人が多くなっています。 自分の事を見てほしい!注目されたい!と言う気持ち一心で会話に参加しようとする為、どうしても、周りの事を気にする事のない行動や言動を取ってしまうのです。

その結果、周りから見れば空気の読めない人と言う目で見られてしまうのです。

26. 時間に厳しい人

男性

時間厳守を大切にする事は大切な事です。 しかし、あまりにも忠実に守り過ぎるあまり人に厳しく注意し、結果、空気の読めない人となってしまう場合があります。

その為、時間厳守は大切な事ではありますが、臨機応変な対応を見に付ける事も大切になります。

27. 時間にルーズな人

女性

平気で遅刻する人。 平気でドタキャンするような人は、周りからは、空気の読めない人と言った扱いとなります。

時間にルーズな常習犯である場合、結果、誘われる頻度も減ってしまう事も少なくありません。

28. 下ネタ全開の人

風景(都市俯瞰5・曇)

同じ席に女性がいても変わらず、下ネタばかり話すような人は、場合によっては女性からはもちろん、男性からも空気の読めない人という目で見られる為注意が必要です。

29. 過去の栄光を引きずっている人

男性

過去の事は過去とは思わず、過去の栄光を引きずり、それを自慢してくるような人は、空気が読めない人が多くなっています。

「今、そんな話を聞かされても…」と周りがどれだけ思っていても、そんな事は関係なく、過去の自慢話ばかりしてしまうのです。

30. オヤジギャグの連発

男性

どれだけ周りがシラケていても、オヤジギャグを連発するような人は、空気を読む事ができず、自分勝手な人が多くなります。

オヤジギャグの場合、使いすすぎには、十分な注意が必要です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!